特集 PR

天真爛漫から引きこもりへ。熊木杏里が見つけた今日と明日の違い

天真爛漫から引きこもりへ。熊木杏里が見つけた今日と明日の違い

熊木杏里『飾りのない明日』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:中村ナリコ
2016/03/15

「熊木杏里」という名前を知らなくても、おそらく一度は彼女の声を聴いたことがあるだろう。ユニクロや資生堂のCMで流れていた、透明感がありながらもどこか悲しい響きを持つ歌声とメロディー。それらは多くの人に忘れがたい印象を残し、他にも多数の映画やドラマで楽曲が使用されるなど、様々な分野の映像作家たちに愛され続けている。これまでさほど目立ったプロモーション活動をしてこなかったにもかかわらず、気づけば国際フォーラムで2009年、2011年とワンマンライブを成功させ、その後も結婚・出産をはさみながらマイペースに活動を続ける熊木杏里。アーティストとして理想的な環境を得ることができたのはなぜか? 通算9枚目となるアルバム『飾りのない明日』をリリースする彼女に話を聞き、その秘密を探った。

自分の思いを言葉にするのは、「自分とはどんな人間なのか?」を知る上で、とてもいい作業でした。

熊木杏里の楽曲は、単なる「癒し」という言葉では表しきれない特別な力を持っている。そしてその力の秘密は、おそらく彼女のライフヒストリーに隠されているのではないか? 生い立ちから話を聞くと、「そこまで昔の話をする機会はあまりないんですけど……」と少し戸惑いながら語り始めた。

熊木:小さい頃から歌は好きでした。祖父が学校の先生だったのですが、歌が好きで生徒と一緒に歌を作ったりするような、クリエイティブな人だったんです。私が歌うとそれをテープに録音してくれるのが、幼いながらに嬉しかったんでしょうね。家族について描写した替え歌などをよく歌っていて、未だに祖父はそのテープを聴きながらドライブしているそうです(笑)。本格的に歌をやろうと思ったのは、高校を卒業してタレントスクールに通うようになってからですね。

熊木杏里
熊木杏里

―生まれたのは長野県更埴市(現・千曲市)で、上京して女子校に入学したんですよね。

熊木:はい。でもクラスの中にうまく馴染めなくて。流行りにも敏感じゃなかったし、話題にも乗り遅れがちというか、無理やり合わせるのもしんどくなっていったんです。長野にいた頃は活発で、天真爛漫が似合う少女という感じだったのが、高校に入ってから変わっていきました。年齢的にも微妙な年頃だし、環境も大きく変わったし。最初は、「自分がこんな、人に気持ちを伝えられなくなるなんて……」って戸惑いました。友達に対しての執着心が、強かったことにも驚きましたね。仲良くしたい子がいるんだけど、うまく仲良くなれなくて、その子が他の子と仲がいいとすごくジェラシーを感じたり。その気持ちを何とかしたいのに、どうにもできない。

―他人とうまくコミュニケーションができず、もどかしい時期が続いたんですね。

熊木:そんなときに父から、「うまく人と話せないなら、思い悩むだけじゃなくて、詩でもなんでもいいからとにかく吐き出してみたら?」と言われて。それでタレントスクールに通うことにしたんです。実際、自分の思いを言葉にするというのは、「自分とはどんな人間なのか?」を知る上で、とてもいい作業でした。友達とうまく話すことができなくても、自分とうまく話せるようになってきて、それが少しずつ歌詞になっていったのだと思います。

―自分と向き合う作業をするようになって、他人への執着心は少しは落ち着きました?

熊木:そうですね、むしろ「諦め」になっていった部分があって。内省を突き詰めていったことで、最初のうちは人から離れていきました。でもそれは心地良くもあったんですよ。自由になっていく感覚というのかな。だいぶ失ったものもあった気はしますけど、それも怖くなかったんですよね。それでこそ、言えることがあるんじゃないかって思いました。

―詩を書いてるときは、目指す表現者はいましたか?

熊木:やっぱり井上陽水さんに大きな影響を受けていると思います。陽水さんの歌詞って独特じゃないですか。月を見て「綺麗だな」って思ったときに、ただ単に「月が綺麗だ」って言うのではなく、言葉をもっと探してみようって。その言葉探しの旅こそが「自分探し」ということなのかなって思ったりして。年齢を重ねながら、そういうことをいつまでもありのままの姿で歌っていけるのがシンガーソングライターなのだとしたら、すごく自分に向いているなって思いました。

今考えると、フリーランスを経験するまでは「感謝知らずの女」だったと思います。

2001年、日本テレビで放送された『嗚呼!バラ色の珍生!!』の歌手オーディションに参加し、およそ5千人の応募者の中から見事グランプリを獲得した熊木は、2002年2月にシングル『窓絵』でデビューする。最初の音楽プロデューサーは、当時ドラマ『篤姫』や映画『冷静と情熱のあいだ』のサントラを手がけ、注目を集めていた吉俣良。彼には主にアレンジメントの面で支えられながら、2003年に1stアルバム『殺風景』、2005年に『無から出た錆』と順調にキャリアを重ねていく。当時の歌詞は、世間や他者に対して感じた壁や、抱いた猜疑心を綴ったものが多かった。それは女子校時代に孤立や孤独を深め、人一倍「誰かと繋がりたい」と思ったことの裏返しではなかったか。

熊木:それはありました。「自分はこんなふうに考えているのに、どうしてみんなわかってくれないのだろう?」っていう思いが、すごく炸裂していたと思います。

熊木杏里

―その思いを歌に表現することで、同じような思いを抱く人たちと共有できたという実感はありました?

熊木:「間違ってなかったんだ」というか、明るくてわかりやすくて「万歳!」っていう曲じゃなくても(笑)、共感してくれる人はいるんだなと思いましたね。ただ、ずっとそれでいいと私は思っていたわけじゃなくて。『無から出た錆』をリリースしたあとは、「この先に明るい世界はきっとあるはず」と思って、外へ出て行きたいという気持ちが強くなっていきました。そうすると、音楽もちょっと明るくなっていくんですよ。今思うと、反動的な部分もあったのかもしれないですけどね。閉じこもっていた自分が嫌だなと思って外へ出たものの、外に出れば出たで、また帰りたくもなったりして(笑)。

―そうやって、行き来しながら少しずつ前に進んでいるのですね。

熊木:今考えると、フリーランスを経験するまでは「感謝知らずの女」だったと思います(笑)。ずっと自分に向き合って曲を作っていると、周りの世界が見えなくなってしまうし、「ありがとう」の思いがなかなか生まれてこなかったんですよね。例えば、“私をたどる物語”という曲がドラマ『3年B組金八先生』に使われたり、それを聴いた中島信也監督が、CM音楽に起用してくれたり。自分の見えないところで確実に誰かがバトンを渡してくれているんだなって。それに気づけるようになって、自分の感覚もまた変わっていきました。

Page 1
次へ

リリース情報

熊木杏里『飾りのない明日』
熊木杏里
『飾りのない明日』(CD+DVD)

2016年3月16日(水)発売
価格:6,825円(税込)
YCCW-10274/B

[CD]
1. ハルイロ
2. くちびるの魔法
3. ライナーノーツ
4. 飾りのない明日
5. 白き者へ
6. 夏の日
7. 幻
8. 灯び
9. 今日を壊せ
10. 忘れ路の旅人
[DVD]
1. あなただった
2. 旅
3. Short film
4. イマジンが聞こえた
5. 最後の羅針盤
6. なごり雪
7. 誕生日
8. 生きている故の話
9. スカートマジック
10. 太陽の種
11. 逆光
12. 愛を
13. 春の風

熊木杏里『飾りのない明日』
熊木杏里
『飾りのない明日』(CD+DVD)

2016年3月16日(水)発売
価格:6,825円(税込)
YCCW-10275/B

[CD]
1. ハルイロ
2. くちびるの魔法
3. ライナーノーツ
4. 飾りのない明日
5. 白き者へ
6. 夏の日
7. 幻
8. 灯び
9. 今日を壊せ
10. 忘れ路の旅人
[DVD]
1. オルゴール
2. 戦いの矛盾
3. 0号
4. あなたに逢いたい
5. おうちを忘れたカナリア
6. 水に恋をする
7. 窓絵
8. わちがひ
9. 朝日の誓い
10. 君の名前
11. お祝い
12. クジラの歌
13. Hello Goodbye&Hello
14. 逆光
15. Flag
16. 冬空エスコート
17. ひみつ
18. 私が見えますか?
19. 忘れ路の旅人

熊木杏里『飾りのない明日』
熊木杏里
『飾りのない明日』(CD)

2016年3月16日(水)発売
価格:2,970円(税込)
YCCW-10276

1. ハルイロ
2. くちびるの魔法
3. ライナーノーツ
4. 飾りのない明日
5. 白き者へ
6. 夏の日
7. 幻
8. 灯び
9. 今日を壊せ
10. 忘れ路の旅人

プロフィール

熊木杏里
熊木杏里(くまき あんり)

シンガーソングライター。2001年『嗚呼バラ色の珍生!!』の歌手オーディションに参加し、グランプリを獲得。2002年2月『窓絵』でデビュー。2003年3月に1stアルバム『殺風景』をリリース。NHK朝の連続テレビ小説ドラマ『こころ』や『3年B組金八先生』の劇中挿入歌、資生堂やユニクロなど数々のCMソングにも起用され、『第47回 ACC CMフェスティバル』において特別賞ベストサウンズに選ばれる。2015年7月より放映されたアニメ『Charlotte』の最終話劇中で“君の文字”が流れ、SNS等の検索ワードでも急上昇し話題となる。2016年3月に9thアルバム『飾りのない明日』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾