インタビュー

小林克也だから語れる、ソロ活動30周年を迎えた桑田佳祐の魅力

小林克也だから語れる、ソロ活動30周年を迎えた桑田佳祐の魅力

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

昨年、桑田佳祐が還暦を迎えたことを機にスタートした、各界の著名人に「桑田佳祐」について語っていただく特別企画。約1年にわたって続いたこの企画の最後を飾るのは、桑田と30年以上もの付き合いがあり、仕事やプライベートでも交流のある小林克也。ラジオやテレビの人気DJとして、第一線で活躍し続けている彼は、桑田佳祐をどんなふうに見てきたのだろうか。

小林曰く、桑田は「日本人の洋楽コンプレックスを解放してくれた男」であり、「明治や大正の文豪に連なる人」でもあるという。デヴィッド・ボウイやボブ・ディランなど、桑田が敬愛するミュージシャンたちの活動も引き合いに出しながら、過去、現在、そして未来の桑田について存分に語ってもらった。

桑田くんは、なにをやっても、いい意味ではみ出しているんですよ。

―ソロ名義としては4年ぶりとなった、2016年末の年越しライブ(桑田佳祐が歌ってきた「夢」とは?大志や希望を表すだけでない)を小林さんもご覧になったとのことですが、どんな感想を持ちましたか?

小林:あのライブはすごかったですね。久しぶりに桑田くんのライブを観させてもらったけど、なによりもまず、声がますます出るようになっていることに驚きました。おそらく筋力トレーニングとかも、かなりやっているんじゃないかな。

余分な音が消えているんですよね。つまり、倍音と呼んだりするような音が整理されて、すっきりした感じになっている。だから、あれだけ大きな会場なのに、声がガンガン響きわたるんです。これはもう、あと20年ぐらいは、全然大丈夫でしょう(笑)。

小林克也
小林克也

―(笑)。ライブの内容については、いかがでしたか?

小林:僕はやっぱり、中盤の感じが特によかったですね。頭のほうでキャッチーな曲をやって、後半は盛り上がる曲をやっていたんだけど、僕は中盤がすごくよかった。「彼はこういう世界をちゃんと持っているんだよな」ってことを再確認したというか。

あと、相変わらず声に「アンちゃん」がいるんですよね。町のアンちゃんみたいなのが(笑)。そういう人間的なところに、僕はすごく反応しました。

―相変わらずお茶目というか、親しみやすさがありますよね。

小林:そうですね。この企画のバックナンバーをいろいろ拝見させてもらったんだけど、落語家の立川志の輔さんが、桑田くんのことを「化け物だ」と言っていたじゃないですか(落語家・立川志の輔が「化け物」と言った桑田佳祐のスター性とは)。

そうやって、桑田くんは、どんな言い方で表現しても、どんな無茶振りをしても、全部当てはまっちゃうところがあるんですよ。「化け物」って言ったら、確かに「化け物」じゃないですか(笑)。何年か前に、桑田佳祐を特集した『別冊カドカワ』という雑誌が出たとき、僕は「桑田は、日本人の洋楽奴隷を解放したリンカーン大統領だ」って書いたんです。それも相当な無茶振りだけど、確かにそういうところもあると思う。

その時代ごとの表現というのがあるけど、彼はそういうのに全部合ってしまうんですよね。志の輔さんが「化け物」と言っていたから、今、僕が改めて言うなら、なんだろうなって考えていて……それで出てきたのが、「はみ出し」という言葉だったんです。

小林克也

―「はみ出し」ですか?

小林:あの人は、なにをやっても、いい意味ではみ出しているんですよ。ひとつの歌のなかでも、なにかがはみ出しているというか。彼が新曲を出したとき、ファンはそれを「待ってました!」って楽しむけど、僕はそれと同時に「今回はどんな曲かな?」って、いろいろ分析するわけですよ。

“ヨシ子さん”だったら、「これはSimon & Garfunkelの影響もあるのかな?」とか「これは桑田くんの得意のフレージングだな」とか、そうやって聴くわけなんだけど、何度も聴いていると、そういう分析から必ずはみ出しているというか、分析を飛び越えているところが、彼の歌にはいつもあるんですよね。

桑田くんは音楽の才能とかの前に、物の見方そのものが、すごくフレキシブルで独特なんですよね。

―そうやってはみ出したアウトプットができる要因は、一体なんなのでしょう?

小林:彼の音楽を聴くのはもちろん、ときどき会って話したり、彼が書いたものを読んだりして、僕がいつも思うのは、やっぱり彼は物の捉え方自体が独特なんですよね。たとえば今、トランプ大統領の話がいろいろと騒がしいけど、「彼のことを桑田くんはどんなふうに見ているだろうか」とか、気になるわけです。「最近、EDMが流行っているけど、彼はEDMをどんなふうに見ているんだろうか?」とか、そういうことが知りたくなる。

彼は音楽の才能とかの前に、物の見方そのものが、すごくフレキシブルで独特なんですよね。おそらく彼は、子どもの頃から、パッと主観的に見ながら客観的にも見ることができるような能力が備わっている人なのだと思います。

―音楽的な才能はもちろん、そもそも物の見方が独特であると。

小林:そう。それは主観と客観ってことだけではなくて、近くからも遠くからも見ることができるんですよね。そうやって、ひとつの物事を、いろんな方向から捉えることのできる人だと思うんです。

しかも、それを結構、彼は楽しんでやっているところがある。それは音楽に限らず、世の中のこと――政治や経済から、世間を騒がせている恋愛沙汰まで、人間の活動全般を、彼は独特の目で楽しんでいるようなんだよね。

小林克也

―なるほど。

小林:それはクリエイターにとって必須の才能だと思うけど、彼はそういうものを、生まれたときから持っているんじゃないかな。だから、プライベートで話していても、いつも僕なんかが思いつかないことで喜んだりしているんですよ。たとえば、僕は女子プロレスに興味を持ったことなんてほとんどないんだけど、桑田くんはあるときに女子プロレスがすごく面白いとか言ったりするわけです。

それはやっぱり、僕なんかがわからないところまで、彼は人間を見ているということだと思うんですよ。普通の人にはわからないところまで見ているというか。

それは小説家とかも同じですよね。小説は、人間の描き方がダメだと、まったく面白くないじゃないですか。登場人物のことを生々しく伝えないと、読んでいるほうも興味を失ってしまう。そのためには、普通の人みたいに一面的な見方ではダメというか。彼のなかでは、そういうことがバランスよく行われているんじゃないかな。

Page 1
次へ

プロフィール

小林克也(こばやし かつや)

ラジオDJ、ナレーター、俳優、ミュージシャン。1941年3月27日生まれ。広島県福山市出身。慶応大学在学中よりコンサート司会、DJを始める。1976年から、ラジオ番組『スネークマンショー』を開始。現在は、『FUNKY FRIDAY』(NACK 5)、『ビートルズから始まる。』(BAY FM)、『ベストヒットUSA』(BS朝日)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)のナレーションなどのレギュラー番組を務める。ミュージシャンとしては、「スネークマンショー」名義、「ザ・ナンバーワン・バンド」名義で、作品を発表。また、『うわさのファンキーフライデー』(辰巳出版)など著作も多く、幅広く活躍中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)