特集 PR

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTARが問う「どこにいたって、変わんなくない?」

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也
2015/12/18

イメージとしては、『Wherever I am』は新しい1日目のサウンドトラックで、『Wherever You are』は歩み始めた先、という位置付けで作りました。

―『Wherever I am』が『Schrodinger's Scale』の流れを引き継いで、★STAR GUiTARさん自身が改めてピアノに向き合った作品だったのに対して、『Wherever You are』はそこも引き継ぎつつ、もう少し広くというか、もともとの★STAR GUiTARらしさも含めて表現されたアルバムだと思いました。

★STAR:まさにその通りで、『I am』が自分を変えるアルバムだったのに対して、『You are』は変わった上で、前までの自分と融合させるアルバムなんです。イメージとしては、『I am』は新しい1日目のサウンドトラックで、『You are』は歩み始めた先、という位置付けで作りました。だから、『You are』の1曲目は“Only The Beginning”という曲で、「ただ始まっただけだよ」と伝えているんです。

―タイトルからはいろんなつながりが見えて、前作の“Be The Change You Wish”に対して、本作に“Changing The Same”という曲があるのも、今おっしゃった対比が明確に表れていますよね。“Changing The Same”はこれまでの★STAR GUiTARを彷彿とさせるダンストラックに、近年のピアノの要素が加わって、非常にかっこいい仕上がりだなと。

★STAR:「えげつないことをえげつなく聴かせない」というのが裏テーマです(笑)。演奏するとめちゃくちゃめんどくさいことをやりまくってるんですけど、そこは関係なしに、聴いた人にはサラッと「かっこいいよね」って言ってもらいたいなって。

―まさに、そういう楽曲になっていると思います。もともとはどんなイメージで作り始めたんですか?

★STAR:最初はイントロのシンセのリフだけあってテクノっぽい感じだったんですけど、そこで一回止めてしばらく置いておいたんです。その後に『I am』を仕上げたことで、この曲はとんでもない展開にしてやろうと思って。ただ、それを小難しく聴かせるのは本末転倒だと思うから、新しいことを含みつつ、ダンスミュージックのベースでシンプルに聴かせるっていう、それが自分の中の「変わり続けるけど変わらないもの」に通じるんじゃないかって。

―この曲に限らず、音楽的に新しいことをしつつ、それをシンプルに聴かせるっていうのは、★STAR GUiTARらしさだと言えますか?

★STAR:そうですね。ポピュラリティーとマニアックさを共存させたいということはずっと思ってます。何も考えずに聴いて「いい曲だね」とも思ってほしいし、マニアックな人が聴いても、ニヤッとできる箇所があるっていう。わかりやすいところだと、前回fox capture planとやった曲(“The Curtain Rises”)の中に、fox capture planの“Rising”のフレーズをわざと挟んでるのは、知らない人は気にならないけど、知ってる人からすると「お?」ってなる。そういう味付けはどこかしらに忍ばせたいって、いつも思ってます。

―遊びの部分の大事さというか。

★STAR:ホントに隠し味なので、それに気づくか気づかないかっていうのはまた別の話なんですけど、それがあるかないかで曲の深みとか重さは変わってくると思うんですよね。

前は「自分らしさ」に対して悩んだこともあったけど、何も意識しなくても「自分らしい」と言われるようになったのは、ちゃんと積み上げてきたおかげなのかなって。

―「遊び」や「隠し味」という話で言うと、“Changing The Same”のMVは……。

★STAR:あれもわかりやすい遊びが入ってますよね(笑)。

―The Chemical Brothersの“STAR GUITAR”のMVのオマージュですよね?

★STAR:そういうことです。あれは監督の小倉さんが最初から入れてくれて、遊びとして素晴らしいと思いました。ああいうのは積極的に入れるべきだと思います(笑)。

―“Changing The Same”は曲自体にも“STAR GUITAR”に通じるトランシーさがあるし、自分の原点を意識して作られた曲だったりするのでしょうか?

★STAR:最近そこはそんなに意識しなくても出てくれるようになったから、もう自分の中に染みこんでるのかなって思います。「自分らしさとは何か」って言われると、「僕が作ることです」って感じです。自分が作ればちゃんと「自分らしさ」が醸し出されるようになってきたのは、興味深いなって思います。前は「自分らしさ」に対して悩んだこともあったんですけど、何も意識しなくても「自分らしい」と言われるようになったのは、ちゃんと積み上げてきたもののおかげなのかなって。

★STAR GUiTAR

―「自分らしさ」で言うと、“Changing The Same”のMVは「旅」がモチーフになっていましたが、過去には『Traveller』という作品もあり、今年は『ONE HOUR TRAVEL』も出しているように、「旅」というのも★STAR GUiTARらしいモチーフだと言えると思うのですが、ご本人としては意識されていますか?

★STAR:そうですよね……『ONE HOUR TRAVEL』に関しては、部屋に「ONE WORLD TRAVEL」っていうウォールステッカーが貼ってあって、「これでいいじゃん」ってノリ一発で決めたタイトルなんですけど(笑)、確かに「TRAVEL」好きですよね……。でも、実際の旅はそんなに好きじゃないんですよ(笑)。海外旅行はハワイに1回行っただけだし、正直海外怖くて。

―飛行機が苦手とか?

★STAR:苦手っていうか、僕三半規管が弱くて、2回乗るとほとんど耳が聴こえなくなっちゃうんです。前に沖縄から石垣島に乗り継いだときに、耳が痛くなって全然楽しめなかったことがあったりして。

―だからこそ、音楽で旅をしている?

★STAR:憧れなんでしょうね。コンプレックスというか、羨ましいんだと思います。いろんなところに行って楽しんでる人が。その分音楽で別の体験をしてるというか……ホントはもうちょっと旅が楽しめる人になりたいんですけどね(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

★STAR GUiTAR『Wherever You are』
★STAR GUiTAR
『Wherever You are』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
CSMC-026

1. Only The Begining
2. Changing The Same
3. Child's replay feat. H ZETT M
4. forgive feat. re:plus
5. drop me
6. Cross Our Path
7. My Classic
8. remedy
9. There is...
10. Trace back feat. Lotas Land
11. To the moon and back
12. Wherever We Are

プロフィール

★STAR GUiTAR
★STAR GUiTAR(すたー ぎたー)

プロデューサー / アレンジャーのSiZKによるソロプロジェクト。2010年8月「Brain Function feat. Azumi from yolica」でデビューし、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開する。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、fox capture planのキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催