特集 PR

峯田和伸×ダイノジ大谷 同じ仲間と30年夢見続けることへの憧れ

峯田和伸×ダイノジ大谷 同じ仲間と30年夢見続けることへの憧れ

THE COLLECTORS
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:森山将人 編集:矢島由佳子

結成30周年を迎えてキャリアのピークを更新しているTHE COLLECTORS。バンドの人気が今になって高まっている理由は、どこにあるのか? 彼らをこよなく愛する銀杏BOYZ・峯田和伸とダイノジ・大谷ノブ彦の二人に、その秘密を聞いた。

UKのモッズカルチャーの影響を色濃く反映させた音楽性と、加藤ひさし(Vo)と古市コータロー(Gt)というフロントマン二人の存在感によって、長くファンに愛されてきた彼ら。今年4月に行われた日比谷野外音楽堂のワンマンライブはチケットが即日完売した。2017年3月1日には、バンド史上初の武道館単独公演が行われる。

THE COLLECTORSの唯一無二の魅力はなにか? 30年間続けてきたことの価値はどんなところにあるのか? キーワードは「憧れ」と「ロマン」。二人にたっぷり語り合ってもらった。

THE COLLECTORSの好きな部分は、ポップなところもあるけど、その後ろにすごく暗い少年が見えるところ。(峯田)

―お二人がTHE COLLECTORSを知ったのはいつ頃のことでした?

峯田:高校のときです。“世界を止めて”(1993年、3rdシングル)を聴いてから、どんどん好きになった。

大谷:俺も一緒です。大学生のときにテレビで“世界を止めて”のミュージックビデオを見て、めっちゃいい曲だと思って、CDを買いに行って。そこからさかのぼって初期の曲も聴くようになりました。

峯田和伸を背負う大谷ノブ彦
峯田和伸を背負う大谷ノブ彦

―“世界を止めて”を最初に聴いたときのインパクトってどんな感じだったんですか?

峯田:その頃から加藤さんはユニオンジャックのジャケットを着ていたし、コータローさんとか他のメンバーも花柄の服装で、最初は「なにこの変なバンド」って思ってたんです。それに、洋楽を好きな人たちがやってる感じがあって。

大谷:ハードルが高い、間口が狭い感じはしましたね。

峯田:そこがスピッツとか他のバンドとは違う印象でした。

大谷:THE COLLECTORSはモッズだから、浅はかな感じで好きになったら怒られるタイプのバンドなのかなって思ってたんですよ。「なんか怖いな」って。でも、“世界を止めて”は全然違った。「誰が聴いてもこれはいい曲って言うだろ!」という曲だった。

峯田:そう。モッズって、高校生の当時の自分からすると、怖そうな不良の人みたいな感じもあったんです。憧れはあるけど、友達の輪に入ろうとすると「勝手に入ってくるな」みたいな、ハードルの高いところもある。でも、THE COLLECTORSは優しいんですよね。「おいで、おいでよ」って言ってくれて、手触りがよくて、聴きやすくて、一発で覚えられるメロディーで。だから好きになったんです。

―峯田さんは、音楽的なところで、THE COLLECTORSに憧れたり、影響を受けたりしているところはありますか?

峯田:曲の主人公が憂鬱なところですね。THE COLLECTORSの好きな部分は、ポップなところもあるし、ハッピーな曲もあるけど、その後ろにすごく暗い少年が見えるところで。曲でいえば、“チョークでしるされた手紙”(1990年、4thアルバム『PICTURESQUE COLLECTORS' LAND ~幻想王国のコレクターズ~』収録)とかがそうなんです。

大谷:わかる。すごくわかる。

峯田:スタイリッシュの陰に憂鬱さみたいなものがある。だから、ただ様式美としてのロックじゃないんですよね。映画の『さらば青春の光』(1979年、THE WHOによる同タイトルのロックオペラを原作とした映画)は、主人公がだんだん病んでいって、好きな人にもフラれて、イギリスの曇り空の下で「俺、もうどうしたらいいかわかんねえ」って言って、最後は崖から飛び込んじゃうんですけど、それに通じる暗さがある。THE COLLECTORSもそういうところがあって、そこが好きなんですよね。

大谷:特に初期のTHE COLLECTORSには、狂気と人の美しさみたいなものが共存していて、僕もそこが好きですね。

―今お二人が言ったような感覚って、ある種の青春性と結び付けられる感覚だと思うんです。でも、THE COLLECTORSは今年30周年を迎えた。

大谷:すごいですよね!

峯田和伸と大谷ノブ彦

―ただ30年続けるというだけでなく、そういうなんらかのロマンティシズムみたいなものを持ち続けるというのは、かなりすごいことじゃないかと思うんです。

大谷:やっぱり異なるタイプの二人がいるのは、デカいんじゃないですかね。

峯田:僕、今年の4月に初めてTHE COLLECTORSとツーマンでライブをやる機会があったんですけど、THE COLLECTORSのリハを見ていたら、二人が敬語でしゃべるんですよ。「ここ、もう少しこうした方がいいですかね?」とか、それがいちいちオシャレで。

大谷:いいね!

峯田:あの人たち、楽屋では絶対にしゃべらないんですよ。でも、そのステージ上でのやり取りが、すっごくかっこよかったんですよね。俺もバンドのメンバーとステージ上では敬語でしゃべろうかと思ったくらいです。

―THE COLLECTORSの30年にまでは至ってないですけれども、ダイノジも結成から22年になります。

大谷:やってますね。はい。

―峯田さんも、2013年に他のメンバーが全員脱退しても、銀杏BOYZを続けている。

峯田:そうですね。

Page 1
次へ

リリース情報

THE COLLECTORS『MUCH TOO ROMANTIC! ~The Collectors 30th Anniversary CD/DVD Collection』(23CD+1DVD)
THE COLLECTORS
『MUCH TOO ROMANTIC! ~The Collectors 30th Anniversary CD/DVD Collection』(23CD+1DVD)

2016年9月7日(水)発売
価格:38,880円(税込)
COZP-1190~1213

THE COLLECTORS『Request Hits』
THE COLLECTORS
『Request Hits』(2CD)

2016年9月7日(水)発売
価格:3,333円(税込)
COCP-39625/6

イベント情報

『THE COLLECTORS “MARCH OF THE MODS” 30th Anniversary』

2017年3月1日(水)
会場:東京都 九段下 日本武道館

プロフィール

銀杏BOYZ
銀杏BOYZ(ぎんなんぼーいず)

2003年1月、GOING STEADYを解散。その後ボーカルの峯田和伸が銀杏BOYZを結成。2003年5月から本格的に活動を開始。峯田はバンド活動の傍ら、映画『アイデン&ティティ』に映画初出演。2013年11月、安孫子真哉、チン中村がバンドを脱退。同年12月、村井守がバンド脱退を発表。2014年1月15日、9年ぶりとなるアルバム『光のなかに立っていてね』と、ライブリミックスアルバム『BEACH』を2枚同時に発売。2016年3月16日、銀杏BOYZ初の公式ライブ映像作品『愛地獄』を発売。

大谷ノブ彦
大谷ノブ彦(おおたに のぶひこ)

1972年生まれ、大分県出身。1994年に、お笑いコンビ「ダイノジ」結成。お笑いだけに活動のフィールドを限定せず、サブカルチャーにまつわる知識を武器に、縦横無尽にジャンルを横断する。洋邦問わず音楽や映画に対して造詣の深く、これまでに数々の音楽雑誌・映画雑誌にて連載を執筆。2005年にDJとしての活動を開始し、ダイノジ自身が企画制作を務めるDJイベント『ジャイアンナイト』を設立。以降、エンタメ要素をたっぷり詰め込んだダイノジ大谷のDJと、エアギター世界大会で連覇を成し遂げたダイノジ大地のパフォーマンスが徐々に評判を呼ぶようになる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために