特集 PR

無一文で日本縦断に成功したIris、辛いこともあった旅を振り返る

無一文で日本縦断に成功したIris、辛いこともあった旅を振り返る

Iris『I love me / good bye』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

いま日本で最も有名なマレーシア人は、彼女ではないだろうか。この3月まで放送されていた日本テレビ『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』で、北海道・宗谷岬から沖縄県・喜屋武岬までヒッチハイクで旅するコーナーに出演し、天真爛漫な笑顔で老若男女に愛されたIrisが、本業の歌手として4月27日にシングル『I love me / good bye』でデビューする。本人も出演するコーセー『雪肌粋 ホワイト洗顔 クリーム』のCMタイアップも決定し、シンデレラストーリーを駆け上がり始めた彼女は何者なのか。運命に身を任せるようにして不思議な人生を歩んできた彼女に、これまでのこと、これからのことを語ってもらった。

なぜIrisは、日本を活動場所に選んだのか?

東南アジアに位置し、約3000万人が暮らすマレーシアは、マレー系、中国系、インド系をはじめとする人々が入り混じる多民族国家。そのため国内では複数の言語が飛び交い、多くの人はマレーシア語と英語、そして自分の出自となる言語を操るマルチリンガルだ。首都・クアラルンプールで中国系の家庭に生まれ育ったIrisは、マレーシア語、英語に加え、北京語、広東語、福建語を使いこなし、日本語も現在習得中。まだ来日して1年あまりで日本語には若干たどたどしさが残るが、ときおり英語を交えながらインタビューに応えてくれた。

彼女が日本で脚光を浴びるきっかけとなったのは、昨年11月から日本テレビ『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』内で放送された『NIPPON優しさ旅』のコーナー。無一文の状態で、現地に住む人に声をかけて宿泊や交通を提供してもらいながら、北海道の宗谷岬から沖縄県の喜屋武岬まで旅する企画で、今年3月に無事ゴールした模様が放送された。番組内ではマレーシア出身の歌手ということしか紹介されていなかったが、なぜ彼女は日本で活動することになったのだろうか。まずはここから紐解いていこう。

Iris
Iris

Iris:子供のときから音楽が好きで、友達とカラオケにはよく行ってました。それで、高校を卒業した後にコンテストに参加したんです。そこでは負けちゃったんですけど、それを見ていたマレーシアの事務所の人から声をかけてもらって始まりました。

2011年に出場したコンテストをきっかけに音楽活動を開始したIris。2013年にはマレーシアで人気クリエイターとして知られるNameweeとデュエット曲“低低頭”を発表し、YouTubeで150万回以上の再生数を記録するなど話題に。同年には映画『冠軍歌王』で女優としてもデビューし、マカオで行なわれた映画祭の舞台に立つが、これが彼女の運命を大きく変えることとなる。

―日本には、どういう経緯で来ることになったんですか?

Iris:マレーシアで映画に出て、マカオで開催された『アジア・パシフィック映画祭』に行ったんです。そこで歌うことになったんですけど、それを見た日本の事務所の人がスカウトしてくれました。おもしろいよねー。

―普通、生まれ育った国を離れて活動するって、一大決心が必要だと思うんですけど、悩んだりしなかったんですか?

Iris:うーん、悩んだかなぁ? 日本が大好きだったし、チャレンジしたいと思いました。家族も「がんばってきなさい」と応援してくれました。たぶん、寂しいと思っていたでしょうけど、言えなかったんじゃないかな。

―日本には昔から興味があったんですか?

Iris:小さいときに、お兄ちゃんと一緒に日本のアニメをたくさん見ていたんです。『犬夜叉』が大好きです。『ポケモン』も見たし、『デジモン』も見たし、『ドラえもん』『ヒカルの碁』、たくさん見ました。

―日本の音楽も聴いていたんですか?

Iris:はい、いろいろ聴きました。好きなのは、玉置浩二さん。声がセクシーですよね。高校生のときに知りました。“To Me”(安全地帯が1986年に発表した『安全地帯V』に収録)という曲が好きです。この曲は、友達が聴かせてくれたアコースティックバージョンに入っていた1曲です。

Page 1
次へ

リリース情報

Iris『I love me / good bye』初回限定盤
Iris
『I love me / good bye』初回限定盤(CD)

2016年4月27日(水)発売
価格:1,900円(税込)
SRCL-9050/1

1. I love me
2. good bye
3. 上を向いて歩こう(ボーナストラック)
4. tell me(ボーナストラック)
※40ページ豪華写真集付き、三方背スリーブ

Iris『I love me / good bye』通常盤
Iris
『I love me / good bye』通常盤(CD)

2016年4月27日(水)発売
価格:1,300円(税込)
SRCL-9052

1. I love me
2. good bye
3. 上を向いて歩こう(ボーナストラック)
4. tell me(ボーナストラック)

プロフィール

Iris
Iris(あいりす)

マレーシアで生まれ育つ。歌手・女優として、2014年のアジア最大級の映画祭『APFF』に参加。現マネジメント会社に会場で見染められ、活動の場を日本に移すべく、2015年日本に移住。9等身の圧倒的なスタイルの良さと、透き通る歌声が魅力。マレー語・北京語・福建語・広東語・英語など、多言語を使いこなし、日本語も現在習得中。日本テレビ『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』で日本縦断ヒッチハイクの旅に出演。天真爛漫なキャラクターと、毎回号泣する姿が好評となり、「美少女ヒッチハイカー」とネットで話題に。あわせて、講談社主催の『ミスiD2016』も受賞。2016年4月27日にソニー・ミュージックレーベルズより『I love me / good bye』でデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー