特集 PR

女子高生のみきなつみ、音楽業界のオトナたちの言葉に困惑する

女子高生のみきなつみ、音楽業界のオトナたちの言葉に困惑する

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:関口佳代 編集:矢島由佳子

弱冠18歳、現役高校3年生のシンガーソングライター・みきなつみ。小さな体で大きなアコースティックギターを抱えながら歌う彼女の姿を初めて観たとき、驚いた。ひとりの少女が、世界になにかを語り掛けること。それが、こんなにも重く切迫感すら伴って響くのかと驚いたのだ。なにか社会的なメッセージを掲げているわけでも、巨大なファンタジーを語るわけでもない。ただ、彼女は目の前にある日常を――たとえば、気になる男の子のことや、友達との毎日を、歌っていた。そのごく平凡な日常は、あらかじめ失われることが決まっていて、だからこそ、彼女は「今、この瞬間」を歌にしなければ気が済まない。そんな切実さが、そこにはあったのだ。

去年、10代限定のフェス『未確認フェスティバル』のファイナリストとなり、同世代から注目を集め始めている彼女。話してみれば本当に素朴な18歳の女の子で、だからこそ、彼女が歌で伝えようとする想いは、絶対に失われてはならない宝物のようにも思えてくる。青春はいつか終わる。そのことを知りながら、みきなつみは自分の胸から湧き上がる声を歌に変えて、その行く先を、そっと見つめている。

私は、ずっと「意志がないよね」って周りに言われてきたんです。

―5月の『exPoP!!!!!』のライブでは、翌日が体育祭だって言っていましたよね。最近は学校でなにかありましたか?

みき:昨日、文化祭の出し物を決めるのに、委員のクラス代表の子が熱を出して休んじゃって。それで、私が代役でプレゼンに出たんです。みんなで話し合って、もう、ノート2枚分ぎっしりまとめて、「絶対に勝てる!」っていう準備をしていって。そしたら……負けたんですよ!

―ははは(笑)。

みき:もう、悔しくて! 人生で最後の文化祭ですよ?

みきなつみ
みきなつみ

―みきさんのクラスはなにがやりたかったんですか?

みき:お化け屋敷です。私の学校は1学年9クラスあるんですけど、全27クラスあるうち、20クラスが「お化け屋敷をやりたい」って言ったんですよ。その中でお化け屋敷をやれるのは、たった4クラスだけなんです。本当に悔しい! 私たちは真面目にプレゼンしたのに、結局、ノリでプレゼンした男子に負けて!

―ははははは!

みき:このクラスでお化け屋敷できるの、人生で最後だったのに……。結局、私たちがやるのは「プーさんのハニーハント」に決定したんですけど、それは絶対に頑張ります。

―はい(笑)。学校で周りを見渡してみて、みきさんのようにギターを持ってライブ活動をする人っていますか?

みき:ギターを弾いている子、結構いるんですよ。なので、いい環境だなって思っています。ライバル意識も、仲間意識も芽生えるから。毎週ライブをやっている子もいますね。

―みきさんもライブ活動は活発ですよね。今って、ネットを通して音楽を伝えていける時代だと思うんですけど、みきさんがライブにこだわる理由はなんですか?

みき:人と関わっていきたいんですよね。私も、TwitterやInstagramで30秒動画を上げたり、たまにツイキャスをやったりもしているんですけど、「人との繋がりで今の自分がいる」と思っているから、現実に人と繋がっていないと不安になるんです。

だけど最近、「そんなにライブをやっている暇があったら、他にやることがあるんじゃないの?」って言われて、ズーンって落ち込んで。出たいライブも断ったんですけど、結局は部屋にいてもウズウズしてきちゃって……。ひとりで部屋にいる時間があるんだったら、ライブをやって、みんなに会って、「頑張ろう!」って気持ちを上げたいと思っちゃうんですよね。

―そもそも、ギターを持ったきっかけは?

みき:元々、両親が音楽大好きだったんです。それで、よく一緒に聴いていたんですけど、あるときYUIさんを勧められたんですよ。「こんなに頑張っている子がいるよ」って。それで聴いてみたら、「ギター、かっこいいな」と思ったんですよね。そこからYUIさんばっかり聴くようになって。

あと、初めてギターの弾き語りを観たのは、阿部真央さんのライブだったんですけど、そこでも「これできたらかっこいいじゃん!」と思って。その二人の影響で、自分もギターを弾いて歌いたいと思ったんです。

―みきさんにとって、YUIさんや阿部真央さんの魅力って、どんな部分にあったんですか?

みき:やっぱり、「意志」が音楽や歌っている姿に見えるじゃないですか。私は、ずっと「意志がないよね」って周りに言われてきたんです。すぐにペラペラと適当に喋れちゃう人間なんですよ。言い訳も得意だし。その瞬間は感情が100にまでいくんだけど、次の日になると、もう感情がゼロに近いくらいまで減ってしまう……そういうことがたくさんあって、嫌なんです。だから、音楽だけでは、誤魔化せないなにかがほしかった。

みきなつみ

―なにかを貫くような「意志」がほしくて、歌っている。

みき:そう……でも今も、まだ意志が足りないんですよ。「なりたぁ~い」って思っているだけ。

―なにに「なりたぁ~い」んですか?

みき:プロのミュージシャンです。私、妄想大好きなので、自分が武道館に立っている姿を想像したりするんですけど、そこまで行くには、もっと強い意志が絶対に必要なんですよ。でも今、私はそれを無理やり作ろうとしてしまっている気がして……だから、煮え切らなくて、すごくモヤモヤしているんです。「自分が強い意志を持てない原因はどこにあるんだろう?」って考えるんですけど……毎日、「自分、弱いな。逃げてるな」って思ってます。

Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。
料金:無料
推奨環境:iOS8.2以上(iPhone、iPad および iPod touch)、Android 4.3以上

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume87』

2016年7月27日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
SATORI
TWEEDEES
杏窪彌
and more
料金:無料(2ドリンク別)
※会場入口で音楽アプリ「Eggs」の起動画面を提示すると入場時の1ドリンク分無料

プロフィール

みきなつみ

1998年4月14日生まれ 高校3年生 18歳。埼玉県出身。シンガーソングライター。2015年、作詞作曲を始める。ソニー、docomo、レコチョク、タワーレコード、TOKYO FM主催の10代限定オーディション『未確認フェスティバル2015』でファイナリストに選出され注目を集める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を