特集 PR

坂本美雨×CANTUSによる、人を笑顔にする「子守唄」のススメ

坂本美雨×CANTUSによる、人を笑顔にする「子守唄」のススメ

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織 編集:野村由芽

私の新しい歌い方、新しい声を美帆ちゃんが見つけてくれた気がしているんです。(坂本)

―太田さんにとっても、歌は日常的なものだと言えますか?

太田:CANTUSには、普段から家で好きな音楽を聴いているメンバーって、たぶん一人もいないです。子どもの頃から音楽が生理現象と同じくらい日常で、「習い事と思うな。あなたたちはプロだ」ってずっと叩きこまれてきたので、音楽は聴くものじゃなく、自分が発するものだって感覚が体に染みついているんですよね。あまり音楽を聴かないことが自分たちの弱点かなとも思うんですけど……。

坂本:でも、歌のことはホントによく知っていますよ。世界の宗教音楽なんて普通の人は知らないじゃない?

太田:そのソースは、すっごく古い楽譜なんです。紙袋に入っているたくさんの楽譜が私たちの財産で、そのレパートリーだけでここまで生きてきたから、なかなか広げられていないんだけど……。でもその楽譜が相当奥深くて面白いんですよね。

坂本:いろいろな歌を知ってるから話が早いというか、美帆ちゃんがコーラスの譜面を書いて、ほぼその場で合わせられるからすごいよね。

太田:でもね、メンバーの半分くらいは楽譜読めないよ。

坂本:ウソ! みんなバッチリ一発で合わせるじゃん?

太田:みんな耳で覚えてるから。お恥ずかしながら、「ヘ音記号わかんないんで、片仮名ふっていいですか?」みたいな(笑)。

太田美帆

―それでもできちゃうのがすごいですね(笑)。それだけ、歌い手として一流だってことだと思うんですけど。

坂本:それに今回、私の新しい歌い方というか、新しい声を美帆ちゃんが見つけてくれた気がしているんです。今まで、無意識な歌い方の癖があったと思うんですけど、「それを取っ払った美雨さんの声の方が好きだ」って導いてくれて。

―それはどういう声ですか?

坂本:例えば、子守唄を歌い上げる人っていないじゃないですか? お母さんたちはみんな無意識に、できるだけ声を抑えて、高い音でも声が大きくならないようにしていると思うんですけど、そういうふうに歌った声がきれいだって言ってくれたんです。

左から:坂本美雨、太田美帆

太田:子守唄って、ソプラノ歌手の人が朗々ときれいに歌い上げても、子どもには届かないと思うんです(笑)。子どもを寝かしつけるには、低音域から中音域で囁くように、しゃべる延長線で歌っているはずだから、美雨さんがそういう表現をしてくれたら、もっと日常の歌に近づくと思ったし、他のお母さんにも響くものになるだろうと。

坂本:でも、声って張らないとコントロールしづらくて。

太田:地声と裏声の境目があって、そこにメロディーが乗っていると、どちらの声帯を使ったらいいのか曖昧になるんです。だから、私たちが「最高!」って思った声も、美雨さんからすると「これで大丈夫?」っていう感じだったかもしれないですね。

坂本:私はデビューの頃から高音域の曲が多かったので、中音域がずっと苦手だったんです。「坂本美雨って言ったらこういう感じだよね」っていうふうに、得意な音域で満足していた部分があるんですけど、今回はすごく不安定な中音域で囁くように歌うという、自分にとって難しいことにチャレンジしました。だからいわゆる「上手い歌」ではないと思うんですけど、「今回のコンセプトはそういうことじゃないよね」って。

太田:ただ、やっぱり美雨さんがボイストレーニングで体の基礎を作っているからこそ、難しいことをお願いしても応えてくれると思ったんです。基礎がない人だったら、結果は全然良くなかったと思います。

坂本:それに、みんなのコーラスの支えがあったからこそ可能だったとも思います。

―CANTUSとしてはどんな役割を担おうとしたのでしょうか?

太田:私たちは背景でいるのが好きなんです。控えめに言っているわけじゃなく、個性を消して、歌ってくれる人と光合成するみたいな作業がすごく好きなんですよね。もちろん、背景がしっかりしていないと、歌う人も楽しくないから、私たちも常に勉強しないとダメ。今回も美雨さんに120%の力を出してもらうために、めっちゃ影練やってます。

―やっぱり体育会系のノリなんですね(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』
坂本美雨 with CANTUS
『Sing with me』(CD)

2016年6月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
YCCW-10277

1. 星めぐりの歌
2. ノスタルジア
3. When You Wish Upon A Star ~星に願いを~
4. pie jesu

イベント情報

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』リリース記念イベント

2016年7月3日(日)12:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店

プロフィール

坂本美雨 with CANTUS
坂本美雨(さかもと みう)

1980年生まれ。1990年に音楽家である両親と共に渡米。ニューヨークで育つ。1997年「Ryuichi Sakamoto feat. Sister M」名義でデビュー。以降、本名で音楽活動を開始。2013年初のベストアルバム『miusic - best of 1997~2012』を発表。音楽活動の傍ら、演劇出演、ナレーション、執筆も行う。2015年7月に第一子となる女児を出産。動物愛護活動をライフワークとし、大の愛猫家である。

CANTUS(かんとぅす)

幼なじみで結成された9人の女子聖歌隊。東京出身。グレゴリオ聖歌やルネサンス音楽をメインレパートリーとしている。CMや映画音楽を数多く担当。坂本美雨のほか、フィッシュマンズや中島ノブユキ等のコーラスも行なう。「CANTUS」とはラテン語で「歌」という意味。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材