特集 PR

自分の暮らしが少し好きになる。ラッキーオールドサンの生活の歌

自分の暮らしが少し好きになる。ラッキーオールドサンの生活の歌

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:永峰拓也

「朝になったら仕事に出かけ、はした金のために働いてる。それなのにあの幸運なお日さまときたら、なんにもしないで今日もただ天国をまわってるよ」

これは1949年に発表されたアメリカのポピュラー歌曲“That Lucky Old Sun”の一節を訳したものだ。ルイ・アームストロングやレイ・チャールズ、日本だと久保田麻琴や大西ユカリの歌唱でも知られるこの曲は、ままならない生活の苦しみが綴られた労働歌でありながら、その穏やかなメロディーは市井の営みをどこか祝福しているようでもある。

篠原良彰とナナの二人は、たまたま手に取ったCDの背表紙に記載されていた、この“That Lucky Old Sun”というタイトルにピンとくるものを感じ、自分たちのバンド名として引用したのだという。坂の上から見下ろす景色。住み慣れた街への愛着。そこからもうすぐ引っ越していく人。そしてその人を想う少女。ラッキーオールドサンの1stアルバム『ラッキーオールドサン』に収められているのは、そんなさりげない日常のなかで巻き起こる、ちょっとしたドラマの数々だ。アコースティックバンドの素朴な演奏と、涼やかで凛とした歌声によって紡がれたそれは、この退屈な毎日がとてもかけがえのないものであるということを、あなたにもそっと思い出させるだろう。そう、あの“That Lucky Old Sun”のように。

「いろんな人の生活がそこに見え隠れするような作品にしたいな」と思ったときに、聖蹟桜ヶ丘はその舞台としてベストだと思ったんです。(篠原)

―今回のアルバムは聖蹟桜ヶ丘の街並みが制作のヒントになったそうですね。お二人にとって、聖蹟桜ヶ丘はもともと馴染み深い場所なんですか?

ナナ(Vo,Key):いや、そういうわけではないんです。たしか、あれは去年の夏頃だったかな。このアルバムを作る前に、二人で聖蹟桜ヶ丘に行ったことがあって。でも、なんのためにあそこまで行ったんだっけ?

篠原(Vo,Gt):うーん……忘れちゃったね。でも、そのときに二人で音楽の話をしたことは、よく覚えてます。あと、その頃の僕はちょうど就職活動をしていた時期だったんですけど、上手くいってなかったんですよね。当時の自分はごちゃごちゃしていたんです。

―この先の音楽活動を考えていくうえでも、いろいろ悩ましい時期だったわけですね。

篠原:まさにそうだし、僕は今も現在進行形で悩みながら音楽をやってます(笑)。これはあとになってから気づいたことですけど、ラッキーオールドサンというバンド名には、そういう意味合いがあるんですよ。

―“That Lucky Old Sun”は、労働者の厳しい生活がつづられた曲ですよね。

篠原:聖蹟桜ヶ丘で話していた当時の僕らは、すでにkiti(現在の所属レーベル)とも話を進めていたから、なんとか自分の考え方をまとめなきゃいけなくて。今回のアルバムは、そういう時期に作り始めたものなんです。

―そこで聖蹟桜ヶ丘という街は、お二人にどんなインスピレーションを与えたのでしょうか。

篠原:「いろんな人の生活がそこに見え隠れするような作品にしたい」と思ったときに、聖蹟桜ヶ丘はその舞台としてベストだと思ったんです。というのも、聖蹟桜ヶ丘は坂の上から街全体が一望できるんですよ。そこからはたくさんの家が見えて、いろんな人が生活している。そういう感覚を今回のフルアルバムでは表したいなって。

聖蹟桜ヶ丘にて 撮影:木村和平
聖蹟桜ヶ丘にて 撮影:木村和平

―なるほど。そういう作品のイメージを二人で共有しながら、お互いに曲を持ち寄っていったんですね。

篠原:いや、それが不思議なもので、僕らはなにかしらのイメージを共有しながら、そこにお互いの曲を寄せていったわけではないんです。二人で曲を持ち寄っていくうちに、自然とこういう曲が出来てきたというか。だから、僕らの曲はよく「どっちが書いたのかわからない」と言ってもらえるんですけど、それが僕はすごく嬉しいんですよね。

―それぞれに持ち寄った曲が、意図せずして同じようなイメージを描いていたということ?

篠原:そうなんです。あえて僕とナナさんの違いを挙げるとするなら、僕は差し引きするタイプだけど、ナナさんはそれが自然にできちゃうということですね。ただ、どんな曲を書くにしても、ラッキーオールドサンの中核には、常にナナさんがいるんです。アレンジをまとめるときも、僕は常にナナさんのボーカルを想定しながら制作を進めているので。

左から:篠原良彰、ナナ
左から:篠原良彰、ナナ

―ラッキーオールドサンの楽曲は、お二人が交互に歌ったり、サビでユニゾンを聴かせるものが多いですよね。こういうスタイルも、ナナさんの歌を中心に考えていくなかで生まれたものなんですか?

篠原:本当のことを言うと、僕はあんまり歌いたくなくて(笑)。ただ、やっぱり二人でギター1本だと、どうしても音楽的に物足りなくなる。そこで「仕方ないから自分の歌も入れるか」と。それにユニゾンが多いのは、単純に僕が上手くコーラスできないっていうのが大きいですね(笑)。ハモろうと思っても、つい釣られちゃうから。

―その歌い方にしても、ラッキーオールドサンの音楽は非常にバンドっぽいですよね。いわゆる「男女デュオ」みたいな感じではないというか。

篠原:あ、それはめっちゃ嬉しいです。僕らは「これが最小限のバンド編成だ」っていう意識でやってるから、そう思ってもらえるのはすごく嬉しい。

―最小限の編成にこだわるのは、なにか理由があるんでしょうか?

篠原:あります。なんで他のパートのメンバーを入れないかというと、とにかく僕らは音楽的にいろんなことがやりたいからなんですよね。それこそ、急にエレクトロニカとかも、僕らならやりかねないと思うし。

―次作がエレクトロニカだったら、ちょっとびっくりですね(笑)。でも、この二人ならそういう可能性だってなくはないんだと。

篠原:全然あると思います(笑)。そこは自分たちが影響を受けているくるりがそうであるように、僕らの音楽性はこれからどんどん変わっていくと思います。

―なるほど。ナナさんと篠原さんはそうした音楽的嗜好も重なるところが多いんですか?

篠原:どうだろう。二人ともパンクが好きってところは同じかな。というか、銀杏BOYZ。

Page 1
次へ

リリース情報

ラッキーオールドサン 『ラッキーオールドサン』(CD)
ラッキーオールドサン
『ラッキーオールドサン』(CD)

2015年7月15日(水)発売
価格:2,160円(税込)
kiti / ARTKT-007 / kiti-020

1. 魔法のことば
2. 坂の多い街と退屈
3. 二十一世紀
4. 何も決まってない
5. Have a nice day!
6. 街
7. いつも何度でも
8. ミッドナイト・バス
9. しん

イベント情報

『ラッキーオールドサン first full album RELEASE PARTY』

2015年9月27日(日)
会場:東京都 新代田 FEVER

プロフィール

ラッキーオールドサン

ナナ(Vo,Key)と 篠原良彰(Vo,Gt)による男女ポップデュオ。ふたりともが作詞作曲を手がける。あどけない女性ボーカルを前面に、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年11月に渋谷O-Groupで開催された『Booked!』にデビュー前ながら出演。2014年12月に1stミニアルバム『I’m so sorry, mom』を発表。2015年7月15日に1stフルアルバム『ラッキーオールドサン』をリリース。2010年代にポップスの復権を担うべくあらわれた、今後さらなる注目が集まること必至な注目のニューカマー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露