特集 PR

小金沢健人×菊地敦己 不穏な社会にアーティストができること

小金沢健人×菊地敦己 不穏な社会にアーティストができること

小金沢健人展『煙のゆくえ』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

私たちの暮らしの中で見過ごされ、忘れられていく風景や物事。そうした日々の機微や変化を、映像やドローイング、インスタレーションなどの多彩な手法で前景化させるのが、現在ベルリンを拠点に活動するアーティストの小金沢健人だ。

スパイラルガーデンにて9月13日から25日まで開催される個展『煙のゆくえ』では、天井高16mにおよぶ空間を舞台に、映像作品に呼応するように粘土のオブジェが回転し、床からは白い煙の吹き上がる大胆なインスタレーションと山を描いたドローイングを展示。会場内では見たことのない、新たな景色が生み出される。

本展において企画協力、アートディレクションを行ったのは、小金沢とは高校、大学の同級生であり、展覧会カタログなども多数手がけてきたデザイナーの菊地敦己だ。20年以上の友人であり、作家、デザイナーとして協働してきた間柄の二人に、今回の個展、アートとデザイン、そしてそれらの背景にある社会状況について話を聞いた。

今って、計画に基づいて作品やアイデアをプレゼンしないといけない機会が多い。それがいろんなものを凡庸にさせる。(菊地)

―今回の個展では、菊地さんは具体的にどういったことを行っているのでしょうか?

菊地:スパイラルのスタッフの方々に「小金沢くんが今言っているプランは、今後変わると思いますよ」と伝えたり、実際に変わったときに「あ、大丈夫です! そういうものですから」と言ったりする役割(笑)。

小金沢:(笑)。菊地くんは、僕と社会をつなぐ、大事なクッションをしてくれています。

―展示プランが「実際に変わったときに」とおっしゃいましたが、今回の作品に至るまでに、さまざまな紆余曲折があったのでしょうか?

菊地:当初は、小金沢くんにしては珍しく社会的なテーマを扱っていたんです。そのアイデアも悪くはなかったけど、僕は「らしくないなぁ。変わるんじゃないかな?」と思っていた。

左から:小金沢健人、菊地敦己
左から:小金沢健人、菊地敦己

―それで実際に変わった、と。

菊地:まったくの別物になったよね。

小金沢:そう。当初はもっと別のものを構想していたんだけど、最終的に「今、自分がやりたいのはこっち」というほうをとっちゃいました。

『Why We Build』(2015) ビデオ
『Why We Build』(2015) ビデオ

『Why We Build』(2015) ビデオ
『Why We Build』(2015) ビデオ

―ちなみに当初案はどういったものだったのですか?

小金沢:僕はドイツに移住して17年目になるけど、震災以降、日本からのニュースに心乱されることが多かったんです。最近は、日の丸や選挙のことが気になっていて……このタイミングで、東京で作品を出すなら、その2つだなと、2年ほど前から考えていたんです。でも、そのアイデアが日々のニュースで洗われて、2年かけてちょっとずつ消えていって。やる気が失せた頃に、今の作品が背後で育っていたのに気づきました。

―それまで詰めてきたアイデアを帳消しにすることに対して、怖さはなかったのでしょうか?

小金沢:必死にアイデアを集めてがんばって作ろうと思ったものより、自分の中からこんこんと湧いて出てきたもののほうが、強いんですよね。結局アート作品って、「生えてくる」ものだと思っていて。あえて大事に育てなくても勝手に成長しているもののほうが、作品としての生命力があるんです。

小金沢健人

菊地:新しい作品の構想を聞いたとき、すぐに「こっちのほうがいいじゃん!」と思った。今って、アーティストもデザイナーも、計画に基づいて作品やアイデアをプレゼンテーションしないといけない機会が多いんだけど、それがいろんなものを凡庸にさせるとも思っていて。そういう説明的なものを飛躍する面白さが、新しいアイデアにはあったような気がしたんです。

小金沢:自分でもなんだかわからないまま作ってしまった(笑)。キーワードを決めて、それを頼りに進んでいくのは、監視されているみたいでつらいけど、「どうしてかわからないけれど興奮する」という方に向かっていくと、手探りながらも確信は強くなっていくんです。「この世界にはまだわからないことがあったんだな」って実感があるんですね。

Page 1
次へ

イベント情報

小金沢健人展
『煙のゆくえ』

2016年9月13日(火)~9月25日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
料金:無料

プロフィール

小金沢健人(こがねざわ たけひと)

1974年東京都生まれ。ドイツ・ベルリン在住。武蔵野美術大学映像学科卒業後ドイツに渡り、以来ベルリンを拠点に活動を続ける。映像、ドローイング、インスタレーションなど多様な表現メディアを用いた作品群を国内外で発表。国内での主な個展に『Dancing In Your Head』(2004年 / 資生堂ギャラリー)、『あれとこれのあいだ』(2008年 / 神奈川県民ホールギャラリー)、『動物的』(2009年 / 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)。主なグループ展に『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』(2010年 / 森美術館)、 『ザ・コンテンポラリー1 われらの時代:ポスト工業化社会の美術』(2015年 / 金沢21世紀美術館)など。

菊地敦己(きくち あつき)

アートディレクター。1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。95年在学中にデザインの仕事を始め、97~98年「スタジオ食堂」のプロデューサーとして現代美術のオルタナティブスペースの運営、展覧会企画などを手掛ける。2000年デザインファーム「ブルーマーク」を設立。主な仕事に、青森県立美術館のVI計画、横浜トリエンナーレ2008のVI計画、ミナペルホネン、サリースコットのブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』のアートディレクションなど。著書に『PLAY』、『家紋帳』など。東北芸術工科大学客員教授。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)