特集 PR

ネットで生計立てられる? マルチネ×TuneCore×CAMPFIRE

ネットで生計立てられる? マルチネ×TuneCore×CAMPFIRE

TuneCore Japan
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小見山峻 編集:柏井万作

かつては一面的だった幸せのモデルが崩れ、生き方・働き方の多様化が進む中にあって、当然アーティスト活動のあり方にも変化が起きつつある。もちろん、かつてのように大手の事務所に所属して、メジャーのレコード会社から大ヒット曲を出し、世界中をツアーして回る生活を夢見る人もいるだろう。しかし、それを叶えることのできる人はあくまで一握りであって、生活のための仕事をしながら、その一方で自分が本当に作りたい作品を作り、継続的に発表できるという生き方も、多くの人にとっての現実的な幸せであるように思う。いま求められているのは、そのための仕組み作りなのだ。

世界中の配信サイトでの楽曲販売をサポートするTuneCore Japan、日本におけるクラウドファンディングの先駆けを担ったCAMPFIREといったネットサービスは、多様化するアーティストのあり方に対して、これからますます重要な役割を果たすことになるはず。特に、CAMPFIREは今年に入って手数料を大幅に下げるなど、「個人が発信する手段としてのネットサービス」を見つめ直そうとしている。果たして、こういった動きは何を意味しているのだろうか? TuneCore Japan代表の野田威一郎、CAMPFIRE代表の家入一真、そして、アーティスト代表として、昨年10周年を迎えたマルチネレコーズ代表のtomadを迎え、ネットサービスの今後について語り合ってもらった。

日本では「ストリーミング元年」と言いながらも、すでに世界とはまたずれつつあるっていう、そういう現状だと思いますね。(野田)

―TuneCore Japanのサービス開始から約2年半が経過しました。現在の利用実態はどのようになっているのでしょうか?

野田:現在は僕ら経由で約20万曲が世に出ていて、毎月アーティストに還元する金額が月次5千万円くらいです。なので昨年末で、累計の還元金額は6億円を超えてきて。配信先は32サイトで、国で言うと100か国以上なので、やっとですけど、徐々に規模感が出てきたかなって。去年はストリーミングサービスが増えたので、それを一つひとつ足していって、今年中には国内のサイトがほぼ網羅できると思います。次はアジアとか、日本以外の国の配信先ももっと増やしていきたいですね。

野田威一郎
野田威一郎

―まさに、昨年は日本におけるストリーミング元年と言える年になりましたよね。野田さんはいまの状況をどう見ていらっしゃいますか?

野田:「やっと始まったな」って感覚です。でもまだどこの会社も試行錯誤していますし、これからどうしていこうかっていう、スタート期だと思います。海外でも変化は続いていて、向こうではすでにストリーミングの先、無料で聴けて、それをどうマネタイズするかっていう動きになってきてるんですよね。昔のモバゲーみたいに、無料で遊べて、広告費で賄うっていう、アドストリーミングの形が増えつつあるんです。なので、日本では「ストリーミング元年」と言いながらも、すでに世界とはまたずれつつあるっていう、そういう現状だと思いますね。

―では、CAMPFIREの利用状況はどのようになっていますか?

家入:クラウドファンディングは、思ったより市場規模が広がらなかったなっていうのが正直なところです。国内の市場は50億円ほどと言われてて、その中にプラットフォーマーがいっぱいいて、小っちゃいパイを取り合ってる状態なんですよね。ただ、僕はまだまだこれから伸びると思っていて、特に個人が個人を支援する、体験や物を購入することで応援する、といったケースはもっと広がっていくはずで。そこでCAMPFIREが何をアピールできるのか、日々模索しています。

家入一真
家入一真

―そんな中で、今年の2月に手数料を20%から5%に引き下げる発表がありましたね。

家入:クラウドファンディングってどうしても、企業が関わるような大きな金額の案件が注目を集めるんですけど、僕はホントに重要なのは個人がお金を集められることにあると思ってるんです。インターネットの本質は誰でも発信できるってことなので、クラウドファンディングに関しても、そういう個人が何か一歩を踏み出せるようになってほしい。そのためには、1円でも多く返してあげるべきだと思うので、5%にしたんです。個人に寄り添った形でサービスを広げていきたいんですよね。そういえば、tomadくんもクラウドファンディングやってましたよね?

tomad:はい。PICNICっていうクラウドファンディングプラットフォームを作って、合計900万くらい集めて、アーティスト主導でCDを作ったり、イベントを企画していたりしました。大きいプラットフォームは他にもあるので、こっちは身内というか、マルチネのコミュニティーをどう先につなげていけるか、みたいなことを考えてやった感じです。

tomad
tomad

家入:今は一旦停止してる?

tomad:そうですね。少人数で運営していてあまり手も広げらない現状と、決済のシステムとか、法律の問題とか、やっぱりいろいろハードルがあるんですよね。あとアーティストがクラウドファンディングを使うメリットとデメリットも見えてきて、デメリットで言うと、出資してくれた方へリターンを返さなきゃっていう切迫感が強いのと、それに伴った事務作業に追われて作品作りに集中できなくなっちゃうこともあるなって。もちろん、メリットとしてはリスナーからアーティストに直接お金が入ることで、レコード会社と印税何%で契約するよりも、より多くのお金が入ってくる場合もありますよね。

家入:企業の方から「一緒にやりませんか?」って言われて、一回やるじゃないですか? そうすると、必ず「次は自社でプラットフォームをやりたい」っていう方向に行くんですよ。でも、実際にやってみると意外と大変で、3つくらいで終わるっていうパターンが多い。つまりクラウドファンディングの問題って、単発で終わっちゃうことなんです。結局関係性が持続しない。

―そういう課題があるんですね。

家入:それを解決するためには、tomadくんがやってるみたいに、もっとコミュニティーになっていかないといけないんです。マルチネみたいなコアなファン層を持っているところが独自のクラウドファンディングをやるっていうのは、ひとつの流れとしてすごく正しいと思うんですよね。

Page 1
次へ

プロフィール

tomad(とまど)

インターネットレーベル「Maltine Records」主宰。2006年頃からラップトップを使ったDJ活動開始。都内を中心にLIQUIDROOMやUNIT、AIR、MOGRAなど様々なクラブでプレイ。2009年から都内のクラブにて年数回のペースで自身レーベルのイベントオーガナイズもしている。

野田威一郎(のだ いいちろう)

東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2011年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。

家入一真(いえいり かずま)

福岡出身。株式会社CAMPFIRE代表取締役。2001年株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を創業後、JASDAQに上場。その後、株式会社CAMPFIREを創業、代表に就任。他にもオンザコーナーなどのカフェ運営を行うpartycompanyや、スタートアップへの投資を行うpartyfactory、ECプラットフォームBASEの創業など。シェアハウス「リバ邸」を日本各地に立ち上げるなどの活動も行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化