特集 PR

クウチュウ戦の警告。左脳ばかりを動かす現代日本人を刺激する

クウチュウ戦の警告。左脳ばかりを動かす現代日本人を刺激する

クウチュウ戦『Sukoshi Fushigi』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西田香織

空中――かつてはフィッシュマンズが恍惚と酩酊のキャンプを張ったその場所を、今、色とりどりの眩い光線を発しながら縦横無尽に飛び回る若者たちがいる。ここに紹介する1990年生まれの4ピースバンド、クウチュウ戦である。

プログレ、ソウル、ハードロック、テクノ……あらゆる要素を濃縮したサウンド。人の心の一番柔らかい部分に沁み入るような歌。クウチュウ戦は、過剰なほどの音楽的情報量を駆使し、それと同等の熱量を「歌」という感情表現へと注ぐことで、この世界が、そして僕ら自身が、本当はどれほど神秘的な存在であるかを証明しようとする。

もしかしたら今は多くの人々が、世界は整理され、説明されつくしていると勘違いしているのかもしれない。でも、Twitterのタイムラインで世界を説明することなんてできないし、「いいね!」の一言で僕らの感情が表現できるわけがない。だって、世界も僕らも、もっと豊かで、もっと歪で、もっと美しいから。2ndミニアルバム『Sukoshi Fushigi』を肴に、バンドのコンポーザーであるリヨとベントラーカオルに、彼らが音楽に賭ける理想を訊いた。この音楽を通して、あなたが想像以上のあなた自身に出会えることを、きっと彼らは望んでいる。

盲目的になにかを信じる力の強さは、人にしか生み出せないことだと思う。それはやっぱり、「少し不思議」ですよね。(リヨ)

―今作のタイトル『Sukoshi Fushigi』って、藤子・F・不二雄が「SF」という言葉を「サイエンスフィクション」ではなく、「少し不思議」と解釈したことからきているのかなと思ったんですけど。

リヨ(Vo,Gt):そうです。僕、SFがめっちゃ好きなんですよ。藤子・F・不二雄はすごいですよね、言い得て妙だと思う。SFを「サイエンスフィクション」の略だとするのは、説明不足な感じがするんですよ。でも、「少し不思議」ならしっくりくる。このアルバムに収録された6曲って、「とんでもなく不思議」なわけじゃないし、「ただ不思議」なわけでもない。でも、通して聴くと「少し不思議」だと思うんです。

―「サイエンスフィクション」と「少し不思議」の違いって、どこにあるんだと思いますか?

リヨ:「科学の作り物(サイエンスフィクション)」って、めちゃくちゃ無味乾燥じゃないですか? SFは、そんなもんじゃないと思う。今って、科学が至る所に横たわっているパラダイムだと思うんですよ。でも、SFには超能力が出てくるじゃないですか。『STAR WARS』でもそうですよね。単に宇宙船が飛んでいるだけじゃなくて、フォースっていう目に見えない力がある。それはもう、科学じゃないですよね。そもそも人間って、科学では説明できない部分がたくさんあると思うんです。

リヨ
リヨ

―それは、具体的にどんなときに実感しますか?

リヨ:たとえば、1杯のただの水を「風邪薬だよ」って言われて出されて、飲んだ人は風邪が治った、なんていう話がありますよね。それを「プラシーボ効果」という言葉にすれば簡単だけど、これって、盲目的になにかを信じる力の強さを表している話だと思うんです。それは人にしか生み出せない、機械には生み出せない、科学にも説明できないことだと思う。やっぱり、人間は「少し不思議」ですよね。

―では、今の時代にクウチュウ戦が「SF作品」を作る意味って、どこにあるんだと思います?

リヨ:単純に、刺激がほしいんです。今って、みんな麻痺しているんだと思うんですよ。本当は、なんでも手に取って匂いを嗅いで、それを舐めたりできるのがリアルだと思うんだけど、それをないがしろにする時代になったと思う。みんなスマホいじっているけど、それって視覚に偏っているんですよ。舐めたらスマホの味しかしないし、嗅いでもスマホの匂いしかしない。でも、俺らの音源って、匂いしませんか?

―うん、匂いますね(笑)。SFって、すごくファンタジックなものではあるけれど、そのファンタジックさ自体が、リヨさんにとっては人間のリアルなんですね。ただのフィクションではない。

リヨ:そうですね。でも今って、無味乾燥で殺菌消毒されたイカれた方向に向かっている……この国の、そんな側面にすごく辟易していて。だって、情報をTwitterやニュース越しで得ることは、目隠しですからね。そこで止まっちゃう。その先にいろんなことがあるはずなのに、そこでアイマスクされてしまう。俺はそれが嫌なんです。今年の2月にインドに行ったんですけど、インドって、真逆なんですよ。

ベントラーカオル
ベントラーカオル

―具体的に、どういう部分で?

リヨ:例えば葬式って、日本だと生活から切り離されているから、火葬場ひとつ建てるのもしんどいじゃないですか。葬式には人々も喪服を着ていくし。それって全部、境界線なんですよ。「境界線」って、俺は東京を象徴する言葉だと思っていて。物事と物事の間、人と人との間……東京には至るところに境界線がある。でも、インドにはそれがないんです。道端で人の死体を燃やしていますからね。ヨレヨレのTシャツを着た奴が、「また死体かよ~」みたいな感じで火をつけているのを、観光客の俺らも見ることができる。それって、境界線がないじゃないですか。日本人からしたら異常だけど、でも、そこがすごく刺激的なんです。

Page 1
次へ

リリース情報

クウチュウ戦『Sukoshi Fushigi』
クウチュウ戦
『Sukoshi Fushigi』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:1,000円(税込)
DQC-1513

1. 光線
2. 青い星
3. 雨模様です
4. 台風
5. にゅうどうぐも
6. エンドレスサマー

イベント情報

『ミニライブ、サイン会』

2016年2月14日(日)14:00~
会場:大阪府 タワーレコード難波店

2016年2月21日(日)21:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店

プロフィール

クウチュウ戦
クウチュウ戦(くうちゅうせん)

1990年生まれのロックカルテット。2008年、大学1年のリヨ(Vo,Gt)とニシヒラユミコ(Ba)が原型バンドを結成。2011年1月、ベントラーカオル(Key)加入。同年7月にリヨが突然ペルーに飛び、アマゾンのジャングルの奥で行われる神秘的な儀式に参加。その後、2012年3月までイギリス/オランダなど、ヨーロッパを放浪。2012年11月、シングル『意気消沈/白い十代』を500枚限定でリリース。瞬く間にソールドアウト。2013年5月、アバシリ(Dr)が正式加入。新体制のクウチュウ戦が誕生。その高度な演奏力、プログレッシブな音楽性が同世代の客/バンド/ライブハウス関係者などに絶賛されるが、そこにあった本当に重要なものは、夏のオリオンのように美しいメロディー、日常の風景を少し不思議な空間に異化させるユニークな視点を持ったリリック、そして光線のように天空を突き抜ける歌心だった。2016年1月20日、2ndミニアルバム『Sukoshi Fushigi』をリリース。

関連チケット情報

2018年8月29日(水)
なつやすみの終わりに 2018
会場:OTODAMA SEA STUDIO(神奈川県)
2018年10月25日(木)
Koochewsen
会場:Shibuya WWW(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像