特集 PR

ピノキオピー、「人間の不完全さを許そう」とネット社会に訴える

ピノキオピー、「人間の不完全さを許そう」とネット社会に訴える

ピノキオピー『HUMAN』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:岩本良介 編集:山元翔一
2016/11/30
  • 388
  • 138

動画サイトでの投稿からスタートし、近年はライブ活動にも力を入れ、初音ミクと共に自らもガンガン歌いまくる独自のスタイルを確立したピノキオピー。新作『HUMAN』にはその成果が存分に詰め込まれているが、この作品は単に「ボカロPが表に出てきて歌うようになった」という面白さだけではなく、もっと重要なことを示唆している。

それはアルバムタイトルが示している通り、「人間のあり方を見つめ直す」ということ。インターネットによってあらゆる壁がなくなるのかと思いきや、逆にあらゆる場所で分断が起こりつつある現代において、人間の営みに本来内在する「混ざり合って豊かになる」という本質を問いただす、それが『HUMAN』という作品なのだ。そしてここでは、人間の本質を見つめ続けてきたピノキオピーの作家性が見事に開花している。間違いなく、もっともっと多くの人に聴かれるべきアーティストだと思う。

僕は自分の声もボカロの声も同じ「音楽」だと思いはじめて、それをごちゃまぜにしたかったんです。「ボカロだとか人間だとか関係なくなっちゃえばいいのに」くらいの気持ち。

―先日、CINRA.NETで実施したDECO*27さんとNeruさんの対談で、「2016年に入って、ボカロのシーンがまた面白くなってきた」という話になったんです(ボカロシーン、焼け野原からの再出発 DECO*27×Neru対談)。その対談の時点で、2016年に100万再生を記録した曲が4曲あって、そこにピノキオピーさんの“すきなことだけでいいです”も加わって5曲になりました(現在はryo(supercell)の“罪の名前”も加わって、6曲に)。そのとき、デコさんは今のボカロシーンが「2009年くらいの感じに近い」とも言っていました。

ピノキオピー:僕も近いということは感じています。一旦ピークを迎えた盛り上がりが落ち着いて、またフラットに戻った時期なのかなと。ここからさらに盛り上がるかはわからないですけど、いろんな人が出てきて、間違いなく風通しはよくなったと思いますね。

2015年あたりは本当に「ボカロはもう終わりなんじゃないか」っていう空気があったんですけど、それでも聴き続けてくれている人はいたんですよね。そして最近になって、そこに偏見のない新しい人が入ってきているのかなと感じます。

ピノキオピー
ピノキオピー

―一時期は、ボカロ曲の「ヒットの方程式」みたいなものができて、画一化してしまったけど、今はまた自由な発想の人が増えて、面白くなってきたのかなという話もありました。

ピノキオピー:ボカロ初期の2000年代後半ってやんちゃな人が多くて、それこそ僕が所属する「GINGA」なんて、そういう人の集まりみたいなところもありましたよね。今は方程式に則ることで注目されるよりも、誰もやっていないようなことをやって注目されたいっていう人が増えたんだと思うんですけど、その方が表現としては健全ですよね。

―ピノさんが今注目してる人っていますか?

ピノキオピー:でんの子Pさんは毎回アイデアを凝らした動画をアップしていて面白いなって思います。コマーシャルの企画会議のやつ(“ミッション・ボーカロイド・コマーシャル”)とか、めちゃめちゃ面白いです。

―そんな中、新作『HUMAN』に関しては、これまで以上にピノさん自身の歌の割合が増えていますよね。そこに、ニコニコ動画周辺のみならず、より広い人に届けようという意思が感じられました。

ピノキオピー:ライブの本数が増えたことでこうなったっていうのが正直なところなんですけどね。僕はライブを通して、自分の声もボカロの声も同じ「音楽」だと思いはじめて、それをごちゃまぜにしたかったんです。「ボカロだとか人間だとか関係なくなっちゃえばいいのに」くらいの気持ちで。

ただ、ボカロが好きで聴いている人からすると、ボカロだけ聴きたいだろうし、逆にボカロが苦手な人にとっては、ボカロが入っている時点で嫌だろうから、茨の道だと思います。それでも自分の声の割合を増やした楽曲を作りたかったし、それをひとつの作品にしたかったんです。

―自分の声とボカロの声のバランスに関しては、どう考えましたか?

ピノキオピー:半々ぐらいで考えました。人間の有機的な声が混ざると、ボカロの無機質さが際立つのでそれも面白いなと。SofTalk(音声読み上げソフト)にシリアスなこと言わせると台無しになる感じと、ボカロは近いものがあると思っていて。自分の声とボカロの声が入り乱れることで、僕が真剣に歌ってるのに対して、ボカロが水を差したり、その逆もあって、お互いが水を差し合ってる(笑)。その感じがいいなって思います。

―“動物のすべて”のミュージックビデオでは、これまでになくピノさん自身が前面にフィーチャーされているのも新鮮でした。

ピノキオピー:ボカロ曲の場合は作り手が見えないことが多いですけど、曲が存在する以上、作り手は絶対にいるんですよね。僕はもっと作り手に注目が集まればいいなと思ってるので、自分の歌を前面に出すのは「ここにいるぞ!」っていうアピールみたいな感じです。

インターネットっていう匿名性の強い場所で活動していたのに、急に自分を押し出すのって、エゴが強いって思われるかもしれないですけど、作り手の存在を意識させることで、誠実に活動していきたいんです。ネット上に勝手にコンテンツが現れて、勝手に消えていくみたいな感じは、無欲で主張の少ない美徳もありますが、反面、受け手や送り手の存在感が薄れていって、「人がいる」という認識がなくなるのはすごく嫌です。

Page 1
次へ

リリース情報

ピノキオピー『HUMAN』初回限定盤
ピノキオピー
『HUMAN』初回限定盤(2CD)

2016年11月23日(水・祝)発売
価格:3,300円(税込)
UMA-9086/7

[CD1]
1. ニッポンの夜明け
2. 動物のすべて
3. 頓珍漢の宴
4. Cryptid
5. デラシネ
6. 祭りだヘイカモン
7. 羊たちの沈黙
8. China Girl
9. 空想しょうもない日々
10. ウソラセラ
11. すきなことだけでいいです
12. きみも悪い人でよかった
13. SAYONARA HUMAN
[CD2]
1. 1year
2. はじめまして地球人さん -HUMAN ver.-
3. からっぽのまにまに -HUMAN ver.-
4. 前夜祭のデルトロ
5. 腐れ外道とチョコレゐト -HUMAN ver.-
6. ありふれたせかいせいふく-HUMAN ver.-
7. hanauta

ピノキオピー
『HUMAN』通常盤(CD)

2016年11月23日(水・祝)発売
価格:2,500円(税込)
UMA-1086

1. ニッポンの夜明け
2. 動物のすべて
3. 頓珍漢の宴
4. Cryptid
5. デラシネ
6. 祭りだヘイカモン
7. 羊たちの沈黙
8. China Girl
9. 空想しょうもない日々
10. ウソラセラ
11. すきなことだけでいいです
12. きみも悪い人でよかった
13. SAYONARA HUMAN

イベント情報

ピノキオピー『HUMAN』Release Tour -人間の集まり-

2017年2月25日(土)
会場:京都府 KYOTO VOXhall

2017年2月26日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB JB'S

2017年3月5日(日)
会場:広島県 TBA

2017年3月19日(日)
会場:福岡県 club selecta

2017年3月25日(土)
会場:東京都 渋谷 club asia

プロフィール

ピノキオピー
ピノキオピー

2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表し、ピノキオピーとして活動開始。以降も精力的に楽曲を発表しつつ、ここ数年はライヴ活動に尽力している。作風は、フロアを意識したシリアスグルーヴィーテクノミュージックやお祭りどんちゃん盆踊り型ダンスミュージックから、ノスタルジックなフォークトロニカなど幅広いサウンドをエレクトロ・パンク精神で発信するサウンドクリエイター。ライブにおいては、2014年より今までのパフォーマンス形態からリニューアルを図り、笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。2016年現在、新アルバム『HUMAN』を引っさげた、全国ツアーを控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。