特集 PR

覆面女子中学生ユニット五五七二三二〇を支える男達の舞台裏

覆面女子中学生ユニット五五七二三二〇を支える男達の舞台裏

五五七二三二〇『四味一体』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望 編集:野村由芽

昨年、突如デビューした8人組の覆面パフォーマンスユニット「五五七二三二〇(ゴー・ゴー・ナナ・ニー・サン・ニー・レー)」が、新たなフェーズに突入した。10月26日に、8人を2人ずつのユニットに小分けした第3弾シングルを4曲同時配信。しかも、そこに「同時再生すると1曲になる」という仕掛けを忍ばせながら。さらに、イマジナリーな世界観の映像表現とともに楽しめるマッシュアッププレイヤーなるスマートフォンコンテンツもリリースされた。

音楽をただ聴くのではなく、新しい「遊び」の体験とともに提供する、五五七二三二〇プロジェクト。巷では「あのアイドルの覆面ユニットである」と正体がすでに明るみになっているわけだが、当の本人たちは依然口をつぐんだまま……ということで、まだまだ謎に包まれた本プロジェクトのクリエイティブディレクターである田中直基、音楽プロデューサー・冨永恵介、マッシュアップコンテンツの制作を担当した長井崇行、木村靖裕の四人に、その裏側を聞いた。

音楽史に影響を与えるかもしれない、画期的な「ミックス前提な4楽曲」

音を自在にミックスし、エディットする――。2曲以上のボーカルトラックとバックトラックを抽出し、テンポを合わせてミックスして同時進行させ、1曲として聴かせる「マッシュアップ」。既存楽曲の新たな魅力の一面を発掘し、音楽の可能性を広げてきたこの手法は、デジタルミュージックが盛んになりだした1980年代中盤から、テクノ、ハウス、クラブ&DJカルチャーから加速度的に発展し、いまや音楽シーンに欠かせない存在となっている。

そんなマッシュアップシーンに、アイドルシーンから新風を吹き込む画期的なコンテンツが誕生し、話題を呼んでいる。それが、五五七二三二〇のマッシュアッププレイヤーだ。

このコンテンツの特殊性を述べる前に、まずは8人組の覆面アイドルユニット「五五七二三二〇」の歩みについて簡単に説明しよう。

五五七二三二〇アーティスト写真
五五七二三二〇アーティスト写真(公式サイトを見る

2015年、デビュー作となる第一弾シングルでは、KenKen(RIZE)をコンポーザーに起用したエモなロックシングル“半世紀優等生”でギター5人+ドラム3人という例のない編成でパフォーマンスを披露。

続く第2弾シングル“ポンパラ ペコルナ パピヨッタ”では、菅野よう子が作曲を担当し、実験的な合唱パフォーマンスによって音楽ファンに痛烈な一撃を与えた。

そんな、人々の度肝を抜く仕掛けを繰り出してきた「五五七二三二〇」が、約1年の沈黙を破り、またも大ナタを振るったのが、第3弾となる「解体」プロジェクトなのである。

複数の試みが徐々に一つの形を成していくこのプロジェクトは、まず五五七二三二〇の8人のメンバーを4ユニットに小分けして制作された4曲が、10月26日に配信限定で同時リリースされることから始まった。

五五七二三二〇『シケラナイ』ジャケット
五五七二三二〇『シケラナイ』ジャケット(楽曲を聴く

五五七二三二〇『ガラパゴス・ビスケット』ジャケット
五五七二三二〇『ガラパゴス・ビスケット』ジャケット(楽曲を聴く

五五七二三二〇『小腹にデンデケ。』ジャケット
五五七二三二〇『小腹にデンデケ。』ジャケット(楽曲を聴く

五五七二三二〇『The Colorful World ~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~』ジャケット
五五七二三二〇『The Colorful World ~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~』ジャケット(楽曲を聴く

楽曲制作陣もかなり豪華で、レゲエアーティスト・RYO the SKYWALKERやインド民族楽器のタブラ奏者・U-zhaan、気鋭のトラックメイカー・banvoxのほか、海外活動も盛んなブレイクビーツユニット・HIFANAと伝説的ロックバンドThe Venturesがコラボレーションするなど、すべてテイストが異なるアーティストが集結。これらの楽曲をリリースした後、マッシュアップの手法によって4曲を1曲に仕上げてしまおうというのが、今回のプロジェクトの全容だ。

4曲が1曲にマッシュアップされることに気づき、検証してみるユーザーも

なぜ4曲を1曲にマッシュアップ? 茨の道がスタート

冒頭にも述べた通り、マッシュアップの手法自体は新しいものではないが、注目すべきはその体験クオリティーだ。そもそもなぜ4曲をマッシュアップする企画になったのか? 本プロジェクトの出発点を、そのこだわりと共に、クリエイティブディレクター・田中直基に聞いてみた。

田中:このプロジェクトはそもそも、ココナッツサブレというお菓子の50周年キャンペーンからスタートしたんです。今回、五五七二三二〇が「解体」をテーマにしたのは、今まで50年間、パッケージから味まで何ひとつ変わることのなかったココナッツサブレが、1パッケージを4つに小分けするという一大ニュースがあったから。じゃあ五五七二三二〇も2人ずつ4つに「解体」して、4曲の新曲を展開しようと。ただそれだけじゃ、面白くないと思ったんですよね。そこで思い出したのが、YouTubeでよく聴いていたマッシュアップ。これを後でエディットするんじゃなくて、もうそれ前提の曲って作れないのかな、と。

田中直基
田中直基

田中は、ここで普段パートナー的に仕事をしている音楽プロデューサーの冨永に相談を持ちかけた。

冨永:2~3曲のマッシュアップはよくあるけど、4曲マッシュアップは可能? という話が発端でした。でも、はじめはてっきり音楽だけをマッシュアップするものだと思っていたんですよ。だから「できるできる」って言ったんですけど、よくよく話を聞いてみると、全曲歌詞ありで、しかも4曲同時再生でノーエディットでちゃんとマッシュアップとして成立させたいと言われて、これは大変だぞと(笑)。

冨永恵介
冨永恵介

田中:新しいココナッツサブレは、中は4つに小分けになるけど、結局は4つ1パックで売られるんです。そういう商品コンセプトがあるから、楽曲も最後は「4つで1つ」に帰着させたくて。

Page 1
次へ

リリース情報

五五七二三二〇 with RYO the SKYWALKER & U-zhaan & banvox & HIFANA & The Ventures『四味一体』
五五七二三二〇 with RYO the SKYWALKER & U-zhaan & banvox & HIFANA & The Ventures
『四味一体』

2016年11月7日(月)発売
価格:257円(税込)

五五七二三二〇 with RYO the SKYWALKER『シケラナイ。』
五五七二三二〇 with RYO the SKYWALKER
『シケラナイ。』

2016年10月26日(水)発売
価格:257円(税込)

五五七二三二〇 with U-zhaan『ガラパゴス・ビスケット』
五五七二三二〇 with U-zhaan
『ガラパゴス・ビスケット』

2016年10月26日(水)発売
価格:257円(税込)

五五七二三二〇 with banvox『The Colorful World~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~』
五五七二三二〇 with banvox
『The Colorful World~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~』

2016年10月26日(水)発売
価格:257円(税込)

五五七二三二〇 with HIFANA & The Ventures『小腹にデンデケ。』
五五七二三二〇 with HIFANA & The Ventures
『小腹にデンデケ。』

2016年10月26日(水)発売
価格:257円(税込)

プロジェクト情報

五五七二三二〇「解体」

「ココナッツサブレが4つに小分けになる」。その衝撃的な「進化」を楽曲とパフォーマンスにした今作。「湿気らない」「小腹にちょうどいい」「友達と分け合う」「50年目の進化」4つの楽曲タイトルはココナッツサブレの進化をヒントに作られた。それぞれまったく違う味が味わえる個性的な4曲が、さらにマッシュアップコンテンツとしても楽しめる。

商品情報

ココナッツサブレ
ココナッツサブレ

昨年、発売50周年を迎えた「ココナッツサブレ」は、今年5枚×年パックへと“解体”。「食べる量を調整したい」「いつでもサクサクした食感を楽しみたい」といったユーザーの要望に応えリニューアルを実施した。

プロフィール

五五七二三二〇
五五七二三二〇(ゴー ゴー ナナ ニー サン ニー レー)

2015年3月にココナッツサブレの発売50周年を記念してデビューした女子中学生8人組のパフォーマンスユニット。メンバー個人に関する情報は非公開となっている。が、ここだけの話、その正体はアイドル「私立恵比寿中学」である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲