特集 PR

GRAPEVINEインタビュー 傑作を生んでも歌の意味は語らない

GRAPEVINEインタビュー 傑作を生んでも歌の意味は語らない

GRAPEVINE『BABEL, BABEL』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:森山将人

「別に正解なんて求めてないですからね」と、田中和将は言う。その言葉がGRAPEVINEというバンドのあり方を象徴しているように思う。メジャーデビューから18年を経て、リリースされたニューアルバム『BABEL, BABEL』が14作目。メンバーチェンジやレーベル移籍など環境の変化はありつつ、旺盛に作品を発表してきた。とはいっても、決してわかりやすいスタイルやロールモデルに沿ってきたわけではない。毎回不定形に形を変えながら、ロックバンドとしての骨太な芯や生々しい感触、色気のある歌を追求してきた。

新作は<バベルの塔はきっと 懲りず積み上げられてゆくでしょうね>と歌う“BABEL”を筆頭に、現状の社会への鋭い批評性も垣間見える言葉が歌われる1枚。これが作られる背景にはどのような精神性があったのか。バンドの美学について掘り下げた。

わかりやすい構成の曲を、昔はやってたんですよ。でも、たぶんそれに嫌気が差したんです。(西川)

―GRAPEVINEの楽曲って、設計図のようなものが全く見えてこない感じがあるんです。パーツを組み立てているというよりは、もっと有機的な、肉のようなものを組み合わせているというか。

田中(Vo,Gt):そうおっしゃっていただけるとすごく嬉しいですね。というのは、僕ら自身、段取りを踏んで作ったような楽曲を聴いてても全然おもしろいと思わないんです。だからもちろん、そういう曲を作りたいとも思わない。

―それは、みなさんの中でのバンドに対する考え方、ロックに対する考え方と結びついているところだったりしますか?

田中:徐々にそうなってきたと思うんですよね。曲の1番と2番は違うことがしたいとか、曖昧だけど僕らなりの価値観は共有してると思います。

亀井(Dr):1曲で大きいストーリーみたいなものを見たいと思うんですよね。だから、「AメロがあってBメロがあってサビ。2番も全く同じAメロとBメロがあって、サビのあとは間奏になって、またBメロに戻ってサビ2回繰り返して終わり」みたいなわかりやすい構成の曲にはしないんです。

西川(Gt):昔はやってたんですよ。でも、たぶんそれに嫌気が差したんです。もっとさりげなくストーリーを描きたいと思うようになった。

田中:「もうええやろ、こういうのは」ってね。たとえば歌詞を書くときでも、「本当はこれ以上言葉を書きたくないのに、2番のBメロがあるから埋めなあかん」みたいなのはどうかなって思うんですよ。

左から:西川弘剛、田中和将、亀井亨
左から:西川弘剛、田中和将、亀井亨

西川:だから歌詞も抽象的になっていったのかもしれないですね。昔の方がもっと具体的だった気がします。内容とか情報量が多い歌詞を書いていたというか。

田中:やっぱり普通はそうなるよ。J-ROCKだって、ほとんどがそういう感じじゃないですかね。

亀井:セッションで作るようになってから、コードも少なくなったしパーツも少なくなったんだと思います。すごくシンプルになっていったんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

GRAPEVINE『BABEL, BABEL』
GRAPEVINE
『BABEL, BABEL』初回限定盤(CD+DVD)

2016年2月3日(水)発売
価格:4,320円(税込)
VIZL-925

[CD]
1. EAST OF THE SUN
2. Golden Dawn
3. SPF
4. Heavenly
5. BABEL
6. EVIL EYE
7. Faithful
8. Scarlet A
9. HESO
10. UNOMI
11. TOKAKU
[DVD]
・EAST OF THE SUN music video
・EVIL EYE music video
・VIDEOVINE vol.4 ~BEERVINE SPECIAL~

GRAPEVINE『BABEL, BABEL』通常盤
GRAPEVINE
『BABEL, BABEL』通常盤(CD)

2016年2月3日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64502

1. EAST OF THE SUN
2. Golden Dawn
3. SPF
4. Heavenly
5. BABEL
6. EVIL EYE
7. Faithful
8. Scarlet A
9. HESO
10. UNOMI
11. TOKAKU

イベント情報

『GRAPEVINE Tour 2016』

2016年4月1日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 赤坂BLITZ

2016年4月3日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:新潟県 LOTS

2016年4月9日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2016年4月10日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:熊本県 B.9 V1

2016年4月16日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:兵庫県 Kobe SLOPE

2016年4月17日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:静岡県 Live House浜松窓枠

2016年4月23日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2016年4月24日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:香川県 高松DIME

2016年5月7日(土)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:神奈川県 横浜Bay Hall

2016年5月13日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2016年5月14日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:石川県 金沢EIGHT HALL

2016年5月22日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:北海道 札幌PENNY LANE 24

2016年5月28日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2016年5月29日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年6月4日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:岩手県 盛岡 Club Change WAVE

2016年6月5日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:宮城県 仙台Rensa

2016年6月11日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 なんばHatch

2016年6月12日(日)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2016年6月19日(日)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity

料金:各公演4,500円(ドリンク別)

プロフィール

GRAPEVINE
GRAPEVINE(ぐれいぷばいん)

ブルースやソウルに耽溺していた早熟なボーカリストと、ビートルズやニール・ヤング、XTCに影響をうけたプレイヤーたちが大阪で出会う。彼らはマーヴィン・ゲイの曲から名前を借用し、ロックバンド「GRAPEVINE」を結成する。結成メンバーは田中和将(Vo,Gt)、西川弘剛(Gt)、亀井亨(Dr)、西原誠(Ba)。セルフリリースのカセットテープが注目をあび、1997年にポニー・キャニオンと契約。1997年9月、ミニアルバム『覚醒』でデビュー。2枚のスマッシュヒットシングル(“スロウ”“光について”)を含むアルバム『Lifetime』(1999)がチャートでTOP3にエントリーした。2002年に西原誠が脱退し、金戸覚(Ba)、高野勲(Key)がメンバーに加わった。2005年から、プロデューサーに長田進氏(Dr.Strange Love)を迎えて共同作業を行う。2014年、ビクター/スピードスターレコーズに移籍。そして2016年2月に最新アルバム『BABEL,BABEL』をリリース。さらに4月1日の赤坂公園を皮切りに、全国19会場を巡るツアーがスタート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を