特集 PR

「錆」で花を咲かせる不思議なアート 相澤安嗣志インタビュー

「錆」で花を咲かせる不思議なアート 相澤安嗣志インタビュー

インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:田中一人

アートは崇高なものではないのだから、一般の人の感覚を遠ざけて、アートシーンの枠のなかだけで作品を描くのはやはり違う。

―『Effect #1』は何の図像もなく、シンプルに鉄板を錆びさせた作品ですね。

相澤:最初は錆で何かを描こうとしたのですが、人に「それでは絵として受けとめられる」と言われ、抽象的な表現にしました。作り方もある程度は偶然に任せていて、コントロールとアンコントロールの繰り返しで、鉄板を斜めにして溶液を流すなど、自然の動きをそのまま使っています。絵を描いていたときに一番辛かったのは、「よくわからない」と言われることだったので、多くの人が普段からを目にしている現象を使って、目の前のモノが訴えかけてくる迫力を生み出したいと思いました。

『Effect #1』 ©Atsushi Aizawa 2014年
『Effect #1』 ©Atsushi Aizawa 2014年

『Effect #1』(部分) ©Atsushi Aizawa 2014年
『Effect #1』(部分) ©Atsushi Aizawa 2014年

―たしかに、多くの人が感じる絵画に対するハードルに「絵の意味がわからない」ということがあるかと思いますが、錆びた鉄板に向かうのはとても身体的な体験と感じます。

相澤:「なんかかっこいい」と思わせられたら、まずはいいんです。最近は作品の流通の問題にも関心があって、質の高い作品をいかに偶発的に一般の人の前に持っていくか、ということも考えています。いま「REBIRTH PROJECT」のメンバーでアーティストの藤元明さんたちと、「ソノ アイダ」という都市の空きテナントを使った展示を行うプロジェクトをやっているんです。ギャラリーってアートに興味がある人しか行かない、ふらっと気軽に入れる場所にはなっていないので、それであれば作品を、人々の生活のなかに介入させてしまい、貸し物件や管理スペースに展示して、次のテナントが入るまでの「その間」を、空間メディアとして活用する試みです。

「ソノ アイダ」での展示の様子 Photo:森田友希
「ソノ アイダ」での展示の様子 Photo:森田友希

―鑑賞者の反応の変化は感じますか?

相澤:面白いですよ。ギャラリーのつもりではなく、ふらっと入った店が展示場になったりしていて、地域の評判もいいです。アートは崇高なものではないのだから、一般の人の感覚を遠ざけて、アートシーンの枠のなかだけで作品を描くのはやはり違うと思います。実際に日本画をやっていたときは自分の生活圏も狭まっていて、アトリエに食材を持ち込んでみんなでご飯を食べたりしていたのですが、そうするとどんどん塞ぎ込んだ環境で制作していることに気づきました。

『Effect #2』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希
『Effect #2』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希

―先ほど受賞後のスピーチで、「貸しギャラリーではないかたちでアートを展示する方法を考えたい」とおっしゃっていましたが、それも「ソノ アイダ」と関わるのですか?

相澤:はい。基本的に学生が展示をしようと思ったら、貸しギャラリーにお金を払って展示するわけです。たとえば銀座あたりだと、1週間で十数万円以上の費用がかかります。

―もちろん、そこで成果を得るアーティストもいると思いますが、展覧会の告知をしてくれないギャラリーなんかもあって、効率があまり良くない印象ですよね。

相澤:広報といっても、知り合いのギャラリーにDMを置いたり、閉じた世界での宣伝に留まっていると感じます。それなら「ソノ アイダ」のように、ギャラリー以外の場所に展示したり、自分で練った企画を商業ギャラリーに持ち込んで認めさせたりするような、別の関わり方を考えないといけない。いま腐るほどアーティストはいるので、正攻法ではないやり方を模索しないと埋もれてしまう。試行錯誤をしているところです。

「リサイクル=良いことだからやっている」という人は、「捨てる」場面だけではなく、「消費する」や「買う」場面でも、考えたほうがいい。

―そうした活動をされるなかで、意識されているアーティストはいますか?

相澤:僕のなかで印象的なアーティストは名和晃平さんなんです。大学に入学してはじめに観たのが名和さんの東京都現代美術館での展覧会で、とても衝撃を受けました。現象や素材に重きを置いているところも自分と重なりますし、名和さんが京都に作った様々なクリエイターの創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」などの活動にも影響を受けています。

『EFFECT - Ripple #1』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希
『EFFECT - Ripple #1』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希

『EFFECT - Ripple #2』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希
『EFFECT - Ripple #2』 ©Atsushi Aizawa 2015年 Photo:森田友希

―たしかに名和さんの「SANDWICH」のような活動は、先ほどの相澤さんのアートの領域を広げていこうという志向性と被りますね。ところで、それほど高い社会への関心をお持ちでありながら、たとえば起業とか、就職とかは考えなかったのですか?

相澤:高校のときとは違って、一応そこは考えました(笑)。就職してお金を貯めるという方法もありましたが、それで中途半端になるなら、多少無理してバイトをしながらでも、短期間は腹を括って美術活動をしてみたほうがいい、と考えました。若いうちに成果を出してみたい、という思いもあります。覚悟を決めたというか。実際に半年間やってみて、就職することでは得られない、人のつながりは得られたと思います。

―相澤さんの作風だと、建築とのコラボレーションなどもあり得そうですよね。

相澤:実際、今年に個展を開いた際は、建築関係のお客さんが多かったです。また、これも震災に関係しているのかもしれませんが、自分にできることなんてたいして多くない、と思っているんです。だから今はまだ、起業などのように「新しい分野で何かをしたい」というよりも、「できることをいかに伸ばすか」という発想で生きています。

―あくまでも表現のなかで、社会に対する考え方をかたちにしたい、と。最後にもう一度、今回のプロジェクトについて訊くと、受賞スピーチで「ラディカルな意味でのリサイクルとは何かを考えたい」と語られていましたが、これはどういういう意味ですか?

相澤:今回のテーマは「NEW RECYCLE®」ですが、僕としてはより根本的に、リサイクルを考える必要があると思うんです。たとえば、なかには「リサイクル=良いことだからやっている」という人もいると感じるのですが、それであれば「捨てる」場面だけではなく、「消費する」や「買う」場面でも、それを考えたほうがいいと思います。

相澤安嗣志

―よく言われることですけど、「クーラーがガンガン効いた部屋で、エコの本を読みながら何かを考えているフリをする」みたいな人はけっこういるわけですよね。

相澤:それだともう、意味がわからないですよね(笑)。「なぜこれを分別しなくてはいけないのか」や、「この商品や作品は自然環境に害を及ぼさないのか」といった、普段の生活のなかで出会う、もう少し現実的な部分にも目を向けたほうがいいと思うんです。コンクリートのうえに咲く花に注目したのも、そういった気持ちがあったからです。

―錆も含め、そこに自然の生命力や治癒力が宿っているわけですよね。

相澤:コンクリートのうえに咲く花を見ても、それを特別には意識しない人が多いと思います。しかしコンクリートから花が咲くというのは、やはりすごいことなわけです。だから、自然からの小さなメッセージに、もう一度、敏感になってほしい。そういう小さな部分にみんなが目を向けることで社会は変わると考えて、制作を続けています。

Page 3
前へ

イベント情報

『“FUTURE CULTIVATORS” PROGRAM #1「NEW RECYCLE®」curation by REBIRTH PROJECT』

2015年7月15日(水)~10月11日(日)
会場:東京都 渋谷 PUBLIC HOUSE
料金:無料(カフェ内のスペースのためオーダーが必要)
主催:サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社

プロフィール

相澤安嗣志(あいざわ あつし)

1991年、神奈川県生まれ。2015年、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科メディア芸術コース卒業。2015年に個展『Effect』(ソノアイダ)を開催。同年には『現代芸術復興財団アートアワード 第2回CAF賞入選』(3331 Arts Chiyoda、東京)も果たした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる