特集 PR

流行と同時代性は違う。「王道」を掲げるTWEEDEESのポップス論

流行と同時代性は違う。「王道」を掲げるTWEEDEESのポップス論

TWEEDEES『The Second Time Around』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望 編集:山元翔一

元Cymbalsの沖井礼二とシンガーの清浦夏実が2015年に結成したポップグループ、TWEEDEESが2ndアルバム『The Second Time Around』を完成させた。沖井が自らの豊富な音楽的アーカイブとメソッドを解放しながら、細分化が進むポップスの様態を包括するとともに同時代かつ普遍的な楽曲をクリエイトしようとする意志が、1曲1曲のサウンドに通底している。その中心に位置する清浦の瑞々しく豊潤なボーカルは、多様な音楽性と物語が展開していく楽曲の連なりの中で、揺るぎない存在感を発揮している。

このインタビューはTWEEDEESのポップス論を紐解きつつ、話題は1990年代と現代におけるポップスの相違点などにも及んだ。かつて「ポスト渋谷系」と呼ばれたCymbalsの解散から12年。沖井が90年生まれである清浦とTWEEDEESを結成し、10年代に提示するべき「刹那的ではない、色あせない輝きを放つポップス」を追求する意義も浮かび上がる内容になっていると思う。

あくまで軸になっているのは彼女のボーカルだし、楽曲のプランを立てる段階では対等なんです。(沖井)

―TWEEDEESの楽曲には、細分化が進むポップスを批評的に包括したうえで、同時代的かつ普遍的なポップスをクリエイトするという矜持を感じるんですね。

沖井(Ba):ありがとうございます。僕たちは資料などにも「王道」という言葉を使っているんですけど、ポップスが細分化されているというのもいろんなリスナーのニーズがあるからこそだと思うんですね。僕は一つひとつを否定するつもりはまったくなくて。ただ、僕たちは欲張りなんです。さまざまなカタチのポップスに惹かれるところがあるから、全部やりたくなる。だから、まず僕たちが聴きたい曲を作るというのが大きいですね。

―その点において清浦さんも欲張りですか?

清浦(Vo):欲張りですよね?(笑)

沖井:おそらく欲張りだよ(笑)。

清浦:常々、沖井さんに「こういう曲を作りたい」という話をしますし、好きなポップスの要素はサウンドでも歌詞のワードでも積極的に取り込んでいくのがTWEEDEESだと思ってます。

沖井:排除型のポップグループではないんですよね。

左から:沖井礼二、清浦夏実
左から:沖井礼二、清浦夏実

―そう思います。全方位に開かれているポップグループであると。

沖井:もしリスナーのみなさんがTWEEDEESに固定したイメージを持ったとしたら、これから活動していく中で「え、そんなこともやっちゃうの?」と思う可能性もあると思います。それは今作においても言えることだと思う。

―今作も1曲ごとにポップス像を塗り替えていくような趣があります。そのうえで、さまざまなポップサウンドをフラットに歌えるのが清浦さんというボーカリストなのかなと。

沖井:そのニュアンスは若干違って。あくまで軸になっているのは彼女のボーカルだし、楽曲のプランを立てる段階では対等なんですよ。僕がアイデアを出しても彼女がNGを出すこともある。「この曲は今のTWEEDEESじゃなくない?」って。

沖井礼二

清浦:「この曲にはオルガンはいらない」「この曲のコードは違う感じがいい」とか、大きいところから小さなところまでいろいろ言います。

沖井:彼女のボーカルという軸があるから、いろんなアプローチができるんです。サウンドに合わせて彼女が歌い分けるのではなくて、あくまで清浦夏実というボーカリストが軸にある。TWEEDEESを結成した当初は僕が曲を書いて、彼女がその曲に対してどのようにアプローチして、演技をしていくか迷っていたところもあったと思うんですけど、今は清浦夏実という軸がブレないからディレクションがすごくラクなんです。

清浦:最初はけっこう悩んでましたけどね。

沖井:スタジオで大喧嘩したこともあったしね。怒号と涙みたいな(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

TWEEDEES『The Second Time Around』初回限定盤
TWEEDEES
『The Second Time Around』初回限定盤(CD+DVD)

2016年7月20日(水)発売
価格:3,888円(税込)
COZP-1218/9

[CD]
1. 速度と力
2. STRIKERS
3. PHILLIP(feat.ikkubaru)
4. 私の悪い癖
5. バタード・ラム
6. melody
7. Baby, Baby
8. Winter's Day
9. 友達の歌
10. ムーンライト・フラッパー
[DVD]
・『The Adventure of the TWEEDEES 2015-2016』
・“KLING! KLANG!!”PV
・“Winter's Day”PV
・“Baby, Baby”PV

TWEEDEES
『The Second Time Around』通常盤
TWEEDEES
『The Second Time Around』通常盤(CD)

2016年7月20日(水)発売
価格:3,024円(税込)
COCP-39649

1. 速度と力
2. STRIKERS
3. PHILLIP(feat.ikkubaru)
4. 私の悪い癖
5. バタード・ラム
6. melody
7. Baby, Baby
8. Winter's Day
9. 友達の歌
10. ムーンライト・フラッパー

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume87』

2016年7月27日(水)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
SATORI
TWEEDEES
杏窪彌
and more
料金:無料(2ドリンク別)
※会場入口で音楽アプリ「Eggs」の起動画面を提示すると入場時の1ドリンク分無料

プロフィール

TWEEDEES
TWEEDEES(とぅいーでぃーず)

清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ。2015年結成。2015年3月18日、日本コロムビアより1stアルバム『The Sound Sounds.』リリース。ミュージックマガジン誌レビューでは10点満点、2015年年間ベストアルバム歌謡・J-POP部門では8位にランクインと高評価を得る。11月3日1stシングル『Winter's Day』リリース。タワーレコードよりアナログ盤7インチ、日本コロムビアより配信でリリース。高い音楽性とファッション性を持ちつつ等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むステージングのライブにも定評がある。様々な面でポップス / ロックの「王道」を貫くTWEEDEESは世代を超えて時代の潮目となりつつある。2016年7月20日に2ndアルバム『The Second Time Around』リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで