特集 PR

大切な人の手を握りたくなる odolが語る、人生の師匠への想い

大切な人の手を握りたくなる odolが語る、人生の師匠への想い

odol『YEARS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子
2016/05/18

手元の小さな画面の中に膨大な情報が溢れ、日々刺激を受け取りながら生活をする現代。そんな暮らしの中で逆に気付かされるのは、実際に人と会って話をするということが、画面上の何倍、何十倍もの情報を自分に与えてくれるということだ。僕が旅に出る理由は大体百個くらいあるが、そのひとつは間違いなく「誰かに会いたいから」。人との出会いによってもたらされる財産の価値を、僕らはいま一度噛みしめる必要がある。odolの新曲“years”は、そんなことを考えるきっかけをくれた。

福岡出身で、中学からの同級生であるミゾベリョウと森山公稀を中心とした5人組・odol。シューゲイズなギターサウンドはオルタナ風味だが、鍵盤担当の森山がソングライティングの軸を担っていることもあり、メロディーはあくまでポップス的で、「時間が過ぎることの悲しさと、それがゆえの愛おしさ」という普遍的なテーマを描くミゾベの歌詞もまた、ポップス的な性質を持つ。彼らの2ndアルバム『YEARS』は、そんなバンドの持つ本質がより露わになった作品だと言っていいだろう。CINRAでの初インタビューとなる今回は、ミゾベと森山にこれまで二人が重ねてきた年月を改めて振り返ってもらった。

YMOのサウンド的な部分というより、そのスタンスとか生き様に影響を受けていますね。(森山)

―最初にちょっとざっくりした質問をさせてもらうと、「odolはオルタナですか? ポップスですか?」と訊かれたら、なんて答えますか?

ミゾベ(Vo,Gt):前はポップスだと思ってたんですけど、最近わからなくなってきていて……。

森山(Pf,Syn):ちょうどその話題をメンバーの中でしていたところです。

ミゾベ:ホットな話題です(笑)。

ミゾベリョウ
ミゾベリョウ

森山:外から見たら「ロックバンド」の形態でやってきたんですけど、自分たちがやりたいことをやるのに、それが一番適してるのかどうか、あんまり自覚的じゃなかったと気づいてしまったんですよね。それをちゃんと自覚できたら、もしかしたら作るものも変わるかもしれないし……っていう、ちょうどそこが僕らとしても気になってるタイミングで。

―面白いですね。そもそもこの話は、「オルタナ」とか「ポップス」って言葉をどう解釈するのかという問いでもあるわけですけど、その辺りはいかがですか?

森山:ポップなサウンドではないかもしれないけど、「僕たちがやってるのはポピュラーミュージックだよね」というポップな精神を前提としてるから、そういう意味でodolはポップスだと思うんです。

―森山くんはルーツとしてよくYMOの名前を挙げていますよね? 彼らはまさにオルタナな姿勢とポップスの精神を兼ね備えていたと思うんですけど、そういう立ち位置みたいな面でも影響を受けているわけですか?

森山:そうですね。僕自身、そのバランス感覚にはかなり影響を受けてますし、odolとしても、サウンドよりはそのスタンスとか生き様に影響を受けています。例えば、メンバー一人ひとりの価値が確立されていて、誰か一人だけが目立っていないところとか、三者三様のバックグラウンドがある中で、新しいことをやるかっこよさとかに憧れますね。指標のような存在です。

森山公稀
森山公稀

―ミゾベくんにとっては、そういう指標となるような存在はいますか? 他のインタビューでは音楽の入口としてミスチルが大きかったことをよく話しているとは思うんですけど。

ミゾベ:「この人のやり方いいな」とか「考え方に共感できるな」って思うことはあるんですけど、「この人みたいになりたい」と思ったことはあんまりないかもしれないです。いいところはちょっとずつ真似したいと思うんですけど、例えば、銀杏BOYZみたいにはなりたくてもなれないじゃないですか(笑)。あくまで自分ができることをやりたいと思ってます。

僕と森山共通の師匠みたいな人がいて、その人の言葉はいまでも自分たちの指標になってるんです。(ミゾベ)

―二人の関係性についても改めて訊かせてください。もともと中学からの同級生で、高校から一緒にバンドをやり、音楽をやるために一緒に東京の大学に進む予定だったのが、森山くんが一浪して、1年後に本格的な活動を始めたそうですね。そもそも、音楽のために福岡から上京することに迷いはなかったのでしょうか?

森山:なかったですね。そこはもしかしたら福岡という場所が関係してるのかもしれない。福岡には大人になってもバンドをやってるかっこいい人が多いなって思ってたんです。例えばボギーさん(nontroppo / ヨコチンレーベル代表)はかっこいい大人の象徴というか、遊んでるように見えてちゃんとしていて、音楽もかっこいい。僕たちはそういう人たちの一番下に混ぜてもらって、そこにいること自体が楽しかったので、「当然バンド続けるよね」みたいな感じになってました。

ミゾベ:さっき「この人みたいになりたい」と思ったことはあんまりないって言いましたけど、僕と森山共通の師匠みたいな人がいて、その人の言葉はいまでも自分たちの指標になっているんです。未だに森山と二人でいるとその人の名前が出ない日はないぐらいで、その人と共有した多くの時間とか教えてもらったこととかは、自分たちの武器になっていると思います。

Page 1
次へ

リリース情報

odol『YEARS』
odol
『YEARS』(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UKCD-1162

1. years
2. グッド・バイ
3. 綺麗な人
4. 逃げてしまおう
5. 17
6. 退屈
7. ベッドと天井
8. 夜を抜ければ

イベント情報

『odol 2nd Album「YEARS」release party「Center Lesson」』

2016年7月17日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:
odol
Predawn
Taiko Super Kicks
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

プロフィール

odol
odol(おどる)

ミゾベリョウ(Vo,Gt)、井上拓哉(Gt)、Shaikh Sofian(Ba)、垣守翔真(Dr)、森山公稀(Pf,Syn)による5人組バンド。東京にて結成。2014年2月に1st ep『躍る』、7月に2nd ep『生活/ふたり』をbandcampにてフリーダウンロードで発表(※現在は終了)。同年、『FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO』に出演。2015年5月20日に1st Album『odol』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送