インタビュー

否定されてもやり方を変えなかった。SPECIAL OTHERSの10年

否定されてもやり方を変えなかった。SPECIAL OTHERSの10年

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人
2015/10/13

SPECIAL OTHERSほど音楽とファンとの理想的な関係を築けているバンドは他にいないと言ってもいいかもしれない。2006年のメジャーデビュー時、まだ一般的にはマニアックなものと捉えられていたインストバンドという形態をとりながら、自分たちのやりたい音楽を貫くことで、結果的に今では「インスト」の枠を超え、唯一無二のポジションを獲得している。もちろん、この背景にはフェス文化の浸透などが関係しているにせよ、スペアザが信念を持って活動を続けたこと自体が、現在の状況を作り出したことは強調すべきだろう。いや、信念というのはやや堅苦しいか。やはり、彼らの場合は「音楽愛」という言葉がしっくりくる。

今年の6月に行われた大阪でのワンマンで10周年イヤーのスタートを宣言し、3年ぶりのオリジナルアルバム『WINDOW』が完成。これまで常に10曲だった収録曲が、初めて11曲になったというトピックこそあるものの、今回もこれまでの作品の延長線上に位置する、最新にして最高のスペアザであることは間違いない。そしておそらくは、今もどこかで「11曲」という数字に対して、ファン同士が熱く意見をぶつけ合い、意味づけを行っていることだろう。そうやって「特別な他人」の人生とコミュニケーションをとりながら、この特別なバンドの10年は形作られてきたのである。

インストをフェスシーンに広げていくという意味では、もしかしたら僕らもちょっとぐらい貢献できたのかもしれない。(柳下)

―6月のワンマンから10周年イヤーがスタートしたわけですが、その少し前の4月に行われたインストバンドのみを集めたイベント『Sing Your Song! 2015』で、トリを飾られましたよね。インストのみのイベントって、10年前だと考えられなかったと思うんです。

芹澤(Key):「インストバンド」という言葉がオーバーグラウンドに浸透してきたのは、ここ数年ですよね。音楽通の人たちはもちろん知っていたし、シーンもあったけど、オーバーグラウンドに出てきたのは最近かなと思います。

宮原(Dr):その通りだね。昔は「インスト」って言っても言葉自体が通じなかったけど、今はわからない人がほとんどいないじゃん? それはでかい変化だよね。

芹澤:「言葉が知られた=存在も知られてきた」ということだから、ああいうイベントは俺らにとってもチャンスだと思いますね。「売れ線じゃないけどかっこいい音楽やってる」って思いながらインストやってるような若い子が、どんどん裾野を広げて行けば、いつかインストが歌もののポップスに対抗できる日が来るんじゃないかな。

左から:芹澤“REMI”優真、宮原“TOYIN”良太、柳下“DAYO”武史、又吉“SEGUN”優也
左から:芹澤 "REMI" 優真、宮原 "TOYIN" 良太、柳下 "DAYO" 武史、又吉 "SEGUN" 優也

柳下(Gt):インストの認知度が上がったのは、フェスが普及したことと関係あると思っていて。お酒を飲みながら楽しんだり、音楽を聴いて空間を楽しんだりするようなフェスって、インストとすごく組み合わせがいいと思うんですよ。インストをフェスシーンに広げていくという意味では、もしかしたら僕らもちょっとぐらい貢献できたのかもしれない。

又吉(Ba):フェスの話に加えて、ネットで音楽を拾えるようになったのも大きいんじゃないですかね。10年以上前はまだネットがそれほど発達してなかったから、レコ屋でCDをジャケ買いしたりしてたけど、今はいろんな音楽に触れやすくなった。それにネットで映像が見れると、ライブの雰囲気もなんとなくわかるから、僕たちがやってるような音楽も人目に触れやすくなったんじゃないかと思いますね。


物事に対して、自分たちで決めてしまわない。それってたぶん重要な感覚だと思うんです。(又吉)

―スペアザは10年前から「ジャンルレス」の感覚を持っていたバンドで、いろんな音楽に対してすごくフラットに接してきたバンドだと思うんです。そういうスペアザが、ジャムバンドもクラブジャズもポストロックも区分けすることなく、多様なインストを集めた『Sing Your Song!』のトリを務めたというのは、まさにリスナーの聴き方の変化を象徴していた気がします。

宮原:今はみんなすごくジャンルレスに聴く耳になっていると思いますね。昔は「オシャレな音楽と、そうじゃないJ-POP」という関係があって、オシャレな音楽を聴いてる人にとっては、J-POPを聴くのがかっこ悪いという風潮があったけど、俺らは若い頃からそこに対してアンチだったんです。例えば、タンポポ(モーニング娘。から派生したユニット)の“恋をしちゃいました!”もいい曲だと思って聴くし、Medeski Martin & Wood(アメリカのジャズファンクバンド)も聴くような耳を持ってたんですよね。

又吉:僕ら「インスト」って言われてますけど、それを自分たちで意識したことはないですからね。物事に対して、自分たちで決めてしまわない。それってたぶん重要な感覚だと思うんです。決めるとそっちに寄って行っちゃって、それがいい方向に働くこともあるだろうけど、基本的には「なるようになる」の積み重ねが僕たちのやり方というか。

左から:柳下“DAYO”武史、又吉“SEGUN”優也

―途中で話に出たように、フェス文化やネットの浸透ももちろん大きかったと思うんですけど、器以上にそこに出る人が重要だったりもするわけで。その点、ジャンルレスな感覚を持ったスペアザが、メジャーで10年やり続けたことで与えた影響はやっぱりすごく大きいと思うんです。

宮原:そう言ってもらえるとありがたいですし、自分たちでもちょっとそう思ってますね(笑)。まあ、俺たちを聴いて、もっとディープなバンドを聴くようになってくれたら嬉しいと思います。

芹澤:歌のあるバンドを「歌ものバンド」ってわざわざ呼ばないように、「インストバンド」って括りがもっと当たり前に存在するようになったらいいなと思いますね。元を辿れば、クラシックはすごくポピュラーな音楽で、歌がないのが当たり前だった。なのに、近代になって、歌のない音楽がなぜか敷居の高いものになっちゃってるから、そこは「違うのに」って言いたい。もう俺たちもいい歳なんで、そういうことを教える側になってもいい頃なのかなって思ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

SPECIAL OTHERS『WINDOW』初回限定盤(CD+DVD)
SPECIAL OTHERS
『WINDOW』初回限定盤(CD+DVD)

2015年10月14日(水)発売
価格:3,780円(税込)
VIZL-857

[CD]
1. LIGHT
2. I'LL BE BACK
3. TWO JET
4. neon
5. Celesta Session
6. SPE TRAIN
7. Good Luck
8. Backstreet
9. Week
10. Marimba Session
11. WINDOW
[DVD]
『デビュー10年のキセキ ~大車輪~』
デビュー10周年を迎えるスペアザメンバーが結成から現在に至るバンドヒストリーを振り返る初のロングインタビュー映像に加え、『Good Luck(MUSIC VIDEO)』を収録(トータル87分)。

リリース情報

SPECIAL OTHERS『WINDOW』通常盤(CD)
SPECIAL OTHERS
『WINDOW』通常盤(CD)

2015年10月14日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64397

1. LIGHT
2. I'LL BE BACK
3. TWO JET
4. neon
5. Celesta Session
6. SPE TRAIN
7. Good Luck
8. Backstreet
9. Week
10. Marimba Session
11. WINDOW

イベント情報

『QUTIMA Ver.20~10th Anniversary~『WINDOW』Release Tour 2015-2016』

2015年11月20日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:新潟県 LOTS

2015年11月22日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2015年11月23日(月・祝)OPEN 17:00 / START17:30
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2015年11月27日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:愛媛県 松山Wstudio RED

2015年11月28日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:香川県 高松 MONSTER

2015年11月29日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:高知県 高知 キャラバンサライ

2015年12月4日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2015年12月6日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:静岡県 Live House浜松窓枠

2015年12月10日(木)OPEN 18:30 / START19:00
会場:鳥取県 米子 laughs

2015年12月12日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年12月13日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2015年12月16日(水)OPEN 18:30 / START19:00
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2

2015年12月19日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2015年12月20日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:熊本県 DRUM B.9 V1

2015年12月23日(水・祝)OPEN 17:00 / START17:30
会場:長崎県 DRUM Be-7

2016年1月14日(木)OPEN 18:30 / START19:00
会場:青森県 弘前 Mag-Net

2016年1月16日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年1月17日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:福島県 郡山 Hip Shot Japan

2016年1月22日(金)OPEN 18:00 / START19:00
会場:大阪府 なんばHatch

2016年1月23日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール

2016年1月29日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年2月6日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:東京都 豊洲PIT

2016年2月13日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:沖縄県 桜坂セントラル

プロフィール

SPECIAL OTHERS(すぺしゃる あざーす)

バンド名の通称は「スペアザ」。1995年横浜の岸根高校の同級生にて結成。2000年頃よりストリート、クラブ、レストランバーなどで活動。2006年ビクターよりメジャーデビュー。以後、音源制作やライブツアー、様々なフェスへの出演。他アーティストとのコラボ等、活動を拡げる。2013年日本武道館でのワンマンライブを開催。ソールドアウトとなり、大盛況のうちに終える。2015年6月、来年のデビュー10周年に向けて、「10周年」イヤーを「キックオフ」することを宣言。第一弾企画として、3年ぶり、通算6枚目となる待望のオリジナルアルバム『WINDOW』を10月14日にリリース。11月からは全国23都市を巡るワンマンツアーを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優