特集 PR

ラバーガール飛永との対話でこぼれた、HINTO安部コウセイの本音

ラバーガール飛永との対話でこぼれた、HINTO安部コウセイの本音

HINTO『WC』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一

夏って普通は楽しいイメージですけど、コウセイさんの描く夏はそんなに楽しそうじゃないじゃないですか? その感じがものすごく刺さるんです。(飛永)

―飛永さんはHINTOの新作『WC』に対してどんな感想を持たれましたか?

飛永:前に二人で話をしたときに、歌詞の話をしてくれて、それがすごく面白かったんです。そのときコウセイさんが言っていたのが、みんな「恋愛」っていうお題に対して、どう歌うかを競っているって話で。 たとえば、「パイナップル」ってタイトルで、「パイナップルのトゲトゲが恋の痛みに似てる」みたいな、そういう「何を使うか」っていう勝負になりがちだと。でも、コウセイさんは普通のテーマに対して、どれだけ違う角度で書けるかを探していると話してくれたんですよ。

―コウセイさんのその姿勢は、具体的にはどういった楽曲で反映されていると思いますか?

飛永:今回のライブで“シーズナル”をエンディングで使ったんですけど、夏って普通は楽しいイメージですけど、コウセイさんの描く夏はそんなに楽しそうじゃないじゃないですか? その感じがものすごく刺さるんです。今作で言うと、“デート”とかも、あんまり楽しそうじゃない(笑)。こういう歌詞がすげえグッとくるんですよね。

安部:「デート」ってテーマ自体は、どこにでもあるテーマですよね。それを自分なりの角度で見て、「デート」ってテーマ自体が新鮮に感じられたり、もっと言えば、「デート」って言葉自体が変質して崩れていくような、その感じが気持ちいいんです。でも、コントに関しても同じことを言ってましたよね?

飛永:うちらも設定自体は電気屋とか英会話教室とか、普通ですからね(笑)。

―アルバムのラストには“ザ・ばんど”という曲が収められていて、これも「バンド」という一般的なテーマをコウセイさんならではの角度で描いたと言えますか?

安部:この曲はまずタイトルが浮かんだんです。バンドをテーマにした曲を作りたいと思って、1年以上寝かせていたんですけど、冒頭のギターリフを真くん(伊東)が持って来たときに、四人で演奏している映像が浮かんで。それがきっかけで作りました。

ただ、バンドのことをシリアスに書くって、やっぱり恥ずかしいんです。でも、いい加減そこから逃げずにやんなきゃなって思ったのも事実なんですよね。今回“star”では<がんばれ>って言ってますからね。それもものすごく勇気がいりました。

―なぜ今回のタイミングでは恥ずかしいと思う言葉でも使おうと思ったのでしょうか?

安部:なんでだろう……まあ、ど真ん中のことを大きい声で言う気持ちよさってやっぱりあるから、言いたくなってきたんでしょうね。あと“ザ・ばんど”に関して言うと、これを歌ったときに、自分達がいい方向に引っ張られるような曲にしたいと思ったんです。しんどいときに歌って、気持ちが前向きになったりしたらいいなって。

―ある意味、自分を鼓舞するような意味合いもあると。

安部:あと最近Twitterとかでバンドの解散とか活動休止っていう情報を見ると、全然接点ないバンドでも、どっかで悲しい気持ちになるんですよ。いままでだったら、「ライバルが減ってラッキー」くらいにしか思わなかったのが、いまは「嫌だな」とか「世知辛いな」って気持ちになる。そういうことも関係していたと思いますね。

左から:安部コウセイ、飛永翼

売れるために何かを選択するってやり方はもうやめたい。(安部)

―いまのコウセイさんの周りのバンドに対する気持ちって、飛永さんも周りの芸人さんに対して思いますか?

飛永:僕は昔から思っていますね。やめるって言わないとやれちゃう世界だから、「次は自分なんじゃないか?」って変な不安の中でやっている感じがあって。誰かがやめるって話になるたびに考えさせられますね。あの、この前コウセイさんと話したときに、「売れたい」って話をしてたじゃないですか?

安部:うん、そりゃあ売れたいよ(笑)。

飛永:ただ続けていくのは簡単なんですけど、「売れる」っていう目標の中で勝負していかないといけないなって気持ちは僕らにもあります。

安部:そう、ただ何となくやってるだけじゃダメなんだけど、曲作りのときに「売れるため」を意識するのもよくないんですよ。「売れたい」っていうのは願いとして留めておべきというか。

そりゃあ売れたいけど、それは結果論だしなって思うところもあって、売れるために何かを選択するってやり方はもうやめたい。「売れたい」って気持ちだけが強くなると、焦燥感が高まってきて、自分の首を絞めることになるんで、そうはならないようにしたいんです。

飛永:うちの後輩が最近売れたいと思ったのか、「サイモン」って名前にして、片言でしゃべるようになったんですけど、3か月でしんどくなってやめてました(笑)。「売れたい」と思ってやることって、難しいですよね。

安部:やっぱり、ホントに面白い、新しい、かっこいいって思ったことをやらないとダメなんだと思う。そうじゃないと誰にも伝わらないし、そもそも続けられないですよね。そうやって作ったものの質がよくて、結果的に売れるっていう過程が健康的だし、自分も気持ちいいし、みんなも幸せになるだろうから、売れるためにどうこうっていうのはもうやらない。実は、俺これまではやっていたんですよ。

飛永:そうなんですか?

安部:前作(2014年リリースの『NERVOUS PARTY』)とかは、少しそういう気持ちもありました。SPARTA LOCALSが全然売れなかったから、HINTOで売れてやろうと思って、どういう曲が売れるのかって何となく勉強したし、「売れるか売れないか」を迷ったときのジャッジの基準になることも少なからずあったんです。でも、結局そうやって作ってもダメで、今回はもうやめました。もちろん売れたいけど、作ることに関しては、そういうことは一切考えない。『WC』を作って、やっとそういう気持ちになれたんです。

―個人的には『WC』を聴いて、バンドの覚悟のようなものを感じたのですが、コウセイさんのそういった思いが反映された結果なのかもしれないですね。今日は貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

左から:飛永翼、安部コウセイ

Page 3
前へ

リリース情報

HINTO『WC』
HINTO
『WC』(CD)

2016年9月21日(水)発売
価格:2,500円(税込)
BXWY-014

1. なつかしい人
2. ガラスのハート
3. かるま
4. デート
5. 悪魔の実
6. star
7. 花をかう
8. 風鈴
9. ザ・ばんど

ラバーガール『ラバーガールLIVE「大水が出た!」』
ラバーガール
『ラバーガールLIVE「大水が出た!」』(DVD)

2016年10月26日発売
価格:3,240円(税込)

プロフィール

>HINTO
HINTO(ひんと)

元SPARTA LOCALSの安部コウセイと伊東真一が中心となり2010年結成。2013年に元SPARTA LOCALSで安部コウセイの実弟である安部光広が加入し現体制となる。2016年9月、2年ぶりとなる新作『WC』をリリース。

ラバーガール

飛永翼、大水洋介によるお笑いコンビ。共にスクールJCA10期生。2001年8月にデビュー。主にシュールなコントを展開する。ボケ・ツッコミ共に抑揚や緩急が少なく、淡々と進めていくのが特徴。2005年に『平成17年度NHK新人演芸大賞』で本戦に進出、2010年、2014年にはコント日本一を決定する「キングオブコント」決勝進出を果たしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言