特集 PR

もう後戻りできないWANIMA、口癖のように「1チャンス」と叫ぶ

もう後戻りできないWANIMA、口癖のように「1チャンス」と叫ぶ

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

健さんが持ってきてくれたギターをいつも持ち歩いてます。もっと大きな舞台に立ってちゃんと返したいです。(西田)

―さきほど、DIYでやっていく、人と人のつながりを大切にする、という精神はPIZZAに入る前から変わらないとおっしゃってましたが、逆にPIZZAに入って変わった部分はありますか?

松本:PIZZAは健さんが社長なので、いろいろ話を聞いて、最近はMCで言う言葉ひとつにしても、曲の流れひとつにしても、「WANIMAなら何が残せるか?」って考えています。

―健さんとの会話の中で、特に印象に残ってることってありますか?

松本:健さんは多くを語る方じゃないので、してくれたこと一つひとつが大事だなって思います。例えば、大阪でライブしたときに、健さんが直接光真に「俺のギター使え」って持ってきてくれたり。

藤原:ツアーに連れて行ってくれて、ライブで見せてくれたりとか。

松本:健さんの背中を見てると、結局大事なのは何事にもしっかり向き合うことだと思います。健さんが今までどうやってパンクシーンを引っ張ってきたのかを直で見ることができるのは、ホントにありがたいです。

―西田くんは健さんからギターを渡されて、どんな心境でした?

西田:おしっこ漏れるかと思いました。最初は触れなかったです。早く健さんに追いつけるように、今は持ってきてくれたギターをいつも持ち歩いてます。もっと大きな舞台に立ってちゃんと返したいです。

西田光真

藤原弘樹

戦ってる人には届いてほしいと信じて歌ってます。(松本)

―『Are You Coming?』は、直訳すると「イキそう?」というタイトルからしてWANIMAらしいですが、新曲を中心としつつ、結成当初から演奏している古い曲も入っていて、これまでの集大成という言い方ができるかと思います。その中で特に思ったのが、「別れ」をテーマにした曲が多いなっていうことなんですよね。

松本:基本的に、生きてていいことなんて少ないじゃないですか? それでも、何とかして一歩踏み出したいっていう気持ちを強く持たなきゃいけない。それを「こうやったら乗り越えられるよ」っていう上から目線じゃなく、同じ時代に生まれた1人として歌いたいと思ってます。

―「別れ」がテーマとしてありつつも、必ず「そこから一歩踏み出す」ということが歌われてますよね。

松本:そうですね。何かあったことを「忘れろ」と言ってるわけじゃないんです。僕もいろんなタイミングでいろんなことを思い出して、未だに手が止まることも多いですけど、それでも何とかして生きていかないとお世話になった人に示しがつかない。自然と思い出すのは別れだったり、辛いこと、悲しいことなんですけど、それは別にネガティブなことではないんです。

―曲の背景には具体的な出来事があるわけですか?

松本:うーん……そういうのもあります。

―でも、それを説明したくはない?

松本:具体的に言っちゃうと、そういう風にしか聴かれなくなっちゃうじゃないですか。前作(『Can Not Behaved!!』)に入ってる“1106”は、漁師だったじいちゃんのことを歌っていて、じいちゃんが魚をとっていた海でPVを作ったんですけど、ホントはお客さんなりのその曲であってほしいなと思ってます。俺も歌いながら自分の中で消化してることもありますが、お客さんもいろんなタイミングで別れや悲しいこと、辛いこと、どうしようもないことが絶対にあると思うので、そのための曲であってほしい。僕らの音楽は戦ってる人に届いてほしいと信じて歌ってます。


藤原:とにかく歌詞を見て聴いてほしいです。漢字の使い方ひとつにしても、健太の歌詞は意味があるので。

松本:自分の子どもに変な名前は付けないじゃないですか? それと一緒で、言うたら曲は僕たちの子どもです。だからこだわって言葉を選んでます。

―中でも、“THANX”にはストレートに別れが綴られていますよね。

松本:これは距離について歌いました。サビは高3の終わり、僕が東京に出る前にできていて、いろんなタイミングが重なったときに完成しました。なので、自分の中では青臭さもあるんですけど、まだお客さんが2~3人の頃からやってきたすごく思い入れのある曲なので、このタイミングでLEFLAHの服を着てPIZZAからPVを出せてよかったです。

WANIMA

―熊本への想いをひとつ形にして、これからも活動が続いていくと。

松本:まだまだ1stフルアルバムです。僕らは周りに恵まれていて、多くの方の助けで今があります。それを忘れてはいけない。無駄にしない。がっかりさせない。いろいろ課題も出てきてるんですけど、人と人とのつながりを大切にして、みんなで同じ方向を向いてやれたらいろんなものを変えられる気がします。

―何を変えたいですか?

松本:……それは内に秘めときます(笑)。

―えー、言ってくれないとこのインタビュー終わらないですよ(笑)。

松本:……音楽を通じてたくさんの人と出会いたいです。途中でも言ったように、音楽は内から来るものだと信じているので。傍から見ると、パンクは凝り固まって見えるかもしれませんが、その中で本気でやってる人らがたくさんいる。まずは身近な人から大切に、ゆくゆくは日本も変えられるんじゃないかなって思っています。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 3
前へ

リリース情報

WANIMA『Are You Coming?』(CD)
WANIMA
『Are You Coming?』(CD)

2015年11月4日(水)発売
価格:2,484円(税込)
PZCA-76

1. ここから
2. 夏の面影
3. いつもの流れ
4. Japanese Pride
5. SLOW
6. TRACE
7. 1CHANCE
8. リベンジ
9. いいから
10. Hey yo...
11. エル
12. THANX
13. また逢える日まで

イベント情報

WANIMA『Are You Coming? Tour』

2015年11月21日(土)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-WEST

2015年11月26日(木)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2015年11月27日(金)
会場:京都府 MUSE

2015年11月29日(日)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2015年12月2日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2015年12月3日(木)
会場:福島県 郡山 HIP SHOT

2015年12月5日(土)
会場:青森県 弘前 Mag-Net

2015年12月6日(日)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2015年12月8日(火)
会場:岩手県 盛岡 Club Change WAVE

2015年12月9日(水)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2015年12月10日(木)
会場:新潟県 LOTS

2015年12月12日(土)
会場:富山県 SOUL POWER

2015年12月13日(日)
会場:福井県 CHOP

2015年12月15日(火)
会場:神奈川県 横浜 F.A.D YOKOHAMA

2016年1月15日(金)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2016年1月16日(土)
会場:静岡県 UMBER

2016年1月29日(金)
会場:長野県 LIVE HOUSE J

2016年1月31日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHTHALL

2016年2月4日(木)
会場:山口県 周南 RISING HALL

2016年2月5日(金)
会場:広島県 広島 CLUB QUATTRO

2016年2月7日(日)
会場:大阪府 なんば Hatch

2016年2月9日(火)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2016年2月11日(木・祝)
会場:鹿児島県 Caparvo Hall

2016年2月12日(金)
会場:宮崎県 SR BOX

2016年2月14日(日)
会場:熊本県 DRUM B.9 V1

2016年2月16日(火)
会場:長崎県 DRUM Be-7

2016年2月17日(水)
会場:大分県 DRUM Be-0

2016年2月19日(金)
会場:愛媛県 松山 WstudioRED

2016年2月21日(日)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2016年2月27日(土)
会場:東京都 Zepp DiverCity

プロフィール

WANIMA(わにま)

熊本出身の松本健太(Vo,Ba)、西田光真(Gt,Cho)、藤原弘樹(Dr,Cho)によるスリーピースバンド。2012年12月より現在のメンバーで活動開始。2014年、Ken Yokoyamaの全国ツアー『Peach Boys Tour』に4か所帯同。2014年8月には、PIZZA OF DEATH RECORDSとレーベル&マネージメント契約を果たす。2014年10月、初の全国流通盤 1st mini Album『Can Not Behaved』をリリース。そして2015年11月4日、待望の1st full album『Are You Coming?』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察