特集 PR

LUCKY TAPES×toe美濃「好きなこと」と「生活」のバランス

LUCKY TAPES×toe美濃「好きなこと」と「生活」のバランス

LUCKY TAPES『Cigarette & Alcohol』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

LUCKY TAPESが会心のニューアルバム『Cigarette & Alcohol』を完成させた。現行の東京インディーシーンの潮流に乗って、ブラックミュージックをベースにしたコンテンポラリーなポップミュージックをクリエイトし、着実に多くのリスナーの支持を集めている彼らだが、本作は決定打というべき内容になっている。アレンジの振れ幅は広がり、ホーンセクションやストリングス、パーカッションなどのサポートメンバーを擁する大所帯のアンサンブルとグッドメロディーは、熟成された説得力を帯びている。英語から日本語へ主体をシフトチェンジした歌詞もポイントだ。

本作にミックス&マスタリングエンジニア及び共同プロデューサーとして参加しているのが、美濃隆章である。美濃は海外からの評価も高い日本を代表するポストロックバンド、toeのギタリストである一方で、レコーディングエンジニアとしての腕も名高く、toeの諸作のみならずクラムボンやbonobosなど数多くのバンドの音を構築してきた。美濃の的確なエンジニアリングによって浮かび上がる生々しく立体的な音像が、『Cigarette & Alcohol』の充実した聴き応えを担保しているのは間違いない。

2組の出会いやレコーディングのエピソードはもちろん、互いのバンド活動のあり方まで、LUCKY TAPESのメンバー三人と美濃に語り合ってもらった。

(LUCKY TAPESは)ポピュラリティーのある音楽でありつつ、今の若者らしい感性も感じられた。(美濃)

―あきらかに熟成された音と歌が鳴っていて、LUCKY TAPESの洗練された音楽性が生々しく立体的に浮かび上がっていると思いました。そういう意味でも、美濃さんがエンジニアと共同プロデューサーとして参加したことはとても大きなポイントだと思います。まずはメンバー三人が覚えている本作の手応えから聞かせてください。

高橋海(Vo,Key):初めてスタジオでレコーディングした『Touch!』(2015年4月発売、7インチシングル)の頃から、バンドの理想的な音像はあったんですけど、そこになかなかたどり着けなくて。ようやく今作でたどり着けた手応えがあります。録り音もそうですし、曲作り、歌詞、アレンジとかなにもかも。LUCKY TAPESでやりたかったことが確立された作品だと思うし、ひとつの節目となるアルバムになったと思います。

高橋海"
高橋海

―個人的にLUCKY TAPESの音楽性にはどこか中性的なイメージが先行していたんですけど、あきらかにタフになったなと。

:だいぶ攻めてますよね。そういった面でも手応えを感じています。

高橋健介(Gt):僕もアレンジやギターのフレーズ、音色に関して、「これでいいのかな?」という迷いが一切なくて。自信をもって提示できるアルバムになりました。

高橋健介
高橋健介

田口(Ba):バンドの殻を破ることができたアルバムになったと思います。プレイヤーとしては、『The SHOW』(2015年8月発売、1stアルバム)のときよりも歌に寄り添っていて。

:前はベースが一番前で歌ってたよね。

田口:そうだね。今回は歌に対するいいベースラインを、時間をかけて考えて。悩んだし難しかったけど、結果的にかなりの手応えがあります。

右:田口恵人
右:田口恵人

―LUCKY TAPESと美濃さんとはどのように出会ったんですか?

美濃:もともと僕がLUCKY TAPESのレーベル(rallye label)を運営している近越さんと知り合いで。rallyeに所属しているnumber0というバンドのエンジニアを、僕が手がけたことがあったんですよ。その流れもあって、近越さんからLUCKY TAPESのデモを聴かせてもらったんです。それまで彼らのことは知らなかったんですけど、デモの完成度が高くて、すごくいいバンドだなと思いました。話が始まったのはそこからですね。

美濃隆章
美濃隆章

―LUCKY TAPESの音楽性にグッときたポイントはどんなところでしたか?

美濃:パッと聴いたときにメロディーがスッと入ってきて。ポピュラリティーのある音楽でありつつ、今の若者らしい感性も感じられて、そのバランスがすごくいいなと思いました。

:これは美濃さんにオファーした理由でもあるんですけど、美濃さんがエンジニアとして参加しているChara×韻シストの『I don't know』(2014年10月発売)というEPがリリースされた当時、メンバーと共有して、「この音に近づけたいね」って話をしていたんです。音の作り方も、録り音も理想的で。今作のデモが何曲かできた段階で手応えを感じていたので、思い切って美濃さんにお願いしました。

―あのEPの音も洗練されているんだけど、生々しい質感がありますよね。

美濃:そうですね。曲もプレイも違うので、もちろん同じようにはならないですけど、どういう音のバランスを理想としているのかは理解できたので、なるべくそういうニュアンスは残そうと意識しました。

Page 1
次へ

リリース情報

LUCKY TAPES『Cigarette & Alcohol』
LUCKY TAPES
『Cigarette & Alcohol』(CD)

2016年7月6日(水)発売
価格:2,700円(税込)
RYECD-260

1. LOVE LOVE
2. Mr. Robin
3. レイディ・ブルース
4. 贅沢な罠
5. パレード
6. ミルク
7. 夜想曲
8. MOON
9. スローモーション
10. TONIGHT!

プロフィール

LUCKY TAPES
LUCKY TAPES(らっきー てーぷす)

高橋海、田口恵人、高橋健介の3人組。2015年にデビューアルバム『The SHOW』をリリース。新人としては異例とも言える大ヒットを記録し、翌月に渋谷WWWにて開催された初のワンマンライブもソールドアウト。その後の全国ツアーでも各地でソールドアウトが相次ぐなど、話題を集める中、2016年1月には早くもニューシングル『MOON』をリリース。7月8日には、エンジニアにtoeの美濃隆章氏を迎えた待望のニューアルバム『Cigarette & Alcohol』をリリース。

美濃隆章(みの たかあき)

ポストロックバンド・toeのギタリスト。元POP CATCHER、REACHのメンバー。レコーディングエンジニアとして、toe、クラムボン、bonobos、Spangle call Lilli lineなど、様々なバンドの音源に携わる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性