特集 PR

SNSがざわついた、でんぱ組.inc新PVの裏話を監督陣が語る

SNSがざわついた、でんぱ組.inc新PVの裏話を監督陣が語る

でんぱ組.inc『WWDBEST ~電波良好!~』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽、飯嶋藍子

メジャーデビュー5周年の集大成として、過去に音楽制作に携わった11人の共作曲“WWDBEST”が話題を呼んでいるでんぱ組.inc。そのPVも同様に6組の監督で共作され、各監督が1人のメンバーを担当。志賀匠(古川未鈴担当)、鶴岡雅浩(相沢梨紗担当)、スミス(最上もが担当)、田辺秀伸(夢眠ねむ担当)、山崎連基(成瀬瑛美担当)、BOZO&YGQ(藤咲彩音担当)が、それぞれ過去に制作した自身のPVをオマージュする内容で、SNSでは答え合わせを試みるファンが続出中だ。

結成以来、実験的要素を詰め込んだ作品を数多く発表してきたでんぱ組.incだが、前代未聞の本企画は一体どのように進行したのか。多忙な監督たちが一堂に会する貴重な場を設けてもらい(海外滞在中だった志賀は欠席)、今作へのこだわりや、被写体としてのでんぱ組.incについて話してもらった。

6組でオマージュ満載のPVを作り上げる前代未聞の手法とは?

―6組の監督で1本のPVを作るなんて前代未聞ですけど、どんな風に制作を進めたんですか?

YGQ:最初に監督全員で集まって会議をしたんですけど、みんなで手分けして“WWDBEST”のPVを作るということしか決まってなくて。そこで田辺さんが「メンバーも監督も6人ずついるから、担当制でやればいいんじゃない?」って言ったんですよね。それでソロ部分はメンバーごとに監督を振り分けて、サビは6分割して別々に作ることになったんです。

―田辺さんの意見が動き出すきっかけになったわけですね。

田辺:なかなか話が進まずらちがあかなくて(笑)。そのあとも誰が誰を担当するかで無言の時間が続き、最終的にはプロデューサーが決めてくれました。

BOZO:なかなか立候補はしづらいですからね。

―アイデアがかぶらないように、監督同士ですり合わせもしたんですか?

YGQ:過去の衣装を着て、それぞれ過去に作ったPVのオマージュを入れてもいいねくらいは話していましたが、その他はなかったです。みんなバラバラに考えて。

田辺:一応Vコン(ビデオコンテ)は、みんなでちょくちょく共有してましたよね。

左から:山崎連基、鶴岡雅浩、スミス、志賀匠、田辺秀伸、YGQ(BOZO&YGQ)、BOZO(BOZO&YGQ)。座談会参加メンバーの熱望で、欠席した志賀の写真を合成。
左から:山崎連基、鶴岡雅浩、スミス、志賀匠、田辺秀伸、YGQ(BOZO&YGQ)、BOZO(BOZO&YGQ)。座談会参加メンバーの熱望で、欠席した志賀の写真を合成。

YGQ:進捗があった人からプロデューサーに投げて、それをVコンに落とし込んで、ちょっとずつ出来上がっていく感じでした。だから企画が出てない人のところは空白になっていて、「現状こんな感じです」っていうのを共有しながら進めていきましたね。

―それぞれの企画は、どういう部分をポイントにして作ったんですか?

BOZO:実は、僕は事務所のスタッフ、YGQはレーベルのスタッフでありつつ、監督もやっているんです。というのもあり、昔から低予算PVには定評のある我々だったので(笑)、撮影の時間とかで他のみなさんに負担をかけないように省エネは心がけました。

YGQ:6人全員の撮影に2日間しか使えなくて、1人のエゴを出したら、絶対に撮影が終わらないし、全体に迷惑がかかるだろうなと思って。案の定みなさん容赦ない企画を出してきたので(笑)、僕らはカメラを同時に何台もまわして、短い時間で素材をたくさん撮って、あとでコツコツ編集しました。

BOZO:一応テーマとしては「大人になったピンキー(藤咲)」で、彼女の内面の成長みたいなところを描きました。

―お二人が以前手がけた“最Ψ最好調!”では瞬間移動していたシーンが、“WWDBEST”では自分の足で走っていて、いい話だなと思いました。鶴岡さんは相沢梨紗さん担当ですが、いかがですか?

鶴岡:他の監督さんは30代から40代前半なんですけど、僕は来年で50歳なんですよ。ひとつ下の世代の監督たちの映像は、合成もすごいことになると思ったので、そこで対抗するよりは梨紗ちゃんをどれだけ美しく見せられるかに勝負をかけていこうと。だから複雑なことはせず、とにかくきれいに撮ることを心がけました。

―過去のオマージュは、どういうこだわりを入れたんですか?

鶴岡:“W.W.D”をもう一度ちゃんとやってみたいなと思ったんです。“W.W.D”ではドレープのセットを組んで寸劇をやってもらったんですけど、今回はもっときれいに撮りたくて、飾りを入れたりしてレストランという体で撮りました。

―次は田辺さんのこだわったポイントを教えてください。

田辺:僕は前に“おつかれサマー!”のPVをやらせてもらったんですけど、そのときはねむさんの「おつかれさん」っていう一言のためだけに和室のセットを作って、味噌汁を出すっていう演出をして。今回はその続編として、旦那さんに「おつかれさん」を言っていたという設定で作りました。あと、アーミーの衣装は<駆け抜けた場所に 仕掛けた夢>という歌詞が僕の担当部分だったので。

スミス:なんでアーミーなのかと思ってたら、そこから発想してたんだ!

田辺:そうですね。「仕掛けた」っていう言葉から。サビの組体操は、今回のメインビジュアルから引用させてもらいました。

でんぱ組.incのメインビジュアル
でんぱ組.incのメインビジュアル

―スミスさんは、どんなこだわりを?

スミス:僕は比較的マジメにやりました。みんなオマージュを追求しそうな雰囲気だったし、担当した歌割的にはちょっと暗い雰囲気になりそうだったので、なるべくかわいく撮ろうと。あと、ロケに行く監督が少なそうだったので、僕はロケをやって、サビ後半では振付もやっています。

―サビで過去の衣装を着たメンバーが大量に出てくるところもインパクトがありました。

スミス:いっぱい出てきたら楽しいかなと思って。あと、どうしてももふくちゃん(でんぱ組.incの立ち上げプロデューサー)のスク水姿もあのシーンの中に紛れ込ませたくて。

でんぱ組.incのメンバーの中にもふくちゃんも登場
でんぱ組.incのメンバーの中にもふくちゃんも登場

―マジメと言いつつ、とんでもないことをやってますよね(笑)。山崎さんは熊手を使って空飛ぶほうき的な演出をしています。

山崎:僕はこれまでに“Future Diver”と“キラキラチューン”をやったんですけど、どちらも空を飛ぶ演出をしていたので、どうにかして飛ばしたいなと思ったんです。それで今回のメインビジュアルに使われている熊手を見たときに、熊手はほうきとほぼ同じだし、これは飛べるぞと。

鶴岡:そういうことだったんだ(笑)。

山崎:そうなったら、飛ぶ前に熊手で掃除だと思って。でも、ただ掃除するだけでもしょうがないから、それで初めて振付を考えるという体験もしました。

Page 1
次へ

リリース情報

でんぱ組.inc『WWDBEST ~電波良好!~』初回限定盤
でんぱ組.inc
『WWDBEST ~電波良好!~』初回限定盤(3CD+DVD)

2016年12月21日(水)発売
価格:4,320円(税込)
TFCC-86579

[CD1]
1. 電波良好!
2. Future Diver(6人ver.)
3. でんぱれーどJAPAN
4. キラキラチューン
5. W.W.D
6. 冬へと走りだすお!
7. 強い気持ち・強い愛
8. Sabotage
9. でんでんぱっしょん
10. ノットボッチ…夏
11. ORANGE RIUM
12. 君も絶対に降参しないで進まなくちゃ!
13. くちづけキボンヌ(6人ver.)
14. W.W.D II
[CD2]
1. Dear☆Stageへようこそ□
2. なんてったってシャングリラ
3. VANDALISM
4. イツカ、ハルカカナタ
5. ナゾカラ
6. ファンシーほっぺ□ウ・フ・フ
7. ちゅるりちゅるりら
8. まもなく、でんぱ組.incが離陸致します□
9. 檸檬色
10. ムなさわぎのヒみつ?!
11. イロドリセカイ
12. でんぱーりーナイト
13. バリ3共和国
14. サクラあっぱれーしょん
[CD3]
1. FD2 ~レゾンデートル大冒険~
2. NEO JAPONISM
3. ダンス ダンス ダンス
4. ブランニューワールド
5. おつかれサマー!
6. アキハバライフ♪
7. 破!to the Future
8. ファンファーレは僕らのために
9. STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
10. ユメ射す明日へ
11. Ψです I LIKE YOU
12. 最Ψ最好調!
13. あした地球がこなごなになっても
14. WWDBEST
[DVD]
1. でんぱれーどJAPAN
2. 強い気持ち・強い愛
3. キラキラチューン
4. W.W.D
5. 冬へと走りだすお!
6. でんでんぱっしょん
7. ノットボッチ…夏
8. W.W.D II
9. サクラあっぱれーしょん
10. ファンシーほっぺ□ウ・フ・フ
11. ちゅるりちゅるりら
12. 檸檬色
13. でんぱーりーナイト
14. バリ3共和国
15. Phantom of the truth
16. 超絶ウルトラ☆Happy Days
17. ギダギダdaズバズバda!!
18. おつかれサマー!
19. ムなさわぎのヒみつ?!
20. あした地球がこなごなになっても
21. アキハバライフ♪
22. STAR☆ットしちゃうぜ春だしね~ファンファーレは僕らのために
23. 最Ψ最好調!
24. WWDBEST
25. WWDBEST(メイキング映像)

でんぱ組.inc『WWDBEST ~電波良好!~』通常盤
でんぱ組.inc
『WWDBEST ~電波良好!~』通常盤(3CD)

2016年12月21日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TFCC-86580

[CD1]
1. 電波良好!
2. Future Diver(6人ver.)
3. でんぱれーどJAPAN
4. キラキラチューン
5. W.W.D
6. 冬へと走りだすお!
7. 強い気持ち・強い愛
8. Sabotage
9. でんでんぱっしょん
10. ノットボッチ…夏
11. ORANGE RIUM
12. 君も絶対に降参しないで進まなくちゃ!
13. くちづけキボンヌ(6人ver.)
14. W.W.D II
[CD2]
1. Dear☆Stageへようこそ
2. なんてったってシャングリラ
3. VANDALISM
4. イツカ、ハルカカナタ
5. ナゾカラ
6. ファンシーほっぺウ・フ・フ
7. ちゅるりちゅるりら
8. まもなく、でんぱ組.incが離陸致します
9. 檸檬色
10. ムなさわぎのヒみつ?!
11. イロドリセカイ
12. でんぱーりーナイト
13. バリ3共和国
14. サクラあっぱれーしょん
[CD3]
1. FD2 ~レゾンデートル大冒険~
2. NEO JAPONISM
3. ダンス ダンス ダンス
4. ブランニューワールド
5. おつかれサマー!
6. アキハバライフ♪
7. 破!to the Future
8. ファンファーレは僕らのために
9. STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
10. ユメ射す明日へ
11. Ψです I LIKE YOU
12. 最Ψ最好調!
13. あした地球がこなごなになっても
14. WWDBEST

プロフィール

スミス

映像作家。武蔵野美術大学卒業後、竹内芸能企画にてミュージックビデオの第一人者である竹内鉄郎に師事。2000年から演出家として活動。情熱的なパーティーチューンを得意としながらも、静謐で奇妙な作品も支持されており、動と静の作風を併せ持つ。近年では、でんぱ組.incの夢眠ねむとの映像ユニット“スミネム”を結成し、活動の幅を広げている。コレオグラファーとしても活動中。

田辺秀伸(たなべ ひでのぶ)

映像作家。武蔵野美術大学デザイン情報学科を卒業後2004年にteeveegraphicsに入社。小島淳二、谷篤、長添雅嗣などのアシスタントを経て2008年に監督デビュー、主にPV、CMを中心に活動。

鶴岡雅浩(つるおか まさひろ)

映像作家。PVほかライブビデオなども手掛ける。高校卒業後、電通映画社(現、電通テック)で広告映像のアシスタントを始めた後、映像制作会社フィッツロイでPV監督に転身。現在はフリーで活動。

BOZO&YGQ(ぼぞ あんど わいじーきゅー)

DIY映像ユニット。それぞれ普段はデザイナー、音楽ディレクターを務める傍ら、2011年、予算が無いのにMV作りたいという無茶振りを受け実質0円で制作した、でんぱ組.inc「くちづけキボンヌ」をきっかけに映像作品のディレクションを始める。副業ゆえの自由な感性で、チェキ写真、プロジェクター、VHSなど様々なツールを駆使したインパクトや、アイドルカルチャーに深く踏み込んだ視点とメタ構造が特徴的で、唯一無二の作品を発表している。

山崎連基(やまさき れんき)

映像乞食。作詞家志望。今やるべきことはだいたい明日までやらない。今ってなんだろう? その答えがWWDBESTの『明日になった今でもね』の演出を考えるという自己への負荷から見い出される。「今」とはつまり「昨日」と「明日」の狭間にあるのではないだろうかと。。PP瑛P。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言