特集 PR

木版画一筋を貫くアーティスト・遠藤美香のシンプルな生き方

木版画一筋を貫くアーティスト・遠藤美香のシンプルな生き方

『FACE展 2016(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:相良博昭

新人アーティストの登竜門として、4回目を迎える『FACE展(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』。857名におよぶ応募者から今年のグランプリに選ばれたのは、手の込んだ精緻な描写を特徴とする木版画家・遠藤美香だ。

インターネット上の画像で一見すると、ペンで描かれたモノクロの細密画のようにも見える遠藤美香の作品。しかし、それが彫刻刀を使って、巨大な版木に丹念に掘り込まれた「木版画」だと知ったとき、驚く人も多いのではないだろうか。

ルーツを辿ると奈良時代にまで遡り、20世紀の巨匠画家・棟方志功らによって現在まで受け継がれながら、あまりメジャーな表現形式とはいい難い「木版画」。今回は遠藤に、そんな「木版画」を現代においてあえて制作する理由、さらに彼女とその作品が備える孤高の佇まいの秘密について伺った。

巨大なベニヤ板に、半年間も彫り続けた「等身大の人物像」

―まずは『FACE展 2016(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』グランプリ、おめでとうございます。受賞作の『水仙』を拝見して、その大きさと描写の細さに驚きました。木版画なのに、遠藤さんの背丈よりも大きい(笑)。

遠藤:ホームセンターで買える一番大きなサイズのベニヤ板(縦182×横91センチ)を彫っています。制作中は板の上に乗って、下絵を描いた表面をひたすら彫刻刀で彫っていきました。墨をひいて紙に刷る工程だけでも、だいたい20分から30分程度。作品全体では、約半年の時間を費やしました。

『FACE展 2016(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』グランプリ 遠藤美香『水仙』2015年 木版画
『FACE展 2016(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』グランプリ 遠藤美香『水仙』2015年 木版画

―版画には、シルクスクリーンやリトグラフ(石版画)、エッチング(銅版画)など、さまざまな技法があると思います。なぜ、あえて手間のかかる木版画なのでしょうか?

遠藤:他の技法と比べると単純でわかりやすかったのと、安全だからです。銅版画やリトグラフは化学薬品を使わなければならないので……。酸で腐食させるとか危険なことはイヤだなと思ったんです(笑)。

―シンプルさを重視したんですね。木版画には、浮世絵のように多色刷りのものもありますが、遠藤さんの作品では一貫して墨一色のみが用いられています。これもそうした意図によるものなのでしょうか。

遠藤:はい。私自身が版を重ねて制作を行うことにストレスを感じてしまって、折り合いをつけられないのが主な理由です。多色刷りの場合は、赤は赤、青は青の板というように、複数の板を紙の上に重ねないといけないんですね。それがすごく大変で……。昔から工程を予測して制作するのが不得意で、器用なタイプでもないのでやめました。

遠藤美香
遠藤美香

―遠藤さんの技法は、日本人ならみんな小学校で習う、彫刻刀で版木を削り、墨で擦るという、伝統的なスタイルを追究されたものです。これは大学で本格的に学ばれたのでしょうか?

遠藤:大学進学を機に静岡から上京し、美術学科で油絵を学んでいたのですが、3年生のときに油絵、版画の2つのコース選択があって、せっかく大学に入ったので新しい知識を得ようと思い版画を専攻しました。それが本格的に版画をはじめたきっかけです。木版画に触れたのは小学校の授業以来でしたが、新鮮でおもしろかったです。

―いまどきの美大生だと、メディアアートやインスタレーションなど、目新しい表現手法に惹かれていく人も多いと思うのですが、当時、同じように木版画を専攻する学生はいたのでしょうか?

遠藤:あまりいなかったです(苦笑)。ただ、先生が木版画に使用する墨を、固形の状態から作る方法や、刷りに必要な「馬楝(ばれん)」という道具の作り方を教えてくれて。馬楝を完成させるには1年くらいの時間がかかるんですが、そうした作業と制作の往復のなかで、徐々に木版画への愛着が湧いていきました。

Page 1
次へ

イベント情報

『FACE展 2016(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』

2016年2月20日(土)~3月27日(日)
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)
料金:一般600円 大・高校生400円
※中学生以下無料

プロフィール

遠藤美香(えんどう みか)

1984年静岡県生まれ。日本大学藝術学部美術学科版画専攻卒業、愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画・版画領域修了。主な展覧会、受賞歴に『第28回上野の森美術館大賞展』(2010年)、『損保ジャパン美術賞展 FACE 2013』(2013年)、『第1回青木繁記念大賞西日本美術展 石橋財団石橋美術館賞』(2009年)、『シェル美術賞2011 本江邦夫審査員奨励賞』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも