特集 PR

人工知能よりも猿の感覚が大事? Sugar's Campaignが哲学を語る

人工知能よりも猿の感覚が大事? Sugar's Campaignが哲学を語る

Sugar's Campaign『ママゴト』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

Avec AvecとSeihoというふたつの才能がタッグを組み、独自のポップスを追求するユニット=Sugar's Campaign。やはり、彼らは相当に面白い。

そもそもAvec AvecにしろSeihoにしろ、それぞれがソロでも多方面で活躍していて、2016年の上半期を振り返ってみても、Avec Avecは楽曲提供、リミックス、CM音楽や劇伴を数多く手掛け、Seihoはソロアルバムのワールドワイドリリースや三浦大知とのコラボレーションなど、幅広い活動を行っている。それでも、彼らがSugar's Campaignを大切にしているのは、この二人だからこそ起こりうるケミストリーが確実に存在しているからだ。

メジャーデビュー作『FRIENDS』に続く2ndアルバムのタイトルは『ママゴト』。「家族」をテーマに作られた本作は、「幸せな4人家族」のストーリーを軸にして、まだ名前のついていない感情を描き出すと同時に、「役割」について深く考察する。そして、本作においてもうひとつ重要なのが、彼らの思う「本当のポップス」と改めて向き合ったということであり、1990年代J-POPをデフォルメしたようなタイトルトラックをはじめ、その成果は確実にアルバムに反映されている。それでは、Avec AvecとSeihoに存分に語ってもらおう。

バグのように生まれたものこそが長く聴かれるポップスになると思うんです。(Avec Avec)

―『ママゴト』の資料には、「真面目にポップミュージックと向き合い、長年寄り添い聴いてもらえる音楽を目指しました」(Avec Avec)、「今作は『本当のポップスとはなんぞや?』ということと向き合ったんです」(Seiho)とのコメントがありました。これらのコメントの背景にはどのような想いがあったのでしょうか?

Avec Avec:僕が最近思っていたのは、みんながすごく合理的なゴールに向かっているということで。それに違和感があったんです。ポップスって、案外「みんなが好きで、すごく合理的なもの」みたいに思われがちじゃないですか? でも僕は、むしろ合理的なもの、最適化されているものから外れて、バグのように生まれたものこそが長く聴かれるポップスになると思うんです。普遍性というのは、そうやって獲得されると思う。それが今回のアルバムを作るきっかけになっています。

左から:Seiho、Avec Avec
左から:Seiho、Avec Avec

Seiho:『FRIENDS』(2015年)のときは、「大人と子供」を題材にして、「小さいときに親の車で聴いてた音楽」とか「夏休みの朝にやってたアニメのエンディングがちょっと大人びている」みたいな、どこかノスタルジックな感覚を込めた作品だったと思うんですね。

Avec Avec:「この感覚みんな持ってるよね」っていう、切なくて、懐かしくて、何とも掴みどころのない感覚を音楽でどう表現するのか。『FRIENDS』はそこから考えて、「既視感」とか「共感」みたいなことがテーマになっていたんです。

Seiho:ポップスって、「何かこういう感覚ってあるけど、まだ形になってないよな」というものを生み出すことだと思うんですよ。でも、Takuma(Avec Avec)が言ったその感覚が、一言で言えるようになってきて、ジャンルにもなっちゃって、みんながそういうものを作ろうとしだした。そのときに、「それじゃあポップスは生まれへんな」って思ったんです。だから次は、もう一回、まだ漠然としている「わからないこと」に向き合おうと思って。

Avec Avec:その漠然としたものの中からどの感覚を掴んで作品にするかを考えたときに、「家族」がテーマになったんです。

Seiho:あと「猿」ですね。

Avec Avec:「人工知能」もね。話の段階があるんやけど、今一気に飛んじゃった(笑)。

前作『Friends』収録曲

「家族」をテーマにすることで、僕もTakumaも真剣に主観で向き合うことになるんです。(Seiho)

―“レストラン-熱帯猿-”という曲があるのは気になってましたけど、いきなり「猿」と言われても正直わからないです(笑)。順番にいくと、最初におっしゃった「合理化」とか「最適化」の方にいかないというのは、前回のtofubeatsさんとの対談(メジャーでやる意味って何だ? Sugar's Campaign×tofubeats)のときもキーワードになった「相対的」であることの重要性、つまりは主観と客観の両方の視点があることの重要性という話とも通じるように思います。

Avec Avec:なぜ僕らが客観をずっと意識してきたかというと、ものすごく強烈な主観があるからなんですよ。それは僕からしたらコンプレックスやけど、Seihoからしたら、それが誇りというか……。

Seiho:人生、そのものやな。

左から:Seiho、Avec Avec

Avec Avec:そこの違いはあるにせよ、とにかく主観があるからこそ、客観を大事にしていたんです。でも、今はみんなが客観だけを大事にして、誰しもが俯瞰してるみたいな感じになってきたと思うんですよね。インターネットって、情報がすごく多いわけじゃないですか? その中でみんな「これもいいし、これもいいし、これもいいよね」って言ってしまうようになった。僕らはそうじゃなくて、「これがいい」というものが強烈に決まっているからこそ、その視点ではない自分を持とうとしたんです。

Seiho:だから、今回はまたその逆で、自分たちの主観をもう一回しっかり出そうと思ったということです。

―そこからなぜ「家族」がテーマになったのでしょう?

Seiho:「家族」って俯瞰できないんですよね。家族の話をするときって、自分の家族を前提に話をするしかないから。「お母さんって、すぐ怒るやん?」と言ったって、他の人たちも「あるある」とはならないですよね。それは自分のお母さんのことでしかないわけで。だから、「家族」をテーマにすることで、僕もTakumaも真剣に主観で向き合うことになるんです。

それを前提としたうえで、“ママゴト”に関しては「なるべくストレートにしたい」と思いながら二人で組み上げていった結果、1990年代J-POPっぽくなったっていうのが面白いと思っていて。別に90年代J-POPを意識して歌詞をそれっぽくしたわけではなくて、ただ主観的に「これがいい」と思ったものをアウトプットしただけなんです。たぶん、90年代の人たちがやっていたのもそういう作業で、その時代の中でちゃんと愛について真剣に歌った結果、あのサウンドになったんだと思うんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

Sugar's Campaign『ママゴト』
Sugar's Campaign
『ママゴト』(CD)

2016年8月10日(水)発売
価格:2,700円(税込)
VICL-64603

1. ポテサラ
2. ママゴト
3. 週末のクリスタル
4. いたみどめ
5. ただいま。
6. マリアージュ
7. いつかの夢から連れだして
8. HAPPY END
9. 1987
10. レストラン-熱帯猿-
11. SWEET HOME

イベント情報

Sugar's Campaign
『あしたの食卓』

2016年8月25日(木)
会場:大阪府 サンホール

2016年8月26日(金)
会場:東京都 代官山 UNIT

料金:各公演 前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

プロフィール

Sugar's Campaign
Sugar's Campaign(しゅがーず きゃんぺーん)

Avec AvecとSeihoにより2011年に結成されたスーパーポップユニット。「Avec Avec」ことTakuma Hosokawaと「Seiho」ことSeiho Hayakawaの二人による2011年結成に結成した新世代都市型ポップユニット。ゲストボーカルを招く形でポップソングを制作している。岡村靖幸、久保田利伸、トッドラングレンや、ポンキッキーズ、90年代アニメなどに強い影響を受け、上質なポップソングを制作している。待望の新作アルバム『ママゴト』を、8月10日にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)