Underworld

あんだーわーるど
Underworld

カール・ハイドとリック・スミスから成るUNDERWORLDは、世界で最も影響力のある草分け的エレクトロニックグループの1つとして20年以上活躍してきた。その20年間で、UNDERWORLDの音楽は、ダンスフロアを超越し、1990年代を代表するアイコン的映画(トレインスポッティング)から、2012年ロンドンオリンピックの開会式(彼らは音楽監督として抜擢された)まで、ありとあらゆるものに起用されてきた。厳密なレコーディングプロセスの成果となった7枚目のアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』では、UNDERWORLDの創造的再生が披露され、自然発生と狂乱を最高峰まで極めたUNDERWORLDのすべてが凝縮されている。日本盤は2016年3月16日にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)