特集 PR

MYTH & ROID、アニソンブームの一端を担ったTom-H@ckの反逆

MYTH & ROID、アニソンブームの一端を担ったTom-H@ckの反逆

MYTH & ROID『ANGER/ANGER』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也

悲しくて心が空っぽになって、もうひとりじゃいられないくらい苦しくなったとき、ストレートに表現された音楽に共感してきているから。(Tom-H@ck)

―MYTH & ROIDをやることは、今のTomさんにとって、音楽家としての正義である?

Tom:うん。で、その正義に基づいて動くということは、やっぱり感情的な表現をやることに繋がっていくのかもしれない。大人として処理しようとせずに、自分の中にあるものをそのまま出したら、こういう形になっているというか。今の時代って飾り付けされすぎてしまっていて、「悲しみ」を表現しようとしても、「悲しい」と言わない表現方法を好んだりするじゃないですか。でも、もっとストレートに言ってもいいんじゃない? と思うんですよね。

Tom-H@ck

―ストレートになにかを表現することって、アニソンの世界で裏方的な場所に居続けたTomさんにとっては、特に難しいことだったのかもしれないですね。

Tom:そうですね。でも、悲しくて心が空っぽになって、もうひとりじゃいられないくらい苦しくなったとき、そういうものが表現された音楽に、自分も共感してきているから。だからこそ、さっき言った「感情の最果て」を楽曲として表現する場をいつか手に入れたいんだという欲求は、これまでもずっとあったんです。それがやっとMYTH & ROIDで果たされるんだと思う。

―Tomさんをそこに向かわせているひとつの要因は、恐らく「自分=歌」であるMayuさんの存在ですよね。

Tom:うん、奮い立たせてもらっている感じはありますね。それに、さっきも言ったように僕には「自分がヒーローになりたい」という想いがないから、僕を踏み台にして誰かが上に行けるのであれば、それがすごく心地いいんです。「そのためだったら、俺なんでもするよ」みたいな、自分の中の仁義とか、人間としてちょっとクサい部分、情熱家な部分も出てきていて。そういうものも、楽曲的には表現されているかもしれない。やっぱり、このユニットは僕がどうこうより、Mayuにかかっているんですよ。彼女が、どのくらい求心力を持ったカリスマになれるか? だと思う。

私はフェミニズムを唱えている人に対して本当に共感しているし、パフォーマンスや楽曲でそういうことを表している人が理想なんです。(Mayu)

―Mayuさんのプロフィールに書かれている「影響を受けたアーティスト」って、BeyonceやP!nkなど、カリスマ性のある女性アーティストが多いですよね。

Mayu:そうですね。私はずっと女子校だったので、「こういうことは男の子に任せよう」みたいな考え方もないし、「クラスで一番かわいい子ランキング」みたいなことの対象にされたこともなくて。こうした環境で育ってきたからこそだと思うんですけど、私はフェミニズムを唱えている人に対して本当に共感しているし、パフォーマンスや楽曲でそういうことを表している人が理想なんです。むしろ、バラエティー番組とかを見ていると、日本は特殊だなって思う。

Mayu

―具体的に、どういった部分で?

Mayu:例えば日本のアイドルが音楽番組に出て歌うとき、露出の高い服を着ちゃった日には、「衣装やばくない?」みたいに言われるんですよ。でも逆に海外の、例えばBeyonceみたいな人って、露出の高い衣装を着ても、決してお客さんに性的消費をするためのコンテンツとして見られないんですよね。それは実績や影響力はもちろんですけど、Beyonce自身がきちんとしたフェミニズムの軸を持っているからだと思うんです。「男がいなくてもこれだけのことをやれるんだぞ」ということを、きちんとパフォーマンスで見せているからこそ、女性も男性もそこに性を挟まずに、彼女自身に魅力を感じて、彼女に引っ張られていく。幼い頃から強い女性や強い女性としてのパフォーマンスをしている人にすごく影響を受けてきたし、それが私の理想だと思っているんです。

―たしかに、日本では性に対する固定観念は強いし、特に女性アーティストの場合、性的な目線で消費されてしまう傾向も強いと思いますね。

Mayu:そうですよね。だから私は、“ANGER/ANGER”で「女の人だって怒っていいんだよ」ってちゃんと言いたいんです。私の歌を聴いて、自分の心の奥底にある、普段は抑えている感情を爆発させてもらいたいんですよね。もちろん、それは「怒り」だけじゃなくて、それがどんな感情であれそうさせたいから、この先もっと人間のいろんな感情の流れの物語を描けたらいいなと思います。

Tom:そうだね。だから、MYTH & ROIDはすぐに結果が出るようなユニットじゃないとも思っているんです。それこそ、2年間くらいかけて曲を並べていって、最終的にアルバムに辿り着いたとき、そこで頂点を迎えるユニットだと思う。もちろん、この不況下で音楽だけで勝負するなんて難しいし、商業音楽である以上、ただただ芸術であるわけにはいかないんだけど、だからこそ、今の時代は自分たちの正しいと思うことをやる必要があると思うし、その先で自分たちの描きたい物語を描けたらいいなと思いますね。

Page 3
前へ

リリース情報

MYTH & ROID『ANGER/ANGER』
MYTH & ROID
『ANGER/ANGER』(CD)

2016年2月24日(水)発売
価格:1,296円(税込)
ZMCZ-10447

1. ANGER/ANGER
2. ICECREAM QUEEN
3. ANGER/ANGER(instrumental)
4. ICECREAM QUEEN(instrumental)

イベント情報

『MYTH & ROID スペシャルミニライブ』

2016年2月27日(土)13:00~ / 15:00~
会場:愛知県 イオンモール常滑 ワンダーフォレストきゅりお内 ワンダーステージ

2016年2月28日(日)13:00~ / 15:00~
会場:広島県 アルパーク 東棟2階 時計の広場

2016年3月5日(土)START 13:00
会場:大阪府 タワーレコード泉南店

2016年3月5日(土)START 17:00
会場:大阪府 天王寺ミオ

プロフィール

MYTH & ROID
MYTH & ROID(みすあんどろいど)

ボーカリスト・Mayu、プロデューサー・Tom-H@ckを中心としたコンテンポラリークリエイティブユニット。インターナショナルで本格的なサウンド、鋭角的でキャッチーなメロディ、圧倒的なボーカルパフォーマンスを兼ね備えた気鋭のユニットである。2015年7月、TVアニメ『オーバーロード』EDタイアップ楽曲の1st Single『L.L.L』でメジャーデビュー。iTunes Storeジャンル別ランキングでは同時リリースのOP楽曲と合わせ1位、2位を独占。iTunes Store総合ランキングでは最高3位を記録。デビュー以来「インターナショナルな活躍に最も近いアーティストになるのではないか」との呼び声も高い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開