特集 PR

Underworldが語る、ぎこちない関係を乗り越えた二人の友情物語

Underworldが語る、ぎこちない関係を乗り越えた二人の友情物語

Underworld『Barbara Barbara, we face a shining future』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

Underworldが前作『Barking』以来となる6年ぶりの新作『Barbara Barbara, we face a shining future』を完成させた。この6年の間に、カール・ハイドは初のソロアルバム『Edgeland』を発表し、2012年に開催されたロンドンオリンピックの開会式ではUnderworld名義で音楽監督を務めるなど、さまざまな課外活動を展開。長期のブランクを経て、ひさびさに取り組んだ新作は、新たなルール、新たなマインドの元にレコーディングが行われ、Underworldが30年目にしてさらなる未踏の領域を切り開いたことを実感させる仕上がりとなっている。「僕たち二人がこれまで本当の意味で『いい友人』だったことはなかったんじゃないか」とまで語るドラスティックな変化の背景を、カールの言葉と共に解き明かす。

Underworldと日本との深い絆

Underworldが『ミュージックステーション』で、新曲“If Rah”と代表曲“Born Slippy(Nuxx)”をプレイする。そんな情報にSNSがざわついたのは、日本とUnderworldの深い絆を改めて認識させられる出来事だった。もちろん、『Mステ』でもフィーチャーされていたように、今やオリンピックの開会式で音楽監督を務めるほどの世界的ビッグアクトであり、わざわざ日本との繋がりを強調しないまでも、テレビ出演が話題になるのは当然のこと。しかし、日本初の大規模野外レイヴとしてもはや伝説となっている1996年の『RAINBOW2000』をはじめ、『フジロック』『Electraglide』にはそれぞれ3度も出演(ソロ名義を除く)、そして東日本大震災直後には『SonarSoundTokyo』に急遽チャリティー出演するなど、特別な夜を何度となく共有してきたからこそ、Underworldは今も日本で多くの人々から愛され続けているのだ。

「あなたにとってUnderworldとの一番の思い出は?」と訊かれたら、その答えは人によって大きく異なるだろう。何せUnderworldの初来日は1994年。当時新宿にオープンしたリキッドルームのこけら落とし公演であり、日本とUnderworldの関係性はそれから22年に及ぶ。おそらく、映画『トレインスポッティング』が公開され、“Born Slippy(Nuxx)”が大ヒットした1996年当時のUnderworldが3人組であったことを知らない人も多いのかもしれない。1992年に加入したダレン・エマーソンは、Underworldの世界的な成功には欠かせなかった重要人物であったが、2000年に脱退。当初カール・ハイドとリック・スミスのデュオとしてのUnderworldを不安視する声もあったように思うが、彼らは2002年にアンセミックな“Two Months Off”を含む『A Hundred Days Off』でその不安を一蹴し、それ以来15年間世界のトップを守り続けてきた。

カールとリックの間には「ぎこちない関係性が続いてたと思う」

前述の「あなたにとってUnderworldとの一番の思い出は?」という問いに僕が答えるなら、カールとリックがデュオとして初めて登場した2003年の『フジロック』を挙げる。大雨の中、グリーンステージに集まった巨大なオーディエンスが彼らの曲に合わせて踊り、誇らしそうに肩を組んで声援に応えていた二人の姿は強烈に印象に残っている。デュオとしては15年、Underworldとして30年に及ぶ付き合いとなる二人の友情物語は、きっと語り尽くせないものがあるはず。しかし、新作『Barbara Barbara, we face a shining future』に関するインタビューの中で、カールは意外にもこんな言葉を口にした。「実は僕たちがこれまで本当の意味で『いい友人』だったことはなかったんじゃないかな」と。

カール・ハイド
カール・ハイド

カール:言うまでもなく、僕たちは長い間友達は友達だったんだ。でも、結構ぎこちない関係性がずっと続いてたんじゃないかと思う。ただ、この数年間で何かが起こったのか、そのぎこちなさがなくなって、お互いが真の友人だって呼べるようになった。その結果がこのアルバムなんだよ。僕はこのアルバムをすごく誇りに思ってるし、二人で今回のようにもの作りができたこと自体をすごく誇りに思ってるんだ。アルバムを聴いた人が「熱い情熱やエネルギーを感じた」って言ってくれるのは、まさに僕らの友情が音になって表れてるからだと思う。まあ、特別それを意識したわけではなくて、何も考えずに二人でノイズを鳴らしてるうちに、これになっただけでもあるんだけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Underworld『Barbara Barbara, we face a shining future』
Underworld
『Barbara Barbara, we face a shining future』日本盤(CD)

2016年3月16日(水)発売
価格:2,646円(税込)
Smith Hyde Productions / Beat Records / BRC-500

1. I Exhale
2. If Rah
3. Low Burn
4. Santiago Cuatro
5. Motorhome
6. Ova Nova
7. Nylon Strung
8. Twenty Three Blue(ボーナストラック)

プロフィール

Underworld
Underworld(あんだーわーるど)

カール・ハイドとリック・スミスから成るUnderworldは、世界で最も影響力のある草分け的エレクトロニックグループの1つとして20年以上活躍してきた。その20年間で、Underworldの音楽は、ダンスフロアを超越し、1990年代を代表するアイコン的映画(トレインスポッティング)から、2012年ロンドンオリンピックの開会式(彼らは音楽監督として抜擢された)まで、ありとあらゆるものに起用されてきた。厳密なレコーディングプロセスの成果となった7枚目のアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』では、Underworldの創造的再生が披露され、自然発生と狂乱を最高峰まで極めたUnderworldのすべてが凝縮されている。日本盤は2016年3月16日にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に