インタビュー

否定されてもやり方を変えなかった。SPECIAL OTHERSの10年

否定されてもやり方を変えなかった。SPECIAL OTHERSの10年

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人
2015/10/13

否定が出るのも当然で、そこに関して俺たちは何も怖くない。(宮原)

―この10年を振り返ってみると、2011年に発表したコラボ盤『SPECIAL OTHERS』はひとつの転機だったように見えます。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さん、MONGOL800のキヨサクさん、Dragon AshのKjさんらとコラボしたことで、ロック側の人がスペアザのことを知って、より広がるきっかけになったと思うんですね。

柳下:確かに、『PB』『THE GUIDE』とロックっぽいアルバムを出して、Kj(Dragon Ash)みたいにロック界で一目置かれている人とコラボしたことによって、ロック側のお客さんにも聴いてもらうことができたし、アーティストからも「スペアザはロック側のステージにもいる」と認識してもらえた気はします。

―もちろん、コラボレーション自体はバンドにとって挑戦であり、ボーカリストを招くという点では賛否両論あったのかと思いますが、そこに関してはいかがですか?

宮原:否定が出るのも当然で、そこに関して俺たちは何も怖くない。否定するようなやつはハナから聴かないでほしいと思ってますね(笑)。俺たちはやりたいことをやっただけだから、そこでついてこなくなった人がいたらしょうがない。ついてくる人と一緒に楽しめばいいかなって。

宮原“TOYIN”良太

―「否定するようなやつはハナから聴かないでほしい」っていうのは、ある意味10年間同じスタンスだったと言えるんじゃないでしょうか?

又吉:むしろ、それしかなくね?

宮原:なぜそういうことが言えるのかって、自分たちでは最高にかっこいいものを作ってる自信があるからなんですよ。それがダメなら考え直すけど、今のところ俺たちの予想よりも多くの人がついてきてくれている。純粋に、自分の物差しでかっこいいと思ったものを出して、ついてきてくれているというのはすごくありがたいですね。

柳下:バンドを始めたときから、周りにはマニアックな音楽だって言われて、自分たちでもそう思ってたけど、かっこいい音楽をやっている自負はずっとあったんです。ただ、そこで内に内に向かっていくと小さく終わってしまうと思ったので、デビューから外に向かうことをずっと繰り返してきたんですよね。「内に留まってはいけない」っていうのは俺らの大きなテーマで、コラボもその表れでした。

柳下“DAYO”武史

人間って、不安定なところから安定したところに行ったときに、ものすごい高揚感を得るんです。だから、音楽って人生と一緒だなと思います。(宮原)

―内に留まらずに、外に向かっていく上で、それでもぶれない核の部分っていうのは何なのでしょうか?

宮原:それはセンスでしかないですね。ホントに。それだけと言っても過言ではない。

柳下:アルバム初回盤の特典DVDの中でKjが「スペアザの音楽は人間がそのまま音になってる」って言ってくれてて、それはホントに嬉しい褒め言葉で。要は、俺たちの人間性が核になっていて、それがそのまま音になってるわけだから、変わりようがないんですよ。もちろん、変化はしていくと思うけど、これからも「俺たちが作るもの=スペアザ」であることは変わらないと思いますね。

―それだけ音で人間性を表現できるというのもすごいことですよね。

宮原:音楽の何で気持ちが盛り上がるのかを考えると、不安定な音と安定する音があるんですよ。人間って、不安定なところから安定したところに行ったときに、ものすごい高揚感を得るんです。だから、音楽って人生と一緒だなって最近思います。谷にいると山が高く見えるけど、高低差があるから自分の居場所がわかる。そこも人生と音楽の共通点ですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

SPECIAL OTHERS『WINDOW』初回限定盤(CD+DVD)
SPECIAL OTHERS
『WINDOW』初回限定盤(CD+DVD)

2015年10月14日(水)発売
価格:3,780円(税込)
VIZL-857

[CD]
1. LIGHT
2. I'LL BE BACK
3. TWO JET
4. neon
5. Celesta Session
6. SPE TRAIN
7. Good Luck
8. Backstreet
9. Week
10. Marimba Session
11. WINDOW
[DVD]
『デビュー10年のキセキ ~大車輪~』
デビュー10周年を迎えるスペアザメンバーが結成から現在に至るバンドヒストリーを振り返る初のロングインタビュー映像に加え、『Good Luck(MUSIC VIDEO)』を収録(トータル87分)。

リリース情報

SPECIAL OTHERS『WINDOW』通常盤(CD)
SPECIAL OTHERS
『WINDOW』通常盤(CD)

2015年10月14日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64397

1. LIGHT
2. I'LL BE BACK
3. TWO JET
4. neon
5. Celesta Session
6. SPE TRAIN
7. Good Luck
8. Backstreet
9. Week
10. Marimba Session
11. WINDOW

イベント情報

『QUTIMA Ver.20~10th Anniversary~『WINDOW』Release Tour 2015-2016』

2015年11月20日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:新潟県 LOTS

2015年11月22日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2015年11月23日(月・祝)OPEN 17:00 / START17:30
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2015年11月27日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:愛媛県 松山Wstudio RED

2015年11月28日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:香川県 高松 MONSTER

2015年11月29日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:高知県 高知 キャラバンサライ

2015年12月4日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2015年12月6日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:静岡県 Live House浜松窓枠

2015年12月10日(木)OPEN 18:30 / START19:00
会場:鳥取県 米子 laughs

2015年12月12日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年12月13日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2015年12月16日(水)OPEN 18:30 / START19:00
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2

2015年12月19日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2015年12月20日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:熊本県 DRUM B.9 V1

2015年12月23日(水・祝)OPEN 17:00 / START17:30
会場:長崎県 DRUM Be-7

2016年1月14日(木)OPEN 18:30 / START19:00
会場:青森県 弘前 Mag-Net

2016年1月16日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年1月17日(日)OPEN 17:00 / START17:30
会場:福島県 郡山 Hip Shot Japan

2016年1月22日(金)OPEN 18:00 / START19:00
会場:大阪府 なんばHatch

2016年1月23日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール

2016年1月29日(金)OPEN 18:30 / START19:00
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年2月6日(土)OPEN 17:00 / START18:00
会場:東京都 豊洲PIT

2016年2月13日(土)OPEN 17:30 / START18:00
会場:沖縄県 桜坂セントラル

プロフィール

SPECIAL OTHERS(すぺしゃる あざーす)

バンド名の通称は「スペアザ」。1995年横浜の岸根高校の同級生にて結成。2000年頃よりストリート、クラブ、レストランバーなどで活動。2006年ビクターよりメジャーデビュー。以後、音源制作やライブツアー、様々なフェスへの出演。他アーティストとのコラボ等、活動を拡げる。2013年日本武道館でのワンマンライブを開催。ソールドアウトとなり、大盛況のうちに終える。2015年6月、来年のデビュー10周年に向けて、「10周年」イヤーを「キックオフ」することを宣言。第一弾企画として、3年ぶり、通算6枚目となる待望のオリジナルアルバム『WINDOW』を10月14日にリリース。11月からは全国23都市を巡るワンマンツアーを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで