特集 PR

「錆」で花を咲かせる不思議なアート 相澤安嗣志インタビュー

「錆」で花を咲かせる不思議なアート 相澤安嗣志インタビュー

インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:田中一人

自然と人間、自然とアートは、どのような関係を築いていけばいいのか。リサイクルやエコのブームが盛り上がる一方、私たちはどれだけ自然のことを知っているのか。「ナチュラル アメリカン スピリット」を販売するたばこ会社「サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン」が主催する、公募プログラム『FUTURE CULTIVATORS PROGRAM』でグランプリを受賞した相澤安嗣志は、そんなことを人に問いかける作品の作り手だ。弱冠24歳、大学卒業からまだ半年にも関わらず精力的に活動をする彼が一貫して素材として用いてきたのは、「錆」だ。

「キレイなものを見せること」だと一般的には考えられているアートの世界に、人工物に付着した「ノイズ」とも取れる錆を持ち込むのはなぜなのか。その自然観には、幼少期を過ごした里山での生活や、大学入学直前に起こった東日本大震災の影響があるという。日本画からワークショップなどのコミュニティー活動へ、そして現在の鉄を用いた作品へと移行してきた独特の変遷も含め、注目の若手アーティストに胸の内を訊いた。

「錆びる」というと、一般的にはネガティブに捉えられがちですが、実はそこに自然の力を感じることができるんです。

―今回の『FUTURE CULTIVATORS PROGRAM』は、「NEW RECYCLE®」がテーマに掲げられていますが、そこに相澤さんは錆を用いた作品『Flow(ov)er』を出品し、見事グランプリに輝きました。最初に、錆という珍しい素材を使いはじめたきっかけからお伺いできますか?

相澤:僕は育ったのが神奈川県相模原市にある城山という、わりと里山的な場所で、自然がとても身近にありました。小学校から授業でも「自然との共存」を学んだり、ホタルが生き延びられるよう餌の養殖をやったり、川の掃除をしたり。そうしたなかで、当然のように環境問題に興味を持つようになったんです。

相澤安嗣志
相澤安嗣志

―では、「NEW RECYCLE®」というテーマもすんなり入ってきた?

相澤:はい。錆のもとである鉄は地球をかたち作っている核になるものですし、錆という現象は「人間が自然に与えている影響のメタファー」でもある。

―メタファーというと?

相澤:人間の些細な行動で、われわれの気づかぬうちに環境や社会に影響を与えていることって結構多いと思うんです。鉄は人の影響を受けやすくて、たとえば人が新しい鉄に触れると、手の油をつけた部分以外は錆びてしまう。「錆びる」というと、一般的にはネガティブに捉えられがちですが、実はそこに自然の力を感じることができるんです。そこに面白さを感じて、大学時代から、環境に対する自分の関心を、錆や鉄といった素材に落とし込みはじめました。

『Flow(ov)er』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:表恒匡
『Flow(ov)er』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:表恒匡

『Flow(ov)er』(部分) ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:表恒匡
『Flow(ov)er』(部分) ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:表恒匡

―最初はどのように鉄や錆を使いはじめたんですか?

相澤:最初は自分で調合した溶液で鉄板をどんどん錆びさせていき、絵画のようなものを描いていく作品でした。今回の作品『Flow(ov)er』は鉄粉で遊んでいたことから生まれた作品で、これまでの鉄板を使った平面作品ではなく、立体作品を作りたいという願望があったんです。それで、土台となるパネルに磁石を仕込んで、鉄粉と水溶液が混ざったもののうえに被せ、引き上げる際の磁力と張力で、花が咲いたような姿に鉄粉を固定しています。壁から花が生えたようなイメージで、正確な花のかたちにはできませんが、不自然でいびつなかたちが、いまのアンバランスな社会に見えてむしろ面白いかな、と。

皮肉なことに、津波でゴミが陸上に残されたことで、海は綺麗になったと言われている。極論ですが、最終的に人間は自然に勝てない。

―今回の作品のモチーフとしては何があるのでしょう?

相澤:都市の道でよく見かける、コンクリートの割れ目から生えた植物の姿です。それは人間界に対する自然界の抵抗のように見える。これを作品に昇華させたかったんです。

『FUTURE CULTIVATORS PROGRAM』展示でのプレゼンの様子 Photo:表恒匡
『FUTURE CULTIVATORS PROGRAM』展示でのプレゼンの様子 Photo:表恒匡

―少し大きな話ですが、一般に文明やアートなどの「人工物」は、「自然」の対立物と考えられていますよね。美術館が作品を保存するように、ふつう、作品は自然現象による経年劣化を嫌うものです。しかし相澤さんの場合、人工的に環境を管理したとしても出てきてしまう、自然の力に関心があるというのが面白いですね。

相澤:極論ですが、最終的に人間は自然に勝てないと考えています。それは、東日本大震災における津波でも明らかになったことですよね。とても皮肉なことですが、原発の問題は別として、あの津波でゴミが陸上に残されたことで、海は綺麗になったと言われている。僕自身、父の実家が津波の大きな被害を受けた宮城県の石巻で、家も全部流されてしまいました。鉄や錆に関心を持ちはじめたのも、育った環境に加えて、「最後は自然が勝つんだ」と思い知らされた「3.11」の影響が大きかったです。鉄は文明の発展の象徴ですが、人は、鉄は使っても錆は受けつけないような、いびつな付き合い方をしてきたと思っています。

―それでも、錆はどこかで生じてきてしまうわけですよね。鉄を使うのなら「良いとこ取り」はできない、錆も受け入れるべきだ、ということですか。

相澤:はい。自然のなかでは、人間から見た「劣化」は必ず起きるものなのに、人間はそれを抑圧してきたと思うんです。そもそもがそういう考えなので、作品もすべて自然に還る素材で作っています。

―錆のアートというとカオティックなイメージを抱きがちですが、相澤さんの作品を見ると、造形的に非常に繊細だったり、パネルを格子状に並べたりと、コントローラブルな要素とアンコントローラブルな要素が共存しているのも面白いですね。

相澤:出自が日本画だったことも影響しているのかもしれません。一応、錆の進行を止める処置も施しています。そのまま壁に設置すると重力に負けて、1週間ほどでボロボロになってしまうので(笑)。これは今後の課題ですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『“FUTURE CULTIVATORS” PROGRAM #1「NEW RECYCLE®」curation by REBIRTH PROJECT』

2015年7月15日(水)~10月11日(日)
会場:東京都 渋谷 PUBLIC HOUSE
料金:無料(カフェ内のスペースのためオーダーが必要)
主催:サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社

プロフィール

相澤安嗣志(あいざわ あつし)

1991年、神奈川県生まれ。2015年、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科メディア芸術コース卒業。2015年に個展『Effect』(ソノアイダ)を開催。同年には『現代芸術復興財団アートアワード 第2回CAF賞入選』(3331 Arts Chiyoda、東京)も果たした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡