特集 PR

多摩ニュータウンでファンタジーな実験 DE DE MOUSE×柴幸男

多摩ニュータウンでファンタジーな実験 DE DE MOUSE×柴幸男

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:相良博昭

団地で暮らす家族の人生と星の一生を重ねて描き、『第54回岸田國士戯曲賞』を受賞した劇団・ままごとの代表作『わが星』。先日の再々演でも演劇界を大きく超えて熱狂的な反応を呼び起こしましたが、そのままごとの新作『あたらしい憲法のはなし』が、早くもこの秋、多摩センターで行なわれる『多摩1キロフェス』の屋外水上ステージで上演されます。

なぜ多摩センターで『あたらしい憲法のはなし』? というのも気になるところで今回は、ままごとを主宰する柴幸男、『多摩1キロフェス』には3年連続参加となるDE DE MOUSEの二人をお招きし、今年の『多摩1キロフェス』について話を聞きました。ポップさとストレンジさを兼ね備えた音楽性が魅力のDE DE MOUSEと、音楽的感覚を演劇に取り込む柴幸男。音楽と演劇のボーダーを行き来する二人のアーティストの取り組みから、多摩センターというベッドタウンの持つ魅力、クリエイティブの可能性が見えてきます。

デデさんの音楽は昔から愛聴していて、「いつか劇中で流してみたいな」と思っていたら、どんどん有名になっていかれてタイミングを逃してしまった。(柴幸男)

―DE DE MOUSEさんは先日、ままごと『わが星』の再々演をご覧になったそうですね。あまり演劇が得意ではないそうですが、『わが星』はハマったとか。

DE DE:そうなんですよ。僕は本当に音楽人間だから、舞台はほとんど初めてで、行ってもせいぜい映画くらい。学生時代に劇団四季の演劇を観たこともあったけど、若かったし、興味を持てなかった。そんな感じだから「どうせ現代演劇なんて、奇をてらったことすればいいとか思ってるんだろ?」という斜に構えた見方で観に行ったんです。冒頭の場内スピーチで「途中、4秒間の休憩があります」って言う演出があるでしょう? 「4秒でどうやってお手洗いに行くんだよ!? ほらやっぱり(奇をてらったのが)来たよ!」とか思って(笑)。

:ははは。

DE DE:……って思っていたら、すごく面白くって。「先が見たいから4秒間の休憩なんていいよ!」って思うくらい、演劇に対する穿った固定観念が吹っ飛びました。リズムやテンポもすごく計算されていて、ストーリーもメタ的で、宇宙と家族というテーマも哲学的。一気に最後まで観てしまいました。


:嬉しいです。デデさんの楽曲は昔から愛聴していて、『多摩1キロフェス』に関わってらっしゃるのも知っていたので、いつか作品を観てもらえたらいいなと思っていました。

―柴さんの作品作りにも、じつはデデさんの音楽が影響を与えているという話を聞きました。

:ままごとを始めた頃、たまたまイルリメさんと磯部涼さんのポッドキャストで流れていたのを聴いて。

DE DE:おおー。僕もまだデビュー前のすごく初期の頃ですね。

:「円盤」(高円寺にあるイベントスペース・レコードショップ・喫茶店)で販売しているという情報を得て、手に入れたんです。「いつか劇中で流してみたいな」と思っていたら、どんどん有名になっていかれてタイミングを逃してしまって(苦笑)。でも、デデさんの音楽に合わせた稽古を一時期よくやっていました。本番では音楽のないシーンなんですけど、稽古ではデデさんの曲をバックに流していたり。

DE DE:稽古に僕の音楽って合いますか?

:最近の稽古はまた違うんですけど、その頃はメロディーの流れとかテンポに役者が引っ張られること、音楽によって動かされる人間の内面に興味があって。「ああ、自分はこんなふうに声を出せるんだ」と、音楽によって気づかされることがあるんですよ。

DE DE:なるほどー。

:僕、演劇で音楽を使うことにとても臆病なんですよ。今まで話し言葉のリズムや空気感で劇を進めてきたのに、突然音楽が流れて雰囲気がガラッと変わってしまうことに「ずれ」を感じてしまうんです。『わが星』であんなに音楽を使えたのは、時報の音を基本にして全編を「音楽で包む」アイデアだったから。だけど、デデさんの曲は空間にも人にもうまくリンクするんですよね。あまりにも気持ち良くハマって、曲に頼りすぎてしまいそうになるので、それが逆に難しくて、表立って使うことはなかったんです。

DE DE:いやいや、ありがたい話です。

左から:柴幸男、DE DE MOUSE
左から:柴幸男、DE DE MOUSE

―ちなみにデデさんが観た劇団四季の作品というのは?

DE DE:『オペラ座の怪人』『恋は劇薬』っていうミュージカルです。友人は大感動してサントラまで買っていたけど、当時は何がいいのかさっぱりわからなくて。僕は人が芸術に惹かれるきっかけって、自分の中にないものや、違和感を感じられる瞬間と関係していると思っているんですね。もちろんたくさんの人たちに評価されるエンターテイメントにも素晴らしい技術や感動はあるけれど、大多数の人が一同に「いいね!」って感じるものは基本的に危険だと考えていて、どこかに違和感がないと長く心には残らない気がする。

―たしかにデデさんの曲も、ポップさと不穏さを同時に感じさせますね。

DE DE:自分の音楽にも多少の違和感を入れるようにはしているので、評価が分かれることが多いんです。ハマる人はすごくハマるけど、気持ち悪くて聴けないって声もある(笑)。一方で特に若い頃の表現者って、自分の作品がすごいと思いたいから、外部の刺激に対して否定的なスタンスを取ろうとする部分もあると思うんですよ。だから劇団四季がどうというよりも、当時の僕のモードが頑なだった。まあ、それは今も変わってないかもしれなくて、それで『わが星』も「どんなもんよ?」ってスタンスで観に行ったわけです(笑)。でもお話したように、心を打ち抜かれました。36歳になって、初めて演劇を素直に観られるようになりました。

Page 1
次へ

イベント情報

『多摩1キロフェス2015』

2015年9月19日(土)、9月20日(日)
会場:東京都 パルテノン多摩ほか
参加アーティスト:
ままごと
森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介
DE DE MOUSE
ホナガヨウコ
DJみそしるとMCごはん
おおはた雄一
栗コーダーカルテット
contact Gonzo×環ROY
KAORIalive(Memorable Moment)
東京ELECTROCK STAIRS
Baobab
川村美紀子
正安寺悠造(DACTparty)
鳥公園
劇団子供鉅人
水素74%
麦ふみクーツェ楽団(指揮:トクマルシューゴ)
ちんどんバンド☆ざくろ
くるくるシルク
張海輪
シルヴプレ
スイッチ総研
コンドルズ
しでかすおともだち
ニシハラ☆ノリオ
多摩市民ブラスバンド
友井隆之
市原幹也
山口真由子
東京パフォーマンスドール
and more

プロフィール

柴幸男(しば ゆきお)

劇作家、演出家、「ままごと」主宰。「青年団」演出部所属。「急な坂スタジオ」レジデントアーティスト。2010年に『わが星』で『第54回岸田國士戯曲賞』を受賞。東京の劇場から北九州の船上まで、新劇から北海道の小学生との学芸会まで、場所や形態にとらわれない演劇活動を行う。2013年『瀬戸内国際芸術祭』より小豆島(香川県)での継続的な滞在制作を開始。島民や観光客を巻き込み、「その時、その場所で、その人たちとしかできない演劇」を創作上演している。2014年より『戯曲公開プロジェクト』を開始、劇団HPにて過去の戯曲を無料公開中。

DE DE MOUSE(ででまうす)

アシッドハウスからアーメンブレイク、ヒップホップからフュージョンまで、様々なキーワードをリンク、融合させ、新たな可能性を体現するエレクトロニック・シーンの異端児。ファッション、ゲーム、グラフィック等、あらゆるジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。自身のレーベル「not records」を始動。6月には3周年を記念してEPを2枚連続リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真