特集 PR

ボカロシーン、焼け野原からの再出発 DECO*27×Neru対談

ボカロシーン、焼け野原からの再出発 DECO*27×Neru対談

DECO*27『GHOST』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一

やはりDECO*27ほどボーカロイドを、初音ミクを愛している人物は他にいないのではないだろうか。もちろん、かつてニコニコ動画で活躍し、今はそれぞれの活動場所に進んで行った作り手たちも、それぞれの形でボカロへの愛を持っているはず。ただ、一時期は音楽をやめようかと考えるほどに思い悩み、それでもボカロシーンに戻ってきて、ミクにこだわり続けるDECO*27の存在は、あまりにも大きいと言わざるを得ない。近年停滞が噂されていたボカロシーンにおいて、彼が年明けに発表した“ゴーストルール”が動画サイトの合計再生回数が500万回を突破し、新たな流れを呼び起こすこととなったのも、必然の流れだったように思う。

そこで今回は、DECO*27を聴いて育った世代であり、今年発表した“脱法ロック”がミリオンを達成しているNeruを招いて、DECO*27と共にここ数年のボーカロイドシーンの変遷を振り返ってもらった。今なぜ再びボカロが熱を帯びてきているのか? DECO*27のニューアルバム『GHOST』が2016年のマイルストーンである理由はどこにあるのか? その答えの一端が明確に提示される対談となった。

僕はボーカロイドが音楽を始めたきっかけなので、最初は純粋にリスナーとしてデコさんの曲を聴いてて。その背中を追いかけて、やっと今ここに立てている。(Neru)

―Neruくんはまだ高校生だった2009年の11月にボカロ曲を初投稿していて、つまりは当時すでに活動をしていたデコくんたちの曲を聴いて育った世代と言えるわけですよね。

Neru:僕はボーカロイドが音楽を始めたきっかけなので、最初は純粋にリスナーとしてデコさんの曲を聴いてて。その背中を追いかけて、やっと今ここに立てているって感じです。

左から:DECO*27、Neru
左から:DECO*27、Neru

DECO*27:僕がryoさん(supercell)とかkzさん(livetune)を見ていたのと同じような感覚なんでしょうね。最初に投稿した曲はギターも打ち込んでるんだよね?

Neru:最初ギターは弾けなくて。当時大学受験があったんで、一旦投稿をやめているんですけど、やめる前の曲は全部完全に打ち込みですね。再開してからはバイトができるようになって経済力もついたので、ギターを買って練習しました。

―デコくんはギターが先で、その後にボーカロイドだから、順番は違いますよね。

DECO*27:最初からソフトがあって曲を作れるのがめっちゃ羨ましいです。「MTRって何だよ」って感じですよ(笑)。

―でもパソコンでの楽曲制作、いわゆるDTMが一般的になるまではみんなそこからでしたよね(笑)。1トラックずつアナログ録音するのが主流でした。

Neru:何トラックまでしか録れないんでしたっけ?

DECO*27:俺が最初に買ったやつは4トラック。何もできない(笑)。

Neru:それはそれでいいかもしれないですね。変に作り込めないから、逆にそれがいいとかありそうじゃないですか?

DECO*27:これはDTM世代の声だね。俺は絶対もうやりたくない(笑)。最初DAW(デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るように構成された一体型のシステム)を使って、「音楽が見える」っていうのがすごく嬉しかったんですよ。

DECO*27

Neru:あー、そういう感覚なんですね。4トラックって……ボーカルの処理だけでも足りないですもんね(笑)。

―デコくんはNeruくんの曲に対してはどんな印象を持っていますか?

DECO*27:最初に聴いたのはかっこいい系の曲だったんですけど、他の曲を聴くとまた違う感じで、引き出しが多い人だなって印象でした。Neruくんは基本的に「速い曲が好き」っていうイメージがありますけど、そうじゃない作品も好きです。イラストとか動画の見せ方もちゃんと曲によって変えてるし、聴く人からすれば「次はどんな作品だろう?」みたいな感じで、毎回楽しいだろうなって思いますね。

―それこそ、そういう見せ方とかも、デコくんの世代から勉強したわけですよね?

Neru:そうですね。フォーマットみたいなのがあるじゃないですか? 「こうやったら、リスナーに楽しんでもらえる」みたいなのは、上の世代の人からわりと忠実に、受け継いでいると思いますね。

Neru

―今日はお二人にボーカロイドシーンの流れについて改めて話してもらいたくて、デコくんが年明けに投稿した“ゴーストルール”がニコ動で300万再生に迫る勢いの大ヒットになり、シーンが活気を取り戻したような印象があります。逆に言うと、去年とか一昨年とかは「ボカロシーンがつまらなくなった」という声も聞こえるようになっていました。実際、お二人はシーンの状況をどのように感じていましたか?

DECO*27:再生回数を伸ばすためのテンプレートみたいなのができて、みんながそれを模倣することで、曲が似てしまったような傾向はあると思います。あとは、ランキング上位をベテランが占めることで、個性的なんだけど技術が足りない作り手が入って来れなくなったのも感じていました。

―何でもアリだったはずの場が、画一化していってしまったと。

DECO*27:上位の人は動画やイラストも有名な人と組むし、いろんな人が「歌ってみた」で歌ってくれる。そうやってブーストがいっぱいかかるから、ますます新しい子が入ってくる隙間がなくなっちゃうんですよね。

僕で言うと、2014年までは動画を上げていたんですけど、2015年はほとんど上げていなくて。それで2016年に入って“ゴーストルール”を上げたんですけど、その間にいろんな人がボーカロイドをやらなくなって、別のやりたいことに進んで行ったんですよね。そうするとその人のリスナーは、そっちに着いていくか、もしくは「(ニコニコ動画に)上げないならもういいや」って聴かなくなる。それでシーン的にも一旦静かになったのかなと。

Page 1
次へ

リリース情報

DECO*27『GHOST』初回限定盤
DECO*27
『GHOST』初回限定盤(CD+DVD)

2016年9月28日(水)発売
価格:3,200円(税込)
UMA-9083/4

[CD]
1. ゴーストルール
2. リバーシブル・キャンペーン
3. LOVE DOLL
4. 散散駄目調子
5. 妄想感傷代償連盟
6. いいや
7. 正義のタレット
8. ライアーダンス
9. Find The Light
10. 生心病
11. 針鼠
12. Sprite Girl
13. at
[DVD]
1. ストリーミングハート (MV)
2. Find The Light (-short MV-)
3. 『MIKU in the GHOST』 Analog Live Drawing by おぐち
(※副音声:DECO*27、おぐちによる解説)
※紙ジャケット仕様、20ページ大判ブックレット付属

DECO*27
『GHOST』通常盤(CD)

2016年9月28日(水)発売
価格:2,700円(税込)
UMA-1083

1. ゴーストルール
2. リバーシブル・キャンペーン
3. LOVE DOLL
4. 散散駄目調子
5. 妄想感傷代償連盟
6. いいや
7. 正義のタレット
8. ライアーダンス
9. Find The Light
10. 生心病
11. 針鼠
12. Sprite Girl
13. at
※16ページブックレット付属

プロフィール

DECO*27
DECO*27(でこ にーな)

福岡生まれ、男性。レフティスタイルでギターを奏で、作詞、作曲を手掛けるアーティスト/プロデューサー。ロックをベースにフォークからエレクロニックミュージックまでを柔軟に吸収したサウンドと印象に残るメロディー、等身大の感情をリアルに、かつ絶妙な言葉遊びを用いて描かれた歌詞が若い世代から絶大な支持を得ている。2016年1月に公開した楽曲「ゴーストルール」は、ニコニコ動画において瞬く間にミリオンを達成。9月現在、ニコニコ動画とYouTubeでの合計再生回数は500万回を超える。そして2016年9月28日、前作より2年半振りとなる新作アルバム『GHOST』をリリースする。

Neru(ねる)

ボーカロイドクリエーター。10代の頃からネットシーンでの音楽活動を開始、作品を発表する度に評価を上げ、2011年「東京テディベア」で200万を超える再生数を記録しシーンに衝撃を与えた。その後もコンスタントに人気曲を発表、2013年連続で発表された「ハウトゥー世界征服」「ロストワンの号哭」はそれぞれ150万・300万再生という桁外れのヒットを記録しその地位を不動のものとした。主に疾走感溢れるロックサウンドが得意であり、唯一無二の世界観を持つ言葉で紡がれた歌詞に多くのファンが熱狂している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される