特集 PR

ピノキオピー、「人間の不完全さを許そう」とネット社会に訴える

ピノキオピー、「人間の不完全さを許そう」とネット社会に訴える

ピノキオピー『HUMAN』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:岩本良介 編集:山元翔一

ニコニコ生放送を個人的にやると、「ピノキオピー、最近なんか歌ってんな」みたいなコメントがすげえくるんですよ。でも、そういう距離感がいいんです。

―ライブをやるようになって、自分で歌う割合が増えていったのは、生の臨場感みたいな部分が重要だと感じたからでしょうか?

ピノキオピー:やっぱり、ボカロだけだとライブ感って出しにくいんですよ。ボカロのライブって、大半は映像を使って、そこに初音ミクが存在するように演出するわけですけど、視覚上はライブ感を補てんできても、聴覚までは補てんするのが難しいんです。なので、僕が歌うことで聴覚上でもライブ感を出せたらなと。まさか自分でもこんなに歌うようになるとは思ってなかったんですけど。

―もとからボーカリスト志望だったら、そもそもボーカロイドの道には進まないですよね(笑)。

ピノキオピー:以前は、自分は歌う人間じゃないと思っていたんです。“祭りだヘイカモン”とかは勢いでがなってるだけなんですけど(笑)、でもライブや曲作りで歌に重きを置くようになってからは「もっと丁寧に歌おう」「感情をちゃんと入れよう」って考えるようになりました。これまではそこにも照れがあったんですけど、やっぱり歌に真剣に向き合うことで、表現としてよりエモーショナルになりますからね。

―“Cryptid”のような曲で聴ける、柔らかな、優しい歌い方はすごく新鮮でした。

ピノキオピー:今までアッパーな曲ばっかりだったので、ちょっとクールダウンさせて、なおかつ自分も参加できる曲を作りたかったんです。ボカロが歌い上げる系の曲って、自分が参加する余地がなくてライブだとどう曲に参加したらいいかがわからないんですよ。

ピノキオピー

ピノキオピー:ただ、最初は「静かな曲は静かに歌えばいい」っていう当たり前のことすらわかってなくて、ずっと声を張っていたんです。でも、途中で力を抜いて歌ってみたらいい感じになって、「こういう歌い方もアリなんだ」っていうことを学びました。

―ピノさんはもともとフォークがお好きだったそうなので、フォークシンガーからの影響もあったのでしょうか?

ピノキオピー:フォークもですが、僕はもともとパンクやメロコアをよく聴いていたのでその影響はあるかと思います。歌に関して言うと、「がなってる音楽こそすべて」みたいな認識だったんです。力の加減が効かなかったのはそのせいですね。

―前回の取材では「吹っ切れない自分が歌うからこその良さがあるんじゃないか」という話をしましたけど(謎の仮面を被るピノキオピー、ネットから飛び出し何を企んでる?)、今回はボーカリストとしてある種吹っ切れたところもあるのかなと思いました。

ピノキオピー:そうかもしれないです。でも、「調子こいちゃダメだな」っていうのは常日頃思ってます。「調子に乗る」ことと「自信を持つ」ことって別の話だと思っていて、自分にはないものを、さもあるかのように見せるのが「調子に乗る」ということだと思うんです。なので、そうはならないように注意したいなと。

MCでも基本的に世間話しちゃうんですよ。カリスマ性のあるボーカルはかっこいいなと思いますけど、自分はそうはなれないって気持ちが今もあって。

ピノキオピー

―ピノさんは「カリスマ」というよりも、もっとオーディエンスとの距離が近い感じですよね。

ピノキオピー:そうですね。ニコニコ生放送を個人的にやるとそれをすごい実感します。基本的に悪口とガヤが多くて(笑)。「ピノキオピー、最近なんか歌ってんな」みたいなコメントがすげえくるんですよ。何か意見を言うと、「おい、調子乗ってんのか?」ってきたり(笑)。

―お笑い芸人の深夜ラジオ的なノリですね(笑)。

ピノキオピー:それに近いかもしれないです。やっぱり、そういう距離感がいいんですよ。崇められても困るんで(笑)。

今は「人間」と「架空」の間でうごめいているというか。

―「HUMAN」というタイトルの意味合いについて教えてください。

ピノキオピー:去年くらいか漠然と考えていて、“頓珍漢の宴”は飲みの席の話だし、“空想しょうもない日々”も現実のことを歌っているから、「人間臭いな」って思っていたんです。楽曲に滲んでた人間臭さと、ライブで自分が前に出て歌っていることが結びついたって感じですね。

―自分でも歌うようになって、歌詞にも変化が出てきたわけですか?

ピノキオピー:そうですね。以前は初音ミクというキャラクターに歌わせる、みたいな感覚だったんですけど、今回は自分が歌っても違和感がない音楽になってきていると思います。これまで、歌詞はひたすら客観的な視点だったんですけど、主観を少しずつ入れるようになってきていますね。

たとえば、“SAYONARA HUMAN”がそうで。これは最初に話したことと通じるんですけど、もともとネットで姿が見えない形で活動をしていた僕が最近姿を出すようになったことで、「ピノキオピーって実在するんだ」みたいなコメントをする人がいるんです。ネットで活動するっていうことは、やっぱりそういうことで、作品の裏には作り手がいるっていう感覚が薄いから、それに対して「いますよ!」ってことを書いた曲ですね。だから、<そういや人間なんです>って歌っているんです。

―架空のキャラクターみたいに思われちゃうんですね。

ピノキオピー:もともとそういう形で出てきたし、その流れで仮面もつけてるわけなんですけど、今は「人間」と「架空」の間でうごめいているというか。インターネットについて言えば何でもそうですよね。Twitterも人が書いてる感じはしないけど、実際にはそれを書いてる人がいるわけで。

ピノキオピー

ピノキオピー:「どんな体勢でこれ書いたのかな?」とか考えたりするんですよ(笑)。寝っころがって書いたのか、飯食いながら書いたのかによって、書いてることの印象も変わってくるじゃないですか? それを意識することでただの文字情報ではなくなるんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ピノキオピー『HUMAN』初回限定盤
ピノキオピー
『HUMAN』初回限定盤(2CD)

2016年11月23日(水・祝)発売
価格:3,300円(税込)
UMA-9086/7

[CD1]
1. ニッポンの夜明け
2. 動物のすべて
3. 頓珍漢の宴
4. Cryptid
5. デラシネ
6. 祭りだヘイカモン
7. 羊たちの沈黙
8. China Girl
9. 空想しょうもない日々
10. ウソラセラ
11. すきなことだけでいいです
12. きみも悪い人でよかった
13. SAYONARA HUMAN
[CD2]
1. 1year
2. はじめまして地球人さん -HUMAN ver.-
3. からっぽのまにまに -HUMAN ver.-
4. 前夜祭のデルトロ
5. 腐れ外道とチョコレゐト -HUMAN ver.-
6. ありふれたせかいせいふく-HUMAN ver.-
7. hanauta

ピノキオピー
『HUMAN』通常盤(CD)

2016年11月23日(水・祝)発売
価格:2,500円(税込)
UMA-1086

1. ニッポンの夜明け
2. 動物のすべて
3. 頓珍漢の宴
4. Cryptid
5. デラシネ
6. 祭りだヘイカモン
7. 羊たちの沈黙
8. China Girl
9. 空想しょうもない日々
10. ウソラセラ
11. すきなことだけでいいです
12. きみも悪い人でよかった
13. SAYONARA HUMAN

イベント情報

ピノキオピー『HUMAN』Release Tour -人間の集まり-

2017年2月25日(土)
会場:京都府 KYOTO VOXhall

2017年2月26日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB JB'S

2017年3月5日(日)
会場:広島県 TBA

2017年3月19日(日)
会場:福岡県 club selecta

2017年3月25日(土)
会場:東京都 渋谷 club asia

プロフィール

ピノキオピー
ピノキオピー

2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表し、ピノキオピーとして活動開始。以降も精力的に楽曲を発表しつつ、ここ数年はライヴ活動に尽力している。作風は、フロアを意識したシリアスグルーヴィーテクノミュージックやお祭りどんちゃん盆踊り型ダンスミュージックから、ノスタルジックなフォークトロニカなど幅広いサウンドをエレクトロ・パンク精神で発信するサウンドクリエイター。ライブにおいては、2014年より今までのパフォーマンス形態からリニューアルを図り、笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。2016年現在、新アルバム『HUMAN』を引っさげた、全国ツアーを控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」