特集 PR

歌謡ポップス好きのハッカドロップスが推薦する、愛する歌BEST5

歌謡ポップス好きのハッカドロップスが推薦する、愛する歌BEST5

ハッカドロップス『衝撃リバイバル』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:田中一人

敬愛する人物は、山口百恵と安井かずみと加藤和彦。プロフィールを見て、いまの20代の女の子が好きなアーティストとは思えないその顔ぶれに「?」が浮かんだのが、マイのソロプロジェクト「ハッカドロップス」との出会いだった。そして、彼女のメジャーデビューシングル“衝撃リバイバル”を聴き、往年のグループサウンズ的サウンドと楽曲の圧倒的な歌謡曲感に新鮮な「衝撃」をくらった。元Superflyの多保孝一に見出された「ハッカドロップス=マイ」は、なぜ自分が生まれる前の歌謡曲を愛することになったのか? その答えと彼女が歌謡曲にこだわる音楽をやっている意味とヒントが知りたくて、彼女が好きなおすすめの1960、70年代歌謡ポップスを5曲選んでもらった。ただの興味本位の「リバイバル」ではない、ハッカドロップスの真髄が、そこから見えてきた。

“帰って来たヨッパライ”を、お母さんが家でいつも歌っていました。

―ハッカドロップスのデビューシングル“衝撃リバイバル”を聴かせてもらって、ちょっと驚きました。20代の若い女の子がやっている音楽としては、非常にレトロ。エッセンスを入れたというよりも……1960、70年代の歌謡曲そのままじゃないか! と(笑)。

マイ:あっ……はい(笑)。

マイ
マイ

―そこで気になったのが、マイさんの根っこの部分です。プロフィールにも「ハッカ飴と歌謡曲をこよなく愛する」とありますが、そもそも歌謡曲を聴くようになったのは、どうしてですか?

マイ:ほんとにちっちゃい頃なんですけど、The Folk Crusadersの“帰って来たヨッパライ”(1967年)を、お母さんが家でいつも歌っていて、お姉ちゃんと一緒に真似て歌い出したのがきっかけですね。

―“帰って来たヨッパライ”をいつも歌ってるお母さん……強烈ですね。山口百恵さんも敬愛するアーティストとして名前を挙げられています。

マイ:百恵さんの曲は友達もみんな知ってて、カラオケでも歌っていたから、昔の音楽を聴いているという感覚はなかったです。その後、ハッカドロップスをプロデュースしてくださっている多保孝一(元Superfly)さんに出会って、そこからさらに掘り下げていったんです。

―だから、プロフィールの敬愛する人物欄に、The Folk Crusadersの中心メンバーの加藤和彦、さらに山口百恵、安井かずみという、歌謡曲のレジェンドたちの名前が並んでいるわけですね。

マイ:はい。加藤和彦さんは、もっと後に聴いた“悲しくてやりきれない”(1968年)でお名前を知って。作品を遡ってみたら、“帰って来たヨッパライ”も、加藤さんが作ってたんだ! とわかったんです。他にも“あの素晴しい愛をもう一度”(1971年)は、学校で歌っていたし、振り返ってみると、すごく馴染みのある曲ばかりでした。だから、あえて歌謡曲や1960、70年代の音楽を聴いていたんじゃなくて、好きな曲を追いかけていたら、自分がやりたいのもそういう音楽だと気づいていった感じなんです。

歌謡曲は「私、捨てられたのよ」と、自分の気持ちをさらけ出すことを怖がらない女性像が格好いいんです。

―1960、70年代の音楽のどこに惹かれますか?

マイ:メロディーの音数が多くないのに、そこから想像できる風景やストーリーにすごく広がりがあるところです。歌詞に描かれる女性像も魅力的で、映画でも『吉原炎上』(1987年)とか、女の情念をわかりやすく描いた作品が好きなので、そういうところもリンクしているのかなって。

―たしかに、歌謡曲は女性目線の恋愛の歌が多いですよね。しかも一対一の男女の関係性が、とても濃厚に描かれ、感情の機微やひだを丁寧に追っている歌詞が目につきます。

マイ:そして「捨てられる」ことが多いですよね(苦笑)。それを「私、捨てられたのよ」と言ってしまうところが格好いいんです。強がりもあると思うけど、自分の気持ちをさらけ出すことを怖がらない……とくに山口百恵さんの曲に出てくる女性は、凛としていて愛情豊か。すごく母性を感じます。

―そういえば、“衝撃リバイバル”の歌詞にも大いなる母性にあふれた女性が描かれていますね。マイさんがそうなりたいという願望もあるんですか?

マイ:すごく憧れますね。私、古本屋で岩波文庫を探して読むのが大好きなんですけど……。

―それもすごく昭和らしいですね(笑)。

マイ:岩波文庫で『女の平和』(アリストパネス著、1975年)という、男たちの無意味な戦争を、女性が性的ストライキで止めさせる古代ギリシャの戯曲が出ていて。暴力で解決するのではない、女性の強さにすごく共感するんです。映画でも加賀まりこさん主演の『月曜日のユカ』(1964年)が大好きで、すごく奔放な女性がたくさんの男性と関係を持つんですけど、そこにあるのは男性を喜ばせたいというすごく純粋な気持ち。そこがステキなんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

ハッカドロップス『衝撃リバイバル』初回限定盤
ハッカドロップス
『衝撃リバイバル』初回限定盤(CD+DVD)

2016年4月20日(水)発売
価格:1,500円(税込)
SRCL-9019/20

[CD]
1. 衝撃リバイバル
2. 名古屋特急
3. 手紙(acoustic ver.)
[DVD]
・“衝撃リバイバル”PV
・“衝撃リバイバル”PVメイキング映像

ハッカドロップス『衝撃リバイバル』通常盤
ハッカドロップス
『衝撃リバイバル』通常盤(CD)

2016年4月20日(水)発売
価格:1,200円(税込)
SRCL-9021

1. 衝撃リバイバル
2. 名古屋特急
3. 手紙(acoustic ver.)

プロフィール

ハッカドロップス
ハッカドロップス

ハッカ飴と歌謡曲をこよなく愛する“マイ”率いるソロプロジェクト“ハッカドロップス”。YAMAHA SG7を肩にかけ、懐かしさと新鮮さの共存するサウンドで平成の世にハッカ飴を投じるべく活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ