特集 PR

Yogeeのサポート鍵盤・ニカホヨシオ、ソロ作で非凡な才能を発揮

Yogeeのサポート鍵盤・ニカホヨシオ、ソロ作で非凡な才能を発揮

ニカホヨシオ『SUR LA TERRE SANS LA LUNE』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

現役大学生の23歳。現在、Yogee New Wavesのサポートキーボーディストも務めているニカホヨシオが、デビューシングルをリリースする。本作に収録予定の3曲を聴かせてもらったのだが、これが随所に非凡な才能を感じさせる、じつに興味深い内容になっている。

打ち込みのビート、ドラム、パーカッション以外は自らで演奏し、オルガンやローズピアノ、エレクトリックギターを、ささやかに律動するリズムセクションの上で陽炎のように浮遊させる。儚いメロウネスをたたえた歌は、現実と夢想がフラットになった空間で、あらゆる感情が融解した人間の営みが静謐に編まれるような世界が描かれている。その音像は、どこか坂本慎太郎やD.A.N.にも通じる同時代性も見い出せるといっていいだろう。

ソロアーティスト、ニカホヨシオの第一声として、その音楽的なルーツやフィロソフィーをじっくり語ってもらった。

曲を書いてるときに「自分、頭おかしいのかな?」って思うことはあるんですよ。

―昨年、Yogee New Waves(以下Yogee)の『SUNSET TOWN e.p.』のリリースタイミングでメンバーと話していたときに、「“Sunset Town”のピアノは誰が弾いてるの?」という話になって。僕はそこで初めてニカホさんのことを知ったんですね。そのときに角舘くん(健悟 / Yogee New Wavesのギターボーカル)がニカホさんについて、「彼はエスパーで、サイコパス診断でもヤバい結果を出したりもする繊細なピアニストなんです」と言っていて。なんだかよくわからないけど、とにかく稀有な存在なんだなということだけは伝わってきて(笑)。

ニカホ:サイコパス診断は、そのときホットな話題だったんですよね(笑)。まあ、でも健悟の言葉はわりと的を得ているというか。もちろん、ホントに自分のことをサイコパスだとは思ってないですけど、曲を書いてるときに「自分、頭おかしいのかな?」って思うことはあるんですよ。

―それはどういう面において?

ニカホ:結局これしかできないんだな、というか。ミュージシャンにもいろんなタイプの人がいるじゃないですか。作詞も作曲もアレンジも演奏も、なんでも器用にこなせるタイプもいれば、純粋にプレイヤーとしての仕事しかしない人もいて。自分が聴いてきた音楽は、ブルースやソウル、UKサイケばかりだから、いろんな引き出しを持った器用なミュージシャンではなくて、偏ったことしかできないタイプなんですよね。

だから、たとえば健悟にもルーツはしっかりあると思うんですけど、彼は今のインディーシーン全体を見渡せる人だと思っていて。でも僕は、仮にもYogeeのサポートキーボーディストであるにもかかわらず、インディーシーンを見渡すセンスみたいなものが全然ないんですよ(苦笑)。

ニカホヨシオ
ニカホヨシオ

―いや、でも、このデビューシングルのデモを聴くと、現行のインディーシーンとの同時代性をたしかに感じることができますけどね。たとえば、坂本慎太郎の諸作やD.A.N.との音楽性とのリンクであったり。

ニカホ:レーベル代表の近越さんが声をかけてくれたときも、ルーツに根ざした部分が見えるところをすごく気に入ってくれたんですけど、それをちゃんと同時代に落とし込めていると言ってくれて。それでホッとしたところがありました。

―ということは、自分が創造する音楽に同時代性があるとは自覚していなかったと。

ニカホ:全然なかったです。

ニカホヨシオ

―では、なぜ他者がニカホさんの音楽を聴いたときに同時代性を見い出せられるのだと思いますか?

ニカホ:おそらくその理由のひとつは、制作スタイルが宅録だからなのかなと思います。ビートからベースのアレンジからウワモノから歌から、全部ひとりで作る作業のあり方自体が、同時代的なムードとリンクする作用をもたらしているのかなって。僕がリスナーとして聴いてきた音楽は、家で簡単にレコーディングできないものばかりだったけど、僕が作る音楽は宅録でできている。その違いはすごく大きいと思います。

だから、さっき名前が挙がったD.A.N.は、僕と音楽的なツールが全然違うと思うんですけど、唯一共通しているところがあるとするなら、曲が発している「宅録感」だと思うんですよね。彼らに話を聞くと、D.A.N.の制作スタイルは、まず大悟くん(櫻木 / D.A.N.のボーカル)の部屋に集まって、彼の家にある機材で宅録的にデモを作っているということだったので。あと、坂本さんの音楽性も好きです。坂本さんも僕とルーツが同じではないと思うんですけど、ミニマムな制作環境で作品を作られているようですし。

僕は日本の音楽は全然通っていないので。本当にブルースばかり聴いて育ってきたんです。

―Yogeeのサポートキーボーディストになった経緯は?

ニカホ:Yogeeのサポートギターをやっている吉田巧が、高校時代の同級生でずっと仲がよくて。彼もけっこう偏った音楽的嗜好の持ち主なんですね。THE BEATLESからOasisといったブリットポップを経て、マッドチェスタームーブメント周辺とかをよく聴いていて。

―UK音楽育ちなんですね。

ニカホ:そう。一方で、僕からの影響もあると思うんですけど、ブルースも大好きで、よくセッションをしてました。逆に、僕がサイケを聴くようになったのは、高校時代に巧にThe Doorsを薦められてからなんです。もともとTHE BEATLESの『Rubber Soul』(1965年)や『Revolver』(1966年)といったサイケ期のムードは好きだったんですけど、自分が作る音楽の重要な要素になっているのは、巧との関係性が大きいと思います。巧とはずっと深い関係性があって、巧を通じて健悟が鍵盤を弾ける人を探しているということで紹介された感じです。

ステージ上手が吉田巧

―それまでYogeeのメンバーとは面識はなかった?

ニカホ:なかったです。チェックはしていたんですけど。

―“Sunset Town”のアレンジ作業をしながら、彼らの音楽性にどのような印象を持ちましたか?

ニカホ:ルーツが僕とは全然違うなということを最初に思いました。共通しているところもあるんですけど。ファンクやヒップホップをはじめブラックミュージック由来のビートに対する興味の共有はできるなと思ったし、あとはフィッシュマンズに対する思い入れもある程度共有できていると思ってます。

一方で、健悟は日本のポップソングもルーツにあるじゃないですか。僕は日本の音楽は全然通っていないので。本当にブルースばかり聴いて育ってきたんです。日本においてどちらが一般的な音楽の聴き方をしてきたかといえば、もちろん健悟のほうなんですけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ニカホヨシオ『SUR LA TERRE SANS LA LUNE』
ニカホヨシオ
『SUR LA TERRE SANS LA LUNE』(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:1,620円(税込)
SSRCD-001

1. SUR LA TERRE SANS LA LUNE
2. 亡霊たちの楽園
3. So Many Roads
4. SUR LA TERRE SANS LA LUNE(Nakayaan Remix)

ニカホヨシオ
『SUR LA TERRE SANS LA LUNE』(アナログ7インチ)

2016年11月2日(水)発売
価格:1,620円(税込)
SSREP-001

1. SUR LA TERRE SANS LA LUNE
2. 亡霊たちの楽園

イベント情報

『発売記念ライブ』

2016年11月3日(木・祝)
会場:東京都 渋谷 7th floor
出演:
Nikaho Yoshio & the SanRaTans
Alfred Beach Sandal(アコースティックセット)
and more
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

ニカホヨシオ
ニカホヨシオ

サイケとブルース、シュルレアリスムを愛する23歳の鍵盤奏者。現在、Yogee New Wavesでサポートキーボーディストとしても活躍する傍ら、昨年より自身のソロ名義での楽曲制作を開始。ほぼ全ての楽器を自ら演奏する。ミキシングエンジニアに元・森は生きているの岡田拓郎を迎え、アートワークを国内外で高く評価されているコラージュアーティストQ-TAが手がけ、ボーナストラックとしてミツメのメンバーNakayaanによるリミックスも収録したデビューシングルを11月2日にリリース予定。また、11月3日には、Alfred Beach Sandalを招いた本作の発売イベントも決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも