特集 PR

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也
2015/12/18

今年の8月にfox capture planらが参加する『Wherever I am』を発表した★STAR GUiTARが、それからわずか4か月というスパンで新作『Wherever You are』を完成させた。しかもこの間には、1時間で1曲分の作曲~打ち込み~アレンジ~ミックス~マスタリングまで全てを自分一人で行うという無茶振り企画の集大成として、『ONE HOUR TRAVEL』という作品も発表していて、つまりは2015年の下半期だけで3枚のアルバムをリリースしたということになる。

★STAR GUiTARはよくインタビューで「制約の中でこそ自由を感じられる」という発言をしていて、ストイックに自分を追い込むタイプのアーティストというイメージがあるかもしれない。しかし、30歳を過ぎ、音楽家として脂の乗った状態にある今の★STAR GUiTARにはむしろそのイメージとは真逆の変化が起こっていた。『Wherever You are』から、そんな★STAR GUiTARの現在地をぜひ感じてみてほしい。

音楽家として成長してきて、そろそろ人の力を借りずに、自分単独でやりたいことが増えたんです。

―『Wherever You are』は前作『Wherever I am』からわずか4か月というスパンのリリースで、タイトルからして連作をイメージして作られているわけですよね?

★STAR GUiTAR(以下★STAR):そうですね。『I am』の曲も『You are』の曲もデモ自体は去年の年末にはできてたんですけど、『You are』の曲はちょっと置いておいて、まずは『I am』を仕上げて、それから詰めていった感じです。

―★STAR GUiTARさんはこれまでも毎年のように作品を発表されていて、多作なイメージがありましたが、先日は『ONE HOUR TRAVEL』も発表されていますし、今年は特に多作モードですよね。

★STAR:単純に、やりたいことがどんどん増えてきちゃったんですよ。なので、自分からスタッフに「2015年は2枚出さない?」って言いました。まあ、『ONE HOUR TRAVEL』をやるとは自分でも思っていなかったんですけど(笑)。

★STAR GUiTAR
★STAR GUiTAR

―2014年に発表した『Schrodinger's Scale』でこれまでやってこなかったピアノをフィーチャーした楽曲を作ったことによって、新たな扉が開いたという感じでしょうか?

★STAR:それもありますし、音楽家として成長してきて、そろそろ独り立ちというか、人の力を借りずに、自分単独でやりたいことが増えたんです。それでスタッフに相談したら、「じゃあ、やりたいこと全部やりましょう」と。『Schrodinger's Scale』に関しては、ピアニストをたくさんフィーチャリングしたという側面もあるんですけど、全曲インストのアルバムを作るのも初めてだったから、インストをもっとやってみたいと思ったんです。

―それで、やるならアルバム2枚出しちゃおうと。

★STAR:その後にfox capture plan(『Schrodinger's Scale』『Where I am』にゲスト参加しているバンド)の「1年で3枚出す」というニュースを見て、「マジかよ」って思ったんですけど(笑)。

―fox capture planは今の時代のスピード感を考えて、ある種戦略的にハイペースでリリースしている面もあると思うんですけど、★STAR GUiTARさんはいかがですか?

★STAR:それがすごいなって思うんですけど、僕はそれはないです。単純に、作りたいから作って、出したいから出すっていう。あとは性格の問題というか、多少飽き性なところがあるので、どんどん次をやりたくなっちゃうんですよね。

★STAR GUiTAR

―★STAR GUiTARさんはよく「制約の中でこそ自由を感じられる」ということをおっしゃってるじゃないですか?

★STAR:口癖みたいに言ってるみたいですね(笑)。

―これまで必ず1年に1枚出されているのも、ある種自分に課してる制約なのかなって。

★STAR:ああ、そう言われるとそうかもしれない。意識はしてなかったですけど、そういう方がやる気が起きますね。1時間で1曲作った『ONE HOUR TRAVEL』はその制約の極みでしたけど……ドMなんですかね(笑)。

―いつ頃からそういう考え方だったんですか?

★STAR:だいぶ前からそう考えていると思います。それこそ、20歳になる前とか。

―学生だと、自由を謳歌してそうですけど(笑)。

★STAR:「テストがないと勉強しない」みたいな話かもしれないですね。何かを決めておかないと何もやらないというか、そういうのが好きなんだと思います。締め切りがないのとか嫌ですもん。「いつでもいいよ」って言われちゃうと、やらないと思います(笑)。そういうのも含めて、制約が好きなんですかね。

―そういう性格だからこそ、コンスタントにリリースができている。

★STAR:まあ、音楽業界がダメになってると言われるこのご時世に、僕のリリースペースは前より上がっているという、よくわかんない状況にはなっていますね(笑)。

―結果的に、そのスピード感は時代にもマッチしているように思います。

★STAR:『ONE HOUR TRAVEL』も加わって、fox capture planと同じ1年に3枚になっちゃいましたしね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
★STAR GUiTAR
『Wherever You are』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
CSMC-026

1. Only The Begining
2. Changing The Same
3. Child's replay feat. H ZETT M
4. forgive feat. re:plus
5. drop me
6. Cross Our Path
7. My Classic
8. remedy
9. There is...
10. Trace back feat. Lotas Land
11. To the moon and back
12. Wherever We Are

プロフィール

★STAR GUiTAR
★STAR GUiTAR(すたー ぎたー)

プロデューサー / アレンジャーのSiZKによるソロプロジェクト。2010年8月「Brain Function feat. Azumi from yolica」でデビューし、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開する。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、fox capture planのキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで