特集 PR

理想の海外進出とは? MONOらの例からROTH BART BARONと考察

理想の海外進出とは? MONOらの例からROTH BART BARONと考察

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子、山元翔一

クラウドファンディングには、一緒に協力して何かひとつのものを作り上げた達成感や、ちょっとした誇らしさがある。(三船)

―そして、今回のUKデビューに至るわけですね。それをCAMPFIREを使ったプロジェクトにしようという話は、どのように進んでいったんでしょうか。

ROTH BART BARONクラウドファンディングプロジェクト告知ビジュアル
ROTH BART BARONクラウドファンディングプロジェクト告知ビジュアル(CAMPFIREでプロジェクトの詳細を見る

三船:ただ単に、「イギリスに行ってデビューしました」「レコード出してミュージックビデオを作って、向こうでライブしました」と言っても、なんだか物足りない気がして。僕らが日本以外の国で音楽をやることを、僕らの半径数キロ圏外の人たちに面白がってもらえるためにはどうしたらいいんだろうかと考えたのが始まりです。

一方で、僕自身もいくつかのクラウドファンディングに参加して、この仕組みは自分も参加した気持ちになれるものだと感じたんですよね。クラウドファンディングには、一緒に協力して何かひとつのものを作り上げた達成感や、ちょっとした誇らしさがある。僕らのアイデアでも、そういうことができるんじゃないかと思って、クラウドファンディングにトライしようと思ったんです。

―リターンにUK盤の7インチEPがあるし、もうUKに行くことは決まっているんですよね?

三船:そうですね。みんなで行けたらいいなと思っています。

―リターンにはサイン入りのUK盤の7インチEPや、「Premium Live & Tea Party」というのもあります。

三船:普通にレコードを買う感覚で参加してもらってもいいんですよ。あとは、ちょっとした報告会のようなものをやろうと思っています。僕らは潤沢な予算をもらってイギリスで豪遊をしたいわけではないし、別に卒業旅行みたいにただ遊びに行くわけでもない。未来に繋がることをしようと思っていて、その思いをみんなと一緒にわかちあえたら楽しいんじゃないかという気持ちなんです。

三船雅也

―UKに同行するプランもありますね。

三船:同行プラン、なかなか楽しいと思いますよ。僕らがアメリカツアーでどれだけヒーヒー言いながら車を運転してきたかとか、どんな思いをしてきたかを、目の前で見せたいという(笑)。

―今お話いただいたことを総合すると、資金を集めるというよりも、コミュニティーを作るような感覚の方が強い?

三船:そうかもしれません。お金をもらうというよりは、ギブアンドテイクができると思ったんです。バンドと出資者の方との対等な関係を作れるんじゃないかと。

価格と価値の関係性を透明化して、同時に、叶えたい夢や目標を一緒に共有したい。(三船)

―クラウドファンディングって、さっき話してもらったニューヨークの小さなDIYのライブハウスみたいな話ですよね。アイデアを示すと、50人とか100人くらいの、面白そうなことに意欲的に身を投じる集団が集まる。そこから物事が動いていく。それが可視化されるというのが大きいと思っていて。

三船:可視化されることが多いというのは、今の時代にすごく感じていることですね。モノの価値についても、たとえば目の前にあるiPhoneの原価と人件費とか、そういうものがざっくりわかるようになりましたよね。今までは消費者はただ消費するだけでよかったんですけど、消費者が賢くなって、ただの消費では満足できない段階にきてしまっている。

そう考えると、音楽の価格が一定で、どのアルバムも3,000円でCD屋さんに並んでいるのに疑問を持つのも、自然なことじゃないですか。それに、みんながCDを使わなくなった状況で、僕らがCDの音源を外部記憶として売ることはどうにも肌に合わないし、お客さんのためじゃないと思うようになって。

左から:中原鉄也、三船雅也

三船:だから去年は、ひとつの試みとしてダウンロードコードをつけてオルゴールを売ったり、KORGと一緒にTシャツを作ってダウンロードコードをつけたりして販売したんです。金沢でクリスマスにライブがあったときは、フィンランドで勉強していたオーナメント作りの人に手伝ってもらって、限定のクリスマスソングをnoidとスプリットで出しましたし。2016年はそういうことにトライしていた1年でした。

―手作りのモノとして音楽のパッケージを作って売ってきた。

三船:僕らがなぜ音楽という形のないものを売るのか、そこにおける価格の真意を考えていたんです。音楽をパッケージして売るというのは、要は音楽を手元に置いてもらうことなので、手に持った質感を大事にしたいし、手元に置くんだったら、手に持って嬉しいものを作りたいなと思って。だからいつもコストがかさんでレーベルの人を困らせるんですけど(笑)。

もちろん僕らも、CDというモノに非常に思い入れがあるし、CDじゃなきゃ聴けない人がいるのも知っています。だからCDも作りますけど、どういう手段で聴くかはそれぞれの選択でいいと思うんですよ。どんな形態でも音楽を聴いた結果その人が何か嬉しくなったり悲しくなったり、何かのトリガーになれば、いい経験をしてもらえればいいというところを、僕らは目標にしているから。最終的な形にこだわっているわけではないんです。

左から:中原鉄也、三船雅也

―なるほど。

三船:誰かが対価を支払った分、その価値に見合うものを作りたい。価格と価値の関係性を透明化して、同時に、叶えたい夢や目標を一緒に共有して、結果的にうまく着地したらお互い楽しいんじゃないかと思います。去年の終わりは、そういうことを考えながら、自分たちのイベントも準備していて。

―去年の12月には『BEAR NIGHT』というイベントを恵比寿LIQUIDROOMで行いましたが、あの日も単なるライブだけじゃなくて、いろんな試みがDIYで作られたイベントでした。

三船:まさにDIYでインディペンデントでしたけど、やってよかったなと思ってます。すごくしんどかったんですけど(笑)。

―でも、そのしんどさって、学園祭の前日に感じるやつですよね。

三船:そう。みんな知ってるやつなんですよね。でも、結局それで自分のやったことに救われたところはある。やり終わったときとかライブ中のお客さんの顔とか、参加してくれたメンバーが演奏している瞬間とか、そういうものに最後すごく救われたなと思いました。

イチから作り上げていって、いろいろわがままを言った結果、なんかみんな粘り強くつき合ってくれたというか。たまに自分のやった音楽に救われる瞬間があるんです。あの日はそういう手応えがありました。

―今は新しい曲、次なる作品の構想も進んでいるところ?

三船:そうです、これまでよりもカラフルになるんじゃないかと思います。曲はいくつかあるんですけど、風呂敷を広げるだけ広げて、散らかしている感じですね。その散らかったなかにイギリスでの動きもあって、他にもいろんな国も入っていて。きっと畳むのに困るんだと思います(笑)。

左から:中原鉄也、三船雅也

Page 3
前へ

プロジェクト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

「UKデビューに向け、イギリスでEP盤&ミュージックビデオを制作」
2017年2月20日(月)までクラウドファンディング募集

プロフィール

ROTH BART BARON
ROTH BART BARON(ろっと ばると ばろん)

三船雅也(Vo,Gt)、中原鉄也(Dr)から成る2人組フォークロックバンド。2014年、米国フィラデルフィアで制作されたアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』でアルバムデビュー。続く2015年のセカンドアルバム『ATOM』は、カナダ、モントリオールのスタジオにて現地のミュージシャンとセッションを重ね作り上げられた。2015年はアジアツアーをはじめ、国内外のフェスへの出演なども精力的に行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催