特集 PR

アングラから一気に全国区へ Have a Nice Day!インタビュー

アングラから一気に全国区へ Have a Nice Day!インタビュー

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:柏井万作

今自分にとっては「拡張する」ってことが正義で、「アンダーグラウンドのシーンを盛り上げる」みたいなことは考えてない。とにかくより人を巻き込んでいけるやり方でやりたいんです。

―最初に話したように、新作の帯がリリースパーティーの入場引換券になっていて、さらにはタワーレコード限定の予約者特典としてCD-Rがついてきたりと、こういう試みもハバナイとしては新鮮ですね。

浅見:少し前にタワレコ新宿店の店長に、クラウドファンディングを使ったリキッドルームのパーティーって、一般的には尖り過ぎてて入って来づらいと言われたんです。俺ら的には「みんながやってないことをやろう」ぐらいで、尖ってるつもりは別になかったんですけど、確かにそうだなと思って。だから今回は、インターネットを使うとかではなく、CDに特典をつけるっていう、わかりやすい形にしたっていうのはありますね。

浅見北斗

―裏を返せば、ハバナイがそれだけ一般層にまで拡張しつつあるということですよね。

浅見:まさに、今自分にとっては「拡張する」ってことが正義で、「アンダーグラウンドのシーンを盛り上げる」みたいなことは考えてない。その意味でも、とにかくより人を巻き込んでいけるやり方でやりたいんです。

O-WESTのときに(大森)靖子ちゃんに来てもらったり、今回CD-Rの音源で(永原)真夏ちゃんに歌ってもらったりっていうのも、アンダーグラウンド的な動きではなく、「より拡張したい」っていう考えから来ていて。別に商業的なことに対してアンチを掲げるわけでもなく、メジャーでもインディーでもかっこいいやつはかっこいいし、かっこ悪いやつはかっこ悪いですからね。

浅見北斗

―ハバナイはアイドルとの接点も強いわけですが、単純に、握手券をはじめとした「アイドル商法」に対しては、どんな印象を持っていますか?

浅見:別にどんな方法で金儲けしようが構わないと思うんです。握手券付きのCDも、別に自分にとって必要じゃなければ買わなきゃいいだけで、聴く側の自由じゃないですか? むしろ、それを商売にしてるやつらは頭いいなって思うんで、そういうところは学んでいくべきだと思います。

―では、浅見さんが今回CDにライブの入場券をつけた狙いは?

浅見:「音源を買う」ってことと、「ライブに行く」ってことを、できるだけ地続きにしたかったんです。最近ハバナイやっててよかったなって思うのが、ライブに来てるやつらがみんなホントに感情むき出しになってるってことで、「こんな風景を見れるのは俺たちしかいないな」って思うんですよ。やっぱり、ハバナイとライブは切り離せなくて、O-WESTのワンマンのときに“blood on the moshpit”で見た光景は、「これがハバナイなんだ」って気づかせてくれるものだったんです。

5月にO-WESTで行われたライブ動画。大森靖子は21分40秒あたりに登場。“blood on the moshpit”は26分20秒あたりから

―途中でも話に出たように、ハバナイとオーディエンスにはある種の「共犯関係」があると思うのですが、その結びつきがここに来てさらに強くなっているわけですか?

浅見:昔からのお客さんが来なくなったり、新しいお客さんが来るようになったり、サイクルしてはいると思うんです。それこそ、今までは「東京が絶対」って言ってたのに、それをまるでなかったかのように普通に地方行きだしてて、それってある意味今までのお客さんに対する裏切りじゃないですか? でも、今は地方に行けば東京と同じような勢いでライブを観に来てくれる人がちゃんといるんですよね。

浅見北斗

―流動性はありつつ、確実にその渦は大きくなっていると言えそうですね。

浅見:そうですね。だから、薄まってないとは思うんです。この間Chim↑Pomのイベントに出て、そのときのライブ映像観たら、「なんて男しかいないんだ!」って思ったんですよ。こんだけ男しかいない感じって、ハバナイか、FUGAZIか、Lightning Boltくらいだなって(笑)。もちろん、実際は女の人もいるっちゃいるんですけど、女の人も男と同じように感情むき出しで暴れてくれて、そういうのは嬉しいし、すげえなって思いますね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』
Have a Nice Day!
『The Manual(How to Sell My Shit)』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-036

1. Haywood/Marcellus
2. dance with my climax(void void)
3. 666
4. LOVE SUPREME
5. ミッドナイトタイムライン
6. CRUSH CANDY
7. skit
8. NEW ROMANCE feat. world's end girlfriend
9. WASTED
10. 24hours feat. 入江陽
11. BLUE MIRRORBALL
12. パーティーが終わる
13. Rogers

イベント情報

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』リリースパーティー

2016年11月23日(水・祝)
会場:愛知県 名古屋 鶴舞DAYTRIP
出演:
Have a Nice Day!
NATURE DANGER GANG
おやすみホログラム
料金:当日1,000円(2ドリンク付)
※アルバム付属の引換券で入場無料(ドリンク別)

2016年11月25日(金)
会場:大阪府 味園ユニバース
出演:
Have a Nice Day!
SANABAGUN.
どついたるねん
料金:当日1,000円(ドリンク別)
※アルバム付属の引換券で入場無料(ドリンク別)

2016年12月12日(月)
会場:東京都 渋谷 WWW X
出演:Have a Nice Day!
料金:当日2,500円(ドリンク別)
※アルバム付属の引換券で入場1,000円(ドリンク付)

プロフィール

Have a Nice Day!
Have a Nice Day!(はぶ あ ないす でー)

リーダーの浅見北斗を中心に、2011年頃より活動するジャンク・ディスコ・バンド。ウネるシンセ、太いベースを軸としたサウンドが魅力。2012年にオモチレコードより『BLACK EMMANUELLE EP』2013年に『welcome 2 SCUM PARK』を発表。新宿LOFTを中心に開催されていた“SCUM PARK”の中心的バンドとして、NATURE DANGER GANGらとともに東京アンダーグラウンド・シーンで注目を浴びる。2015年4月にはおやすみホログラムとのコラボ作「エメラルド」、Limited Express (has gone?)とのコラボ作「Heaven Discharge Hells Delight」をリリース。15年11月18日には会場限定3rdアルバム「Dystopia Romance」のリリースパーティーをクラウドファンディングで一般から出資を募り恵比寿リキッドルームでの開催にこぎつけ満員御礼、大成功を収めた。2016年4月、Virgin Babylon Recordsからベスト盤『Anthem for Living Dead Floor』、5月にはアルバム『Dystopia Romance 2.0』をリリース。11月9日にアルバム『The Manual(How to Sell My Shit)』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』