特集 PR

未体験だともったいない。DE DE MOUSEが発見したハイレゾの魅力

未体験だともったいない。DE DE MOUSEが発見したハイレゾの魅力

SONY『h.ear on Wireless NC』『h.ear in Wireless』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:相良博昭

この2、3年、ミュージシャンの間でもリスナーの間でも、「ハイレゾ熱」がますます高まりを見せている。昨年末、約3年ぶりのフルアルバム『farewell holiday!』で新機軸を打ち出し、リスナーはもちろん、クラムボンのミトやU-zhaanら、音にこだわるミュージシャンにも、そのハイクオリティーな内容とサウンドが絶賛されているDE DE MOUSEも、そんなハイレゾ熱を加速させているアーティストの一人だ。ハイレゾで音源をリリースすることは、彼の音楽と楽曲制作にどんな影響を与えているのか。そしてリスナーとして、ハイクオリティーな音になにを感じているのか。

まもなくソニーから発売となる、ハイレゾ対応のワイヤレスヘッドホン&イヤホンの最新機種『h.ear on Wireless NC』と『h.ear in Wireless』を試聴してもらいながら、「高音質で音楽を聴くこと、作ること」について話してもらった。ソニーのサイト「The Headphones Park」にて公開中のDE DE MOUSEと開発者たちによる対談記事と合わせて読んでもらうと、より知識が深まるのではないかと思う。

ここ数年来の音楽のトレンドとして、音圧を上げるということがずっと続いていました。そうなると、あまり繊細な音が作れなくなる。

―今日はDE DE MOUSEさんにいい音の楽しみ方について伺っていきたいのですが、ここ数年わりと積極的にハイレゾ音源の配信に取り組まれていますよね。

DE DE MOUSE:そうですね。昨年末にリリースした『farewell holiday!』がアルバムとしては5枚目なのですが、2012年の秋にリリースした4枚目『sky was dark』が、最初のハイレゾ配信でした。

―きっかけはなんだったんですか?

DE DE:よくお世話になっているハイレゾ配信サイト「OTOTOY」からの提案です。ここ数年来の音楽のトレンドとして、音圧を上げるということがずっと続いていたんですね。でも、音圧を上げるということは、「音が潰れる=音が割れる」なんですよ。その音割れを、いかにいろんな音を入れてごまかしていくかが、主流になっていました。そうなると、あまり繊細な音が作れなくなる。でもトレンドを無視すると聴いてもらえなくなるし、「音圧の低い音=音が小さい=しょぼい」と、ほとんどの人が感じてしまう。僕も、20歳くらいの頃はそう感じていて、どれだけ音を突っ込めるかで勝負する時期が続いていました。でも、ちょうど『sky was dark』を作っていた頃が、僕自身、そういうことから解放されたいなと思っていた時期だったんです。

―たしかに。J-POPが隆盛を極めていった1990年代以降は、音が大きくて音数も詰まっている派手な音楽のほうが、ラジオや有線放送などではリスナー受けがいいので、どんどん音圧を上げる方向に進んでいったと聞きます。そんな音圧戦争の呪縛から、開放されたいと。

DE DE:そこで、OTOTOYからお話をいただいた時、『sky was dark』を高音質用にマスタリングし直そうと。実際にCD音源とは違うマスタリングを施しました。あまりボリュームを上げず、音も突っ込まないようにして、自分がデスクトップで作っている曲のそのままの音をハイレゾで聴かせようと。

―CD用の音源とハイレゾ用の音源では、そもそもマスタリングから違うんですね。

DE DE:はい。僕は生音のレコーディングというのはほとんどやっていなくて、すべてMacBook Pro上で曲を作っています。そのマスター音源の素に近い、高音質でより聴きやすいマスタリングをして音を作り直したものを、ハイレゾ音源として配信するようになりました。

DE DE MOUSE
DE DE MOUSE

―ちょうど、DE DE MOUSEさんがハイレゾ配信に乗り出した2012年、2013年頃が、オーディオファン以外にも「ハイレゾ」という言葉が浸透し始めた時期でもありましたね。

DE DE:そうですね。でも僕自身は最初、リスナーとしてハイレゾなどの高音質音源を楽しむブームには、ちょっと懐疑的だったんですよ。音を仕事にしている人ならまだしも、みんなそんなに音の荒れとかを意識して音楽を聴くものなのかな? と。でも、ハイレゾが話題になるようになってから、ネットなんかを見ていると、一般リスナーの方から「CDとハイレゾは圧倒的に違う」という意見がたくさん出てきていると感じました。みんなが「いい音」に対して意識的になることで、「ちゃんと音楽を聴く環境」が増えていくし、選択肢が広がる。それは、とてもいいことだなと思ったんです。

―作り手としては、嬉しいことですよね。

DE DE:すごく嬉しいですね。じっくり音楽を聴く人が増えれば、流行に乗っていない音楽を作る機会が増えることにも繋がる。例えばDE DE MOUSEだったら、大多数のリスナーが僕の音楽に持つイメージは、ノリのいいダンスミュージック。だとすれば、やっぱりダンスミュージックのフォーマットに乗せなければならないから、音圧も上げなきゃいけない。でもそればかりで、他のことができなくなるのは嫌だったんです。『sky was dark』をハイレゾ化した時期は、みんなが求めるDE DE MOUSEの音楽から少しずつ逸脱して、自分のやりたい音楽に進み出した時期で。そんな自分の欲求が、高音質での音楽配信というキーワードとも直結したんですよね。

Page 1
次へ

詳細情報

DE DE MOUSEとソニー開発者が“h.ear”のワイヤれるモデルを語りつくす
The Headphones Park

DE DE MOUSEとソニー開発者が「h.ear」のワイヤレスモデルを語り尽くす。

製品情報

『h.ear on Wireless NC』
『h.ear on Wireless NC』

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-100ABN)
2016年3月12日(土)発売予定
価格:オープン価格

リリース情報

『h.ear in Wireless』
『h.ear in Wireless』

ワイヤレスステレオヘッドセット(MDR-EX750BT)
2016年3月12日(土)発売予定
価格:オープン価格

リリース情報

DE DE MOUSE『farewell holiday!』
DE DE MOUSE
『farewell holiday!』(CD)

2015年12月2日(金)発売
価格:2,376円(税込)
NOT-0011

1. friday comers
2. nice avalanche
3. farewell holiday!
4. thousand better things
5. thursday waltz
6. bedtime flight
7. a dozen raindrops
8. play tag
9. finally evening
10. wooden horse rendezvous
11. bloomy chorus
※「farewell holiday! member's card」封入

イベント情報

『farewell holiday! release party』

2016年2月28日(日)
会場:大阪府 ビルボードライブ大阪
[1]OPEN 17:00 / START 18:00
[2]OPEN 20:00 / START 21:00

プロフィール

DE DE MOUSE
DE DE MOUSE(ででまうす)

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムでリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drummer名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。国内だけでなく、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。2012年にnot recordsを始動。2015年12月2日に、5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)