特集 PR

後藤英が真鍋大度に訊く、五輪閉会式の裏とメディアアートの未来

後藤英が真鍋大度に訊く、五輪閉会式の裏とメディアアートの未来

『Body in zero G「2020年までに地球上で無重力状態を作り出すプロジェクト」』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影・編集:矢島由佳子

パリを拠点に活躍するニューメディアアーティストの後藤英が、12月7日、渋谷WWWで『2020年までに地球上で無重力状態を作り出すプロジェクト』というユニークなタイトルのパフォーマンスを開催する。全世界初公開となる同作は、プロジェクションマッピングの技術を利用した3Dダンスシアター。ARやVRの技術が飛躍的に向上している昨今、ダンサーの「肉体」を仮想空間とシンクロさせる後藤の試みは、メディアアートシーンに新たな一石を投じるものとなるだろう。

そんな後藤がフランスからの一時帰国中に会った相手は、ライゾマティクス取締役 / ライゾマティクスリサーチ主宰の真鍋大度。Perfumeのライブでは演出の技術面のサポートを、そして最近ではリオオリンピック・パラリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーの映像演出を手がけ、その革新的なビジュアルによってメディアアートの可能性を押し広げた人物である。二人はかつて、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)で出会った仲だそう。

日本が世界に誇るメディアアートとはなにか。来るべき2020年に向けて、二人はどのようなビジョンを描いているのだろうか。パラリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーを無事に終え、なんと対談前日にリオから帰国したという真鍋に、まずは現地でのエピソードを聞きつつ、話題は多岐に及んだ。

フラッグハンドオーバーセレモニーでは、日本のクリエイターに、現地のエンジニアもビックリしていました。(真鍋)

―真鍋さんは、リオオリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーでは具体的にどの部分を手がけたのですか?

真鍋:「安倍マリオ」が土管から出てきてARが始まるところから、床面の映像や、フレームなどのシステムを繋げる仕組みの開発と、フレームのライトのパターン作りを行いました。

後藤:どこまで自分の意思でできたのか、興味があります。なかなか好きなように作らせてもらえず、作家のエゴが出てきたりしたのでは?(笑)

真鍋:僕、結構職人っぽく作るのが好きなんですよ(笑)。細部についてはこだわりがありますが、ステージの全体は演出家が手がける感じですね。

―準備期間はどのくらいだったのですか?

真鍋:昨年の12月に打診があり、正式にオファーを頂いたのは1月です。最終的な演出がフィックスしたのはエンブレムのデザインが決まってからですが、輸送の関係で6月半ばには完成させる必要がありました。ソフトウェアは規模が変わっても納品物の形態はそこまで大きく変わりませんが、ハードウェアチームや振付家、パフォーマーは特に大変だったと思います。

制作に向けては予め制約がありました。会場リハーサルができない、転換時間が非常に短い、プロジェクションの位置精度が低い、機材設置場所が限られている、天候リスクなどなど、その中でどういったことができるかということをチームで検討して、何度もプレゼンをして、今の演出となりました。シミュレーションも、かなり緻密に行いましたよ。たとえば「この観客席に座って観たときには、どう観えるか」などはVRゴーグルを使って確認したり、カメラワークのシミュレーションも独自のソフトウェアを開発して行っています。そのためにダンサーとフレームの動きなどすべて3Dデータ化しているんです。

左から:後藤英、真鍋大度
左から:後藤英、真鍋大度

―オリンピックのフラッグハンドオーバーセレモニーは、土砂降りだったそうですね。

真鍋:ダンサーも大変だったと思いますが、放送チームは相当大変だったようです。雨風がひどいとヘリも飛ばない、スパイダーカム(空中特殊撮影機材)も使えないということで、予定していたカットが撮れないということも多く、悔しい思いをした部分もあります。

―結構、当日には臨機応変で動かなければならないことが?

真鍋:もちろん、各部署にバックアップのプランがあるのでショーが成立しなくなるということはありません。そういう細かいシミュレートは、日本のクリエイターは特によくやっていると思います。現地のエンジニアもみんなビックリしていたので。

―後藤さんも、海外での生活が長いし公演もたくさんされていますが、やはりそういう海外ならではのトラブルは多いですか?

後藤:多いですね。頼んでおいたものがないのは当たり前、でも技術者がやたら威張っている、みたいな(笑)。逆にドイツ人は優しかったりして。そういう意味では、日本って素晴らしいですよね。ものはあるし、絶対になにもかもきちんと動くし、遅れたりすることもないですし。 日本人は、みんなと連携して動くことをちゃんと考えますが、海外はそういうのないですからね(笑)。信じられないことがたくさんありますよ。たとえばプロジェクションマッピングをやるときには、白の床が当たり前なんですけど、それがなくて、前日に行ってペンキ塗りしたことがありました(笑)。そういうことを挙げていったらキリがない。

真鍋:想像力を働かせて欲しいですね(笑)。そういうところが常にしっかりしているのは、日本だけかもしれないですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Body in zero G「2020年までに地球上で無重力状態を作り出すプロジェクト」』

2016年12月7日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
後藤英
海野崇彬
ルシオ・アリーズ
パトリック・デファースン
駿河暁子
鈴木綾香
主催:Athor Harmonics

※パフォーマンス後に専門家によるパネルディスカッションを開催
出演:
草原真知子(早稲田大学文学学術院、文化構想学部表象・メディア論系教授)
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)
佐々木敦(HEADZ代表)

リリース情報

後藤英『CsO』
後藤英
『CsO』(2CD)

2016年3月23日(水)発売
価格:3,500円(税込)
Athor Inspiration / ATHO-3009

[DISC1]
1. Continuum
2. BodyJack
3. CsO
[DISC2]
4. o.m.2 – g.i. – p.p
5. Duali

書籍情報

『Emprise』
『Emprise』

2016年3月15日(火)発売
著者:後藤英
価格:6,480円(税込)
発行:スタイルノート

プロフィール

後藤英
後藤英(ごとう すぐる)

ニューメディアアーティスト、作曲家。斬新なエレクトリカルミュージックとボディスーツを用いたパフォーマンスなど、アートとテクノロジーを融合するスペクタクルを作り上げる。後藤の作品は、ヨーロッパを中心に世界中のアートコンテスト、フェスで多くの賞を受賞し、国際的に高い評価を受けている。音楽、芸術、科学、哲学すべてにおいての深い造詣を、前衛的なテーマで表現する日本屈指のニューメディアアーティスト。

真鍋大度
真鍋大度(まなべ だいと)

メディアアーティスト、DJ、プログラマー。2006年Rhizomatiks設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。プログラミングとインタラクションデザインを駆使して様々なジャンルのアーティストとコラボレーションプロジェクトを行う。米Apple社のMac誕生30周年スペシャルサイトにてジョン前田、ハンズ・ジマーを含む11人のキーパーソンの内の一人に選出されるなど国際的な評価も高い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)