特集 PR

マネのできない仕事はどこから? 竹内スグルと辻川幸一郎の映像論

マネのできない仕事はどこから? 竹内スグルと辻川幸一郎の映像論

『映像作家、写真家 竹内スグル個展「再生」』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

今をさかのぼること約20年前。日本の映像表現においてPVは、才能あるクリエイターが集い黄金期を迎えていた。限られた予算の中で、独創的な映像が次々と生まれ、国内外で高い評価を受けていた。

竹内スグルは、そんな時代を代表する映像作家である。THE YELLOW MONKEYやYUKIらのPVを手がけ、CM、ドラマ、そして映画へと活躍の場を広げ、今年は個展を開催する。清澄白河のクリエイティブスペース「ミツメ」で12月10日から始まる『再生』展がそれだ。

同じくPV界で名作を多く手がけてきた辻川幸一郎。CORNELIUS小山田圭吾の盟友として、幻想的でポップな作品を数多く生み出してきた辻川は、竹内の作品をどのように見てきたのだろうか? 二人の稀有なる才能の対話から、映像表現の真髄へと迫る。

辻川くんは自分の思考法とはまるで違う世界観を持っていた。(竹内)

―まず、お互いの作品に対して、どんな印象を持っているか伺ってもよろしいでしょうか?

竹内:辻川さんをはじめて認識した時は、「田中秀幸(PVも手掛けるアートディレクター)に続く天才がいた!」くらいの衝撃でした。辻川くんは自分の思考法とはまるで違う世界観を持っていて、追いかけても仕方がないと瞬時に理解したんですよね。強い作家性のある人って、ある意味で作品が同業者を拒絶しているんですよ。「君たち、これはできないだろう?」ってね。

辻川:僕からすると、スグルさんの方が映像に関して本質的なものが最初からガツンとあって、いまだにスグルさんが撮っているものって頭ひとつ抜けていると思うんです。

僕は、もともと友だちだった小山田くんに頼まれて映像を作るようになって、何もわからずにこの業界に入ったから、技術も基本もちゃんとしてない。だからピースのように映像を組み合わることでずっとやって来たんですけど、本当のところ、映像ってカメラを向ける対象としっかり向き合って、その本質を引き出すものですよね。それができるなら小細工は余計だと思っているんですよ。

左から:辻川幸一郎、竹内スグル
左から:辻川幸一郎、竹内スグル

竹内:辻川くんが言うように、たしかに対象物となるものが目の前にあったなら、タマネギの皮をどんどん剥いていくみたいにして本質的なものに迫りたいと思っている。単に流行物を追っているだけだと、どんなに苦労して手を加えても、5年後には退屈な映像になってしまう。

だから僕は、いかに手を加えずにいい映像をモノにするかばかり考えているんだけど、不思議なことに、辻川くんの作品ってめちゃくちゃ手を加えているのに飽きないんだよね。それは出会って以来ずっと解けない謎です。

辻川:スグルさんが今年の9月にやった展示会で展示していたペンキをぶちまけた映像を見て、「なるほど!」って思いました。僕も同じように液体を撮ってPVを作ったりするけれど、素材としてバラバラに撮って、後でそれを組み合わせようという発想なんですね。

でもスグルさんはカメラ1台だけで、その場でその瞬間に起きた事象に向かっていくでしょう。しかもそれが完全にコントロールされているかのようにカッコいい。僕にとって「追っても追っても追いつけない」のが、スグルさんですよ(笑)。

竹内スグル個展『再生』 CORNELIUS“DROP - Do It Again” ディレクター:辻川幸一郎

竹内:いやあ、俺は何もしてないよ。ただ、なるべく不可抗力が起こる状況を作るだけ。

辻川:そうは言いつつ、けっこうマニアックに研究してる「実験くん」だってことも知ってますけどね(笑)。フィルムの選択、照明の当て方、フィルムのスキャンの仕方。何から何までやり抜いてる。

左から:辻川幸一郎、竹内スグル

Page 1
次へ

イベント情報

『映像作家、写真家 竹内スグル個展「再生」』

2016年12月10日(土)~1月22日(日)
会場:東京都 清澄白河 MITSUME
時間:13:00~19:00(12月10日、1月22日はトークイベントのため18:00閉場)
休廊日:月~金曜、12月31日~1月10日

オープニングトーク
『意識する表現と無意識の表現、あるいはその境界』

2016年12月10日(土)19:00~20:00(18:30開場)
会場:東京都 清澄白河 MITSUME
出演:
森山開次
竹内スグル
モデレーター:鈴木久美子(HEAPS.)
定員:20名
料金:無料
※定員に達したため応募は締め切りました

クロージングトーク

2016年1月22日(日)19:00~20:00(18:30開場)
会場:東京都 清澄白河 MITSUME
出演:
山峰潤也
竹内スグル
モデレーター:鈴木久美子(HEAPS.)
定員:20名(応募者多数の場合は抽選)
料金:無料
※申し込み方法は12月中にFacebookにて告知

プロフィール

竹内スグル(たけうち すぐる)

1962年兵庫県神戸生まれ。映像作家、写真家。90年初頭から、撮影監督、演出家として活動。劇場映画、ドラマ、TVCM、MV、写真など、視覚表現領域を横断し、様々な作品を世に送り出している。主な監督作品に永瀬正敏主演のドラマ『私立探偵 濱マイク』第10話「1分間700円」(2002)、音楽に池田亮二、主演に浅野忠信を迎えた映画『乱歩地獄』「火星の運河」(2005)、など。主な出版物に現在進行形のプロジェクトでもある「Radiation Tokyo」写真集、自ら監督を務めたTV東京ドキュメント番組「比類なき者」出演者を撮りおろした「告白録」がある。広告受賞歴にカンヌライオンズ金賞、ニューヨークフェスティバル銅賞など国内外多数。初個展となる本展で発表される映像作品は、国立新美術館開館5周年「具体」-ニッポンの前衛18年の軌跡-(2012)のために制作した映像作品をあらためて撮影し、独自に発展させたものとなる。

辻川幸一郎(つじかわ こういちろう)

映像作家。CDジャケットや本の装丁などのアートディレクターとして活動をはじめ、友人のミュージシャンのMV制作を頼まれた事から映像制作をはじめる。現在ではCM、MV、ショートフィルム、などの映像作品を中心に、webやグラフィックなどの企画など様々なジャンルで国内外問わず制作中。これからも。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図