特集 PR

VELTPUNCH長沼×cinema staff三島 オルタナロック師弟対談

VELTPUNCH長沼×cinema staff三島 オルタナロック師弟対談

VELTPUNCH『THE NEWEST JOKE』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一

『eve』はいい作品だと思うけど、「これが自分たちのすべてです」とは思ってなくて。迷いながら作り続けて、改めて自分たちのブランドを確立したい。(三島)

―三島くんはcinema staffのブランドっていうのをどの程度意識していますか?

三島:もちろん、意識はしてますけど、長沼さんの話を聞いて、まだそこまでは思えてないと思いました。もちろん、「こうじゃなきゃcinema staffではない」っていう、自分の中のラインはあるんですけど、それがお客さんの思うラインとちゃんと一致してるかどうかっていうのは、まだ自信がなくて。今はそのラインを模索しているかもしれないですね。

―では長沼さんは「VELTPUNCHブランド」の成立要件を言葉で表せますか?

長沼:男女ツインボーカルって、単純にキャラクターの違いが出せるってだけじゃなくて、作曲をするうえでキーを問わずに作れるっていう強みがあるんですよ。Eの解放弦を使ったかっこいいギターリフができたとして、歌を乗せようとするとすごい高くて歌えないから、普通はそこでカポを使ったり、キーを変えたり、ちょっと制限がかかる。でも、男女ツインボーカルだと必ずどちらかが歌えるから、曲にとってベストなボーカルを乗せるっていう手法が確立してるんです。これが「ブランド」の成立要件ですかね。三島くんにはホント「羨ましいだろ」って言いたい(笑)。

左から:長沼秀典、三島想平

『THE NEWEST JOKE』より

三島:確かに、それは羨ましい(笑)。

―「cinema staffブランド」の要件はどうでしょう?

三島:難しいですね……演奏に関してはちゃんと自分たちのルーツが出ていて衝動的、でも歌は丁寧でどういうリスナーにもアプローチできるもの、っていうのがもともとのイメージだったんです。でも最近はオケもわかりやすくシンプルにしてるんで、一概にはなかなか……なので、さっきも言ったように、個人的には今は探っている感じです。もちろん、『eve』はいい作品ができたと思っているんですけど、「これが自分たちのすべてです」とは思ってなくて。迷いながら作り続けて、改めて自分たちのブランドを確立していきたいですね。

―『eve』っていうアルバムはタイトルどおり、次への予兆を感じながら、新たな一歩を踏み出した作品だったのかなって。

三島:そうですね。おそらく、次の作品が20代最後の作品になると思うので、そこに向けていろいろ考えていきたいと思っています。

何らかの形で上の世代のバンドと下の世代のバンドの架け橋になれれば、VELTPUNCHが存在する意味もあるんじゃないかなと。(長沼)

―『eve』のラストの“overground”って、<歳をとった僕等はきっと凄く楽しいよ。>っていうラインで終わるじゃないですか? あれってどういうイメージなんですか?

三島:未来を楽観視しようとしているというか、「楽しいから大丈夫」って、自分に言い聞かせている感じが強いんですけど、それが聴いた人に対してもメッセージになればいいなと思っていて。まずは「続けたい」っていう気持ちしかないようなものなんで、「恐れずにやっていこうぜ」っていうイメージですかね。

―言ってみれば、VELTPUNCHはそれを体現し続けている存在ですよね。

三島:そうですね。20年やってなお更新できるのは、自分たちも目指したいところです。それに関してはメジャーでもインディーでも、働きながらでも、どんな形でもいいと思ってますね。

長沼:(バンドが)なくなっちゃったらって思うとね。

三島:そうですよね。もちろん、細かい嫌なこととかはあるけど、「じゃあ、もしバンドがなくなったら何するの?」っていう。

長沼:仕事を頑張れるのも、「音楽をやるため」っていう思いが強くて。仕事をキチッとやって、生活を安定させて、多少金銭的な余裕を持って、自分たちのペースで音楽を続けるっていうやり方を自分たちは選んだ。もちろん、そのやり方はみんな違って当たり前だけど、延命治療を施しているわけじゃなく、単純に楽しいからやっているので。「これがなくなったら何を楽しみに生きればいいんだよ?」って気持ちで、ずっと続けてきたって感じかな。

左から:長沼秀典、三島想平

―メジャーだからいい悪いではもちろんないけど、今回のVELTPUNCHみたいな形がひとつのモデルケースになって、「こういう続け方もあるよ」っていう提示になるといいですよね。

長沼:お客さんに対する気持ちがあるのはもちろんだけど、ミュージシャンやバンドマンにも受け入れられたいというか、「カルチャーを継承したい」っていう気持ちはあります。自分がずっと憧れていた音楽を引き継いで、自分なりの形にして、またそれが次の世代に影響を与える――音楽のカルチャーってそういう形で続いていくわけじゃないですか? 何らかの形で上の世代のバンドと下の世代のバンドの架け橋になれれば、VELTPUNCHが存在する意味もあるんじゃないかなと。

三島:僕、長沼さんがブログで書いてた「無人島に持って行きたい10枚」っていうのを高校生のときに読んで、全部聴いて、それで初めてスマパン(The Smashing Pumpkins)を知ったんです。長沼さんから教えてもらったことは、今でも自分の基礎になっているので、僕らも下の世代に自分たちの憧れた音楽を継承できたらいいなっていうのは常に思っていますね。

Page 3
前へ

リリース情報

VELTPUNCH『THE NEWEST JOKE』
VELTPUNCH
『THE NEWEST JOKE』(CD)

2016年7月20日(水)発売
価格:2,700円(税込)
Imperial Records / EVOL RECORDS / TECI-1506

1. THE NEWEST ROCK
2. グッバイアンサー
3. LET IT DIE(OAO)
4. Brand new toy
5. Shandy Gaff in the cold glass
6. 耐え難き暑さと湿度のせいで「青い嗚咽」は噴水とベンチしかない小さな三角公園の片隅で黒い卵を温める事を諦めた
7. Don't stop me
8. また会えたらKISSをしよう
9. BENCH WARMERの逆襲
10. 軽い冗談
11. ミニスカートキラー
12. シーズインザスリー
13. 死人と梔子
14. ズーラシアゲイン

cinema staff『eve』
cinema staff
『eve』初回限定盤(CD+DVD)

2016年5月18日(水)発売
価格:3,888円(税込)
ポニーキャニオン / PCCA-04380

[CD]
1. eve
2. 希望の残骸
3. エイプリルフール
4. lost/stand/alone
5. 切り札
6. somehow
7. crysis maniac8. person on the planet
9. 境界線
10. deadman
11. AIMAI VISION
12. YOUR SONG
13. overground
[DVD]
『cinema staff「waypoint 2015」』
1. salvage me
2. AIMAI VISION
3. theme of us
4. ニトロ
5. 奇跡
6. 火傷
7. 世紀の発見
8. 小さな食卓
9. 実験室
10. 君になりたい
11. unsung
12. 発端
13. いらないもの
14. 切り札
15. deadman
16. シャドウ
17. great escape(alternate ver.)
18. exp
19. KARAKURI in the skywalkers
20. YOUR SONG
21. 望郷
22. 溶けない氷
23. GATE

cinema staff『eve』通常盤
cinema staff
『eve』通常盤(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:2,808円(税込)
ポニーキャニオン / PCCA-04381

1. eve
2. 希望の残骸
3. エイプリルフール
4. lost/stand/alone
5. 切り札
6. somehow
7. crysis maniac8. person on the planet
9. 境界線
10. deadman
11. AIMAI VISION
12. YOUR SONG
13. overground

イベント情報

『VELTPUNCH “THE NEWEST JOKE” Release Tour 2016』

2016年9月24日(土)
会場:東京都 下北沢 ERA

2016年10月15日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

2016年11月5日(土)
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

2016年11月13日(日)
会場:東京都 新代田 FEVER

プロフィール

VELTPUNCH
VELTPUNCH(べるとぱんち)

1997年、立教大学の音楽サークルでSmashing Pumpkinsのコピーバンドを組んでいた長沼秀典(Vo,Gt)、ナカジマアイコ(Ba,Vo)を中心に結成。下北沢、渋谷、三軒茶屋を中心にライブ活動を行い、国内のみならず『SXSW』など海外イベントにも参加。男女ツインボーカル+スクリームを活かした楽曲が特徴で、時にエモーショナルで激しく、時に繊細なギターロックサウンドが多くのファンを惹きつけている。

cinema staff
cinema staff(しねま すたっふ)

2003年、辻 友貴、飯田瑞規、三島想平が前身バンドを結成。2006年7月に久野洋平が加入し、現在の編成となる。愛知・岐阜県のライブハウスを中心に活動を開始し、2008年に残響recordより1st mini album『document』をリリース。これまでに、シングル4枚、ミニアルバム5枚、アルバム4枚、LIVE DVD1枚の作品をリリース。オルタナティブ、エモ、ポストロックに影響を受けたセンス溢れるポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギターロックバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている