特集 PR

賢い人がバカをいじめる時代に叛逆した、演出家・松本雄吉の半生

賢い人がバカをいじめる時代に叛逆した、演出家・松本雄吉の半生

『レミング〜世界の涯まで連れてって〜』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

維新派。どこか不穏さを感じさせる名前の、この不思議な演劇集団は、その表現方法も独創的だ。埋め立て地や山奥に巨大な舞台を仮設し、数十人の白塗りの役者が、都市や山嶺を借景にして幻想的でノスタルジックな群衆劇を展開する。作品のために作られた街のような舞台は、終演後に即座に解体され、跡形もなく消えてしまう。とんでもなく壮大で、そして同時に脆く儚い演劇体験を求め、多くのファンが年に1度の野外劇に押し寄せるのも頷ける。

同集団を主宰する演出家・松本雄吉による作品が、池袋の東京芸術劇場で上演される。取り組むのは寺山修司の戯曲『レミング~世界の涯まで連れてって~』。野外ではなく劇場内での作品だが、寺山のシュールな世界観と、松本がこだわる身体性が融合することで、時間も場所も問わない作品が生まれることだろう。稽古に打ち込む松本に話を聞いた。

俳優は、世間への違和感さえ持っておけばいい。俳優自体が「違和感病」を体現した職業だと思っていますからね。

―今秋上演される『レミング~世界の涯まで連れてって~』(脚本・寺山修司)は、キャストを大きく一新しての再演になりますが、パルコ劇場での初演(2013年)は、寺山修司の没後30年、そして今回の再演は生誕80年なんですね。今回、松本さんは「若さ」を描きたいと考えているとか。

松本:『レミング』にはいろんな要素があって、その1つは都市論なんですよ。若いころの寺山さんが青森の田舎から上京してきて大都会東京に抱いた憧れや違和感、それが彼なりの都市批評になっていると思うんですよね。初演では、八嶋智人くんや片桐仁くんという非常に手慣れた役者たちが上手に演じてくれましたけど、今回は若い人から見た東京像を描きたいと思って。

『レミング~世界の涯まで連れてって~』メインビジュアル
『レミング~世界の涯まで連れてって~』メインビジュアル

―松本さんは主宰する維新派でも、洗練された俳優の演技を見せるために演出しているわけではないですね。

松本:これは単純に言って一言。世間への違和感さえ持っておけばいい。役者という職業自体が「違和感病」を体現した職業だと思っていますからね。

―違和感なくして俳優にはなれない?

松本:ま、他にもあるかな。占い師になるとか(笑)。最近は器用な子も多いけど、ひと昔前は役者でダメなら死なにゃしゃあないな、っていう感じの子が多かった。「申し子」って言葉があるじゃないですか、宇宙の申し子とか。役者も申し子。僕の役者像というのは、昔の階級制度でいうたら最下層の存在。でも一番下の存在だから一番上よりも偉いかもしれない、神様に一番近い存在かもしれない。

―下と上が循環しているんですね。

松本:山海塾や大駱駝艦(いずれも舞踏集団)の人らは、剃髪して、ちんちん見えるぐらい細いパンツを着て、全身を白塗りするでしょ。あれ自体が出家みたいなもので、明らかに違和感の塊でしょ。そうやって日常と切断しないと役者なんてやれない、っていう感覚ですね。

松本雄吉
松本雄吉

―松本さんは俳優として活動した時期がありますから、実感がこもっていますね。ただ大学生のころは美術、絵画を勉強していたと聞きました。演劇に傾倒していったのはなぜですか?

松本:それは1960年代ごろの一般的な動向でね。文学や絵は間接芸術じゃないですか。それに比べて、身体を使ったボディアート、自分そのものを出す直接表現こそが一番すごい、という「直接性の時代」だったと言えばいいかな。政治的に言えば「選挙」じゃなくて「テロ」。選挙でなんにもならない1票を入れるよりも、一番悪い奴がおったら直接やっつけてしまえ、っていうね。

―時代的にも1960年に浅沼稲次郎暗殺事件(日本社会党委員長・浅沼稲次郎が、演説中に17歳の少年に暗殺された事件)が起きたり、学生運動が活発な時期でした。松本さんは大阪出身ですが、当時の関西は具体美術協会(1954年に結成した前衛美術家集団。「今までにないものを作れ」を合言葉に、カテゴライズ不能な表現を繰り広げた)が全盛のころですね。そのリアリティーも強くあったのでは?

松本:具体は、自分の身体を「ない」ことにはしないですからね。たとえば村上三郎(具体美術協会のメンバー)だったら紙破り。ルーチョ・フォンタナ(20世紀イタリアの美術家)は、キャンバスにナイフで切り込みを入れて空間を際立たせたけれど、村上は自分自身の身体が紙の向こうに行かないといかんから、紙に向かって突進したんですよ。観念だけが向こう側に行っても仕方ない。

Page 1
次へ

イベント情報

寺山修司生誕80周年 音楽劇
『レミング~世界の涯まで連れてって~』

作:寺山修司
演出:松本雄吉(維新派)
上演台本:松本雄吉、天野天街(少年王者舘)
出演:
溝端淳平
柄本時生
霧矢大夢
麿赤兒
ほか
企画・制作:パルコ / ポスターハリス・カンパニー
協力:テラヤマ・ワールド / 維新派
製作:パルコ

東京公演
2015年12月6日(日)~12月20日(日)全17公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
料金:S席8,600円 A席7,500円 U-25チケット5,000円 高校生1,000円
主催:パルコ
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

福岡公演
2015年12月26日(土)、12月27日(日)全2公演
会場:福岡県 北九州芸術劇場 大ホール
料金:S席8,000円 A席6,000円 ユース(24歳以下)3,500円 高校生1,500円
主催:公益財団法人北九州市芸術文化振興財団
共催:北九州市

愛知公演
2016年1月8日(金)全1公演
会場:愛知県 名古屋 愛知県芸術劇場大ホール
料金:S席9,000円 A席7,000円 U-25チケット4,500円
主催:メ~テレ

大阪公演
2016年1月16日(土)、1月17日(日)全3公演
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
料金:8,500円
主催:朝日放送 / サンライズプロモーション大阪

プロフィール

松本雄吉(まつもと ゆうきち)

1970年に大阪で「日本維新派」(87年に維新派と改名)を結成し、1974年以降の全ての作品で脚本・演出を手掛ける。野外に自らの手で建築する劇場、「ヂャンヂャン☆オペラ」と名付けた関西弁のイントネーションを生かしたケチャ音楽のような台詞、内橋和久の音楽など、すべての要素をディレクションした前衛的な総合芸術として作品を発表している。2004年『読売演劇大賞優秀演出家賞』、2008年『芸術選奨文部科学大臣賞』、2011年『紫綬褒章』などを受賞。最近の演出作品には『MAREBITO』(2013年)、『石のような水』(2013年)、『十九歳のジェイコブ』(2014年)、『透視図』(2014年)などがある。今年は9月19日~27日まで奈良・曽爾村健民運動場にて維新派新作野外劇『トワイライト』を上演し、好評を博した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)