特集 PR

『Hostess Club Weekender』は中止と休止を経てどう変わる?

『Hostess Club Weekender』は中止と休止を経てどう変わる?

『Hostess Club Weekender』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一

2012年にスタートし、ベテランから新人まで「今これが観たかった!」という旬の海外アーティストを紹介し続けてきた『Hostess Club Weekender』。これまでは年に2~3回のペースで開催されていたため、2016年に一度も開催されなかったことに不安を覚えたファンもいたかもしれないが、充電期間を経て、約1年半ぶりとなる開催を発表。2月25日にPIXIES、26日にTHE KILLSという両日のヘッドライナーに加え、初の日本人バンドとしてMONOの出演も決定するなど、すでにそのラインナップが大きな話題を呼んでいる。

イベント開催に際して、CINRA.NETでは、約3年半ぶりとなるHostess代表アンドリュー・レイゾンビー(通称、プラグ)のインタビューを実施。「Beggars Group」との契約解消、「MAGNIPH」との提携による日本人アーティストのリリース、ストリーミングの普及など、この1年半に起こった変化について、幅広く語ってもらった。アーティストの自由なクリエイティブを何より大事にするHostessの信条と心意気を、ぜひ感じていただきたい。

『HCW』は特定の世代やアーティストのニーズに応えるものではない。

―2012年から定期的に開催されてきた『Hostess Club Weekender』(以下、『HCW』)ですが、2月の開催までは過去最長の約1年半という期間が空きました。この理由について教えてください。

プラグ:前回、MELVINSやBLOC PARTYと一緒にやったのがちょうど10回目だったのですが、そもそもこのイベントをやる理由はいろんな音楽に触れてもらう機会を作るためです。もちろん、それを実現するためには、いろいろなことを考えなければなりません。

『HCW』では、8組の海外アーティストを招聘しています(開催当初は10組だった)。となると、当然クルーも要りますし、ホテル、移動費、機材、食事、何もかもが必要です。なおかつ、チケットの値段を手頃なものにしなければならないということまで考えると、実際に利益を出すのは難しいんです。これまで、そのことはわかっていながら投資をしてきました。

アンドリュー・レイゾンビー
アンドリュー・レイゾンビー

―前回取材させていただいた際も(ビジネスより大切なこと Hostess代表インタビュー)、重要なのはお金ではなく、健全な音楽マーケットを作ることであり、お客さんにリスナーとしての自信を持ってもらうことだとおっしゃっていましたね。

プラグ:そうですね。もちろん、『HCW』はアーティストにとって間違いなくいいプロモーションになりますし、なおかつ、オーディエンス、音楽ファンにとってもいいイベントでありたい。商業的なことはもちろん考えなければなりませんが、だからといってそれがプログラムのすべてを動機づけるものではありません。

『HCW』、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』(2015年から『SUMMER SONIC』内で行われているオールナイトイベント)は、「アーティストのるつぼ」をひとつのコンセプトにしているので、特定の世代やアーティストのニーズに応えるものではないんです。その分、どの音楽が本当に興味深いものなのかを見極めながらやってきました。

初日のヘッドライナー・PIXIESの最新アルバム『Head Carrier』より

2日目のヘッドライナー・THE KILLSの最新アルバム『Ash & Ice』より

―それを10回やってきて、一度仕切り直すタイミングを迎えたと。

プラグ:正確には、9回目で開催中止を余儀なくされてしまったわけですが、トータルで10回やってこれたので、ひとまず休みたいと考えました。そして、「この人たちは観れた、あの人も観れた」といったことや、「これは上手くいったけど、こっちは金銭的に難しかった」ということを振り返って、目的の核になるものを失わずに、損失を少なくして、よりよいイベントにしていくにはどうするべきかを改めて考えたんです。

―業界の変化や、何か外的な要因で開催することが大変になってきたという部分もあったのでしょうか?

プラグ:そういうわけではないですね。これまでも、自分たちが正しいと思ったことには投資すべきだと考えてきましたから。ただ、やりすぎないようには注意してきましたけどね。

過去に開催された『Hostess Club Weekender』のポスター

過去に開催された『Hostess Club Weekender』のポスター

―では、『HCW』の再開はなぜこのタイミングだったのでしょう。

プラグ:いつ再開してもおかしくはなかったんです。ただ「今だ」と感じる必要があった。その感覚は、これからブレイクするであろう新しいアーティストからもたらされたところが大きいです。例えば、PUMAROSAやCOMMUNIONSが、素晴らしいアルバムを届けてくれた。彼らのような、本物のライブを見せてくれるアーティストの存在が、『HCW』を今こそ復活させるときだと感じさせたんです。

初日に出演するPUMAROSAの最新作『Pumarosa EP』より

2日目に出演するCOMMUNIONSの最新作『Blue』より

プラグ:それに『HCW』が恋しかったのも事実で。だから再開できて嬉しいですよ。両日共に午後の早い時間に1組目のアーティストを見るのが楽しみですね。2日目はいつも二日酔いぎみですが……。

Page 1
次へ

イベント情報

『Hostess Club Weekender』

2017年2月25日(土)、2月26日(日)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST
2月25日出演:
PIXIES
MONO
GIRL BAND
PUMAROSA
2月26日出演:
THE KILLS
LITTLE BARRIE
THE LEMON TWIGS
COMMUNIONS
料金:2日通し券13,900円 1日券8,500円(共にドリンク別)

プロフィール

アンドリュー・レイゾンビー

ホステス・エンタテインメント代表。海外の良質な音楽を日本に定着させるため、2000年に独立系音楽会社としてホステス・エンタテインメントを設立。日本市場での独自のアイデンティティー確立を目指す厳選された海外アーティストやレーベルの、パッケージ及びデジタル商品全般の国内マネジメント、プロモーション、営業、マーケティングサービスの展開を行う。海外の多くの独立系レーベルと提携し、ARCTIC MONKEYS、RADIOHEAD、FRANZ FERDINANDといったアーティストの作品をリリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場