特集 PR

村上虹郎×穂村弘×藤田貴大が語る、コンテンツの時代への反骨心

村上虹郎×穂村弘×藤田貴大が語る、コンテンツの時代への反骨心

インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:相良博昭 スタイリング(村上虹郎):松田稜平

「言葉の錬金術師」の異名をとり、歌人、詩人、劇作家、演出家、映画監督、写真家など数え切れない肩書きで、常に多くの人を煽動し、メディアの寵児として47年の短い生涯を走り抜けた寺山修司。タモリや美輪明宏など、いまだその大きな才能が失われたことを惜しむ声も少なくない。

劇作家としても、死後33年間に1本も戯曲が上演されなかった年はないと言えるほどの人気を保ち続けている寺山。その奔放なイメージが詰め込まれた『書を捨てよ町へ出よう』の舞台化に、マームとジプシーの藤田貴大が、新人俳優・村上虹郎、詩人・穂村弘(映像出演)らと共に挑む。不思議な縁で結ばれた世代の異なる三人が練る作戦、そして寺山修司論とは?

僕は今「村上虹郎という人」に惹かれている部分があって、そういう基準で関わっていくほうがフェアだと思っている。(藤田)

―藤田さんは、今回の「寺山修司の作品を演出しないか」というオファーに対して、候補になかった『書を捨てよ町へ出よう』をご自身から提案されたそうですね。

藤田:『奴婢訓(ぬひくん)』や『レミング』も好きな作品なんですけど、ちょうどその頃、野田秀樹さんの戯曲『小指の思い出』を演出することになって、初めて自分以外の劇作家の言葉と向き合う経験をしたんです。野田さんの言葉はすごく強いので、次はもうちょっと自由に取り組みたいと思って(笑)、寺山さんの中でも自由に取り扱える作品を選びました。

左から:穂村弘、村上虹郎、藤田貴大
左から:穂村弘、村上虹郎、藤田貴大

―寺山さんの戯曲を演出すると決まってすぐ、穂村さんに出演オファーを考えたと聞きました。

藤田:最終的には、又吉(直樹)さんと同じように映像で出演してもらうことになりました。以前、NHKのテレビ番組での園子温さんとの対談で、穂村さんが寺山さんの短歌を解説されていて、それがすごく面白かったんです。出演者全員で穂村さんの授業を受けたいと思っています(笑)。

穂村:『書を捨てよ町へ出よう』の映画は観たし、同名のエッセイを読んだ記憶もあるんだけど、1960年代に舞台にもなっていたんだよね?

藤田:そうなんですよ。手書きの台本しか残ってなくて、詳細がよくわからないんですけど、台本を読んでみたら、ちょっと変わったミュージカルみたいな内容なんです。だから、同じタイトルなんですけど、映画もエッセイも演劇も全部違うんですよ。

穂村:今回はどれをベースにするの?

藤田:映画寄りにしようと思っています。ただ、エッセイ、映画、演劇と、3種類のテキストを参考にして、それらをコラージュするかたちになりますね。

アートディレクション:名久井直子 Photo:江森康之
アートディレクション:名久井直子 Photo:江森康之

穂村:映画は、主人公がいきなり観客に語りかけてくるオープニングシーンがすごく印象的ですよね。あのシーンを虹郎さんにやってもらうの?

藤田:そうです、それは決めています。

―村上さんのキャスティングについても、藤田さんの強い要望ですぐに決まったそうですが、演技はご覧になっていなかったとか?

藤田:写真を一目見たときから、「こいつ、目がヤバいな」と、ずっと気になっていたんです(笑)。でも、これまでも「演技が好き」という理由で声をかけた俳優は1人もいませんでした。俳優としての虹郎くんはこれからだし、もし「俳優」として選ぶなら、虹郎くんじゃなくてもきっとよかった。だけど、僕は今「村上虹郎という人」に惹かれている部分があって、そういう基準で関わっていくほうがフェアだと思っているんです。演出家にとって、演技って、先入観になっちゃうんですよね。そういう意味では、まったく先入観なしに向き合えていると思います。

―村上さんがたとえミュージシャンでも、絵を描いていても、誘っていたということですね。

藤田:そうです。もし虹郎くんに断られていたら、オーディションをしていたんじゃないかな。そのくらい選択肢は絞られていました。

Page 1
次へ

イベント情報

寺山修司生誕80年記念 RooTS Vol.3
『書を捨てよ町へ出よう』

2015年12月5日(土)~12月27日(日)
作:寺山修司
上演台本・演出:藤田貴大
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
村上虹郎
青柳いづみ
川崎ゆり子
斎藤章子
召田実子
吉田聡子
石井亮介
尾野島慎太朗
中島広隆
波佐谷聡
船津健太
山本達久(ドラマー)
映像出演:
穂村弘(歌人)
又吉直樹(芸人)
料金: 一般 前売4,800円 当日5,300円
65歳以上4,300円 25歳以下3,800円 高校生割引1,000円

芸劇+トーク 異世代リーディング『<第13回>「自作自演」』

2015年12月13日(日)18:00~
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
穂村弘(歌人)
又吉直樹(芸人)
トーク司会:徳永京子
料金:一般3,000円 高校生1,000円 25歳以下2,000円 65歳以上2,500円

プロフィール

藤田貴大(ふじた たかひろ)

マームとジプシー主宰・演劇作家。1985年生まれ。2007年にマームとジプシーを旗揚げ。全作品の作・演出を担当する。2012年『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞。その独特な手法は演劇のみならず、様々なジャンルの作家や批評家から評価を得る。2013年と2015年に、今日マチ子(漫画家)原作『cocoon』を舞台化。演劇以外の活動としては、今日マチ子との共作漫画『mina-mo-no-gram』(秋田書店)や短編小説の発表など、その活動は多岐にわたる。2014年には、野田秀樹作『小指の思い出』の演出を行う。

村上虹郎(むらかみ にじろう)

1997年、東京都出身。2014年『第67回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門出品 『2つ目の窓』(河瀬直美監督)主演で俳優デビュー。スクリーンで見せた鮮烈な存在感が世界中から賞賛を集める。その後も『神様の言うとおり』(三池崇史監督)、TVCF『JR SKISKI』、ドラマ『天使のナイフ」(WOWOW)などに出演。現在TVCF『三井住友VISAカード』O.A中。フジテレビ系スペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でドラマ初主演を果たす。

穂村弘(ほむら ひろし)

歌人。1962年札幌生まれ。上智大学文学部英文学科卒。歌集『シンジケート』でデビュー。詩歌、評論、エッセイなど幅広いジャンルで活躍。近刊に『恋人たち』(絵:宇野亜喜良)、『にょにょにょっ記』(絵:フジモトマサル)など。『短歌の友人』で『第19回伊藤整文学賞』、「楽しい一日」で『第44回短歌研究賞』、『あかにんじゃ』(絵・木内達朗)で『第4回ようちえん絵本大賞』を受賞。また石井陽子とのメディアアート作品『「火よ、さわれるの」』で『アルス・エレクトロニカ・インタラクティブ部門栄誉賞』を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に