特集 PR

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也
2015/12/18

昔は何でもガチガチでしたけど、最近はもっとラフになったというか、ゆるくなったというか……これが歳を取るってことなんですかね?(笑)

―“Child's replay”には『Schrodinger's Scale』に続いて、再びH ZETT Mさんが参加されていますね。

★STAR:安心安定のH ZETT Mさん(笑)。

―プレイは安定じゃなくて奔放ですけどね(笑)。

★STAR:あの奔放さを安定させてるのがすごいんですよ(笑)。

―確かに(笑)。なぜ今回再びH ZETT Mさんをゲストとして招いたのでしょうか?

★STAR:「ぶっ壊してくれそう」というイメージがすごく強いんです。ぶっ壊すんだけど、破綻しないで美しい、絶妙なバランスの人だと思うんですね。もともと僕の音楽は「きれい」とか「美しい」って言われることが多かったので、それを踏まえた上で、ちゃんと破壊してくれるんじゃないかっていう。

―楽曲自体はどんなイメージで作ったのでしょう?

★STAR:「超高速で幼少時代からやり直す」みたいなイメージで、最初の打ち合わせで「ものすごい早回しのRPGゲームだと思ってください」と伝えました。『ドラクエ』でも『FF』でもいいんですけど、RPGをものすごく速くやって、すぐ大人になって、全部経験した上でもう1回やり直して経験し直すということを表現したくて。そう伝えて上がってきた音が、最初からほぼ完成形でしたね。

―アルバム全体のテーマともつながるイメージですね。ただ、★STAR GUiTARさんはもともと生楽器がお好きじゃなかったそうですね?

★STAR:大っ嫌いでした(笑)。とにかく、打ち込みとずれるのが嫌だったんです。「潔癖症なのかな?」っていうくらい。

―完璧主義とも言えますか?

★STAR:昔の方がそうでしたね。でも、プロになってから柔らかくなっていったというか、ちゃんと上手い人たちを見て、「ずれるとこういうグルーヴが生まれるんだな」とか、だんだん面白味がわかってきました。最近は、聴いてて気持ちよければどっちでもいいというか、打ち込みだろうが、生演奏だろうが、良けりゃいいって感じになりましたね。単純に食わず嫌いで、食べてみたら美味しかったっていう(笑)。

―音楽家としてだけではなく、人間的にも柔らかくなってきました?

★STAR:昔は何でもガチガチでしたけど、最近はもっとラフになったというか、ゆるくなったというか……これが歳を取るってことなんですかね?(笑) 僕は思い込むとガーッと行っちゃうタイプで、今でも多少その傾向はあるんですけど、「そんなに無理しなくてもいいんだな」って思えるようになりました。ガーッと行ったところで何が変わるわけじゃないので、もうちょっと落ち着きなよっていうか、その落ち着きを覚えたのかな。

―途中で「制約」っていう話をしたように、ストイックな側面もあるにはあるんだけど、今は追い込んで曲をたくさん作ってるわけではなく、むしろ肩の荷を下ろしたからこそ、自然とたくさん曲が生まれるようになったということかもしれないですね。

★STAR:そうですね。去年だったら『ONE HOUR TRVEL』とか絶対やってないと思います。でも、今はすごくスタンスが軽くなって、だからこそいろいろやりたいと思うようになったんですよね。

★STAR GUiTAR

「★STAR GUiTARが大好きで何回もリピートする」っていうよりは、その人の日常のBGMとしてサラッともぐりこみたい。

―『Wherever I am』と『Wherever You are』というタイトルに絡めてお伺いすると、★STAR GUiTARさんは曲を自分のために作ってるのか、誰かに聴いてもらうために作ってるのか、もちろんどちらの要素もあると思いますが、どちらが強いと言えますか?

★STAR:僕は昔「誰かに聴いてもらうため」の方が強過ぎて、見えない人に対して気を使うみたいなことになってたんです。でも最近はそれがほぼ逆転して、何より「僕はこれが好きなんです」というのが強くあった上で、それを誰かに聴いてもらう方が自然なんだろうなって気づき始めました。それで今の僕は、すごく自由に楽しく曲が作れています。人のことは特別意識しなくなった分、「僕と同じような人は絶対にいる」という根拠をもとに動いているところもあって、自分に向けて作ることが、結果的にもっと遠くに届けることにもなるんじゃないかなって。

―最後の曲のタイトルが“Wherever We Are”なのは、その考えとも関わりがありそうですね。

★STAR:「僕のことを言ってるんだけど、みんな一緒でしょ?」っていう、僕からの問いかけですね。「どこにいたって、僕ら変わんなくない?」って。

―そうやって自分から生まれたものが、聴き手にはどんな風に伝わってほしいと思いますか?

★STAR:僕が一番望むのは、BGMになってほしいというか、サラッと聴き流せる音楽でありたいんです。「★STAR GUiTARが大好きで何回もリピートする」というよりは、その人の日常のBGMとしてサラッともぐりこみたい。曲の方が強くなるんじゃなくて、あくまでその人の人生のサウンドトラックになってほしいなって。映画とかって、音楽が主役じゃなくて、場面を盛り上げるための手助けとして音楽があるわけじゃないですか? 誰かにとってのそういう音楽でいたいんです。過剰にはなりたくないというか、その人に寄り添う音楽になれたら嬉しいですね。

―“Wherever We Are”には、自分も含め、みんなの生活が音楽によって彩られてほしいという願いが込められているように思いました。

★STAR:僕の音楽がそうなってくれれば、すごく嬉しいです。

Page 3
前へ

リリース情報

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
★STAR GUiTAR
『Wherever You are』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
CSMC-026

1. Only The Begining
2. Changing The Same
3. Child's replay feat. H ZETT M
4. forgive feat. re:plus
5. drop me
6. Cross Our Path
7. My Classic
8. remedy
9. There is...
10. Trace back feat. Lotas Land
11. To the moon and back
12. Wherever We Are

プロフィール

★STAR GUiTAR
★STAR GUiTAR(すたー ぎたー)

プロデューサー / アレンジャーのSiZKによるソロプロジェクト。2010年8月「Brain Function feat. Azumi from yolica」でデビューし、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開する。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、fox capture planのキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」