特集 PR

前田エマ×maegamimami×田中ちえこが語る、女の子のパワー

前田エマ×maegamimami×田中ちえこが語る、女の子のパワー

ISETAN PARK net
インタビュー・テキスト
冨手公嘉
撮影:西田香織 編集:野村由芽、飯嶋藍子

もの作りに邁進するクリエイターたちは、街や人の作品から得た刺激をどのようにして自らの表現に昇華させているのか。1960年代から演劇の聖地として、いくつもの劇場があり親しまれてきた新宿。現在もその残り香を感じさせるアートな場所がいくつもある。今回、伊勢丹新宿店のウェブメディア「ISETAN PARK net」とCINRA.NETのコラボレーション企画で、新宿にまつわるアートな場所を二人の女性に巡ってもらった。

一人目はモデルとして、また朗読会やナレーションにペインティング、写真の撮影などアーティストとして活躍する前田エマ。そしてニ人目は女性誌を中心に活躍し、先日までTBSで放送され、人気を博していたテレビドラマ『カルテット』のイラストレーションを務めていたmaegamimami。

新宿巡りをした1日の最後を締めくくるスポット「新宿眼科画廊」にて、ギャラリストのたなかちえこを交えて、今この時代に女性として求められる表現をどのように捉えているのか、そしてそれにどう向き合っているのか、しなやかかつ軽やかに時代をサバイブする三人に話を訊いた。

「ノイズ」に思えるものが、実は自分自身に意外と影響を与えていることはたくさんあります。(maegamimami)

―伊勢丹との企画で1日新宿の街を巡って発見したことはありますか?

前田:自分が住んでいる街や活動している街は、そこにいる人みんなが「その街の雰囲気」を作っているような感じがするけれど、新宿は「一つの街」という雰囲気がまったくないなと思いました。ゴッチャリした街。

定食屋に並ぶサラリーマンや、ホストたち、ショッピングを楽しむ若者が行き交ってカオスに近い状態ですよね。いろんなカルチャーや属性にいる人が混ざり合って、そこから生まれるエネルギーを感じましたね。

左から:前田エマ、たなかちえこ、maegamimami
左から:前田エマ、たなかちえこ、maegamimami

maegamimami:私は普段の生活で歩かないような、新しいギャラリーや作品、ファッションスポットに触れて、「そうそう、新宿ってこういう感じ」って思い出すことがたくさんありました。最近、世の中全体の方向性が潔癖になっていて、目を背けたくなるものが上手に制御されている気がします。だけどこの街は整理されずに美醜がそのまま残っていて、なんだか安心感を覚えましたね。

―歌舞伎町エリアで、「新宿眼科画廊」を開かれているたなかさんは、新宿という街をどのように感じていらっしゃいますか?

たなか:13年この場所で画廊を運営しているのですが、新宿は「洗練されない街」だと思うんですよね。『東京オリンピック』開催に向けて都内の整備が進んでいっているけど、新宿特有の猥雑な感じは良くも悪くも変わらない気がします。いろんな属性の人間たちが行き交って、その摩擦から文化が生まれると思っていますね。

新宿眼科画廊
新宿眼科画廊

前田:「猥雑な感じ」という感覚を知っていることって、すごく大切なことだと思います。小学生のころ通学路に、成人誌とか子どもが見てはいけない本を売っている自動販売機があって。それを見て見ぬふりして通学していたのですが、それと似た、どこか後ろめたい気持ちが蘇ってくる感じがします。

maegamimami:街のなかにある、見てはいけないであろうものをたまたま見てしまってトラウマを感じたり、消化できなかったもやっとした感情は、今の自分のなかにもしっかり残りますよね。「ノイズ」に思えてしまうものが、実は自分自身に意外と影響を与えていることはたくさんあります。

前田:そういう風に「ノイズ」と言うか、自分の生きている部分とは違うような世界や価値観と向き合うことではじめて自分の趣味嗜好を客観的に理解できるんでしょうね。

―maegamimamiさんが女性的な繊細なタッチのイラストを描くうえで、そういったノイズのようなものを取り込んで、影響を受けているというのは意外に思えます。

前田:そうですか? 私はそうは思わない。とっても自然なことだと思います。

Page 1
次へ

サイト情報

『ISETAN PARK net』

日本最大級のファッション発信基地である伊勢丹新宿店の「今」と「これから」がわかるウェブメディア。ファッション、アート、音楽、カルチャーなどを切り口に、週ごとに新宿店で繰り広げられるイベント情報を紹介しています。

プロフィール

前田エマ(まえだ えま)

モデル。1992年生まれ。東京造形大学卒業。オーストリアウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中からモデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない活動で注目を集める。

maegamimami(まえがみまみ)

イラストレーター。群馬県出身。女性誌、ウェブ、広告、ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動する。また、クッションをはじめとする刺繍作品を展開するアーティスト活動も行なう。女性をモチーフにした作品が主。TBS系連続ドラマ『カルテット』のポスタービジュアルのイラストデザイン及び、主題歌“おとなの掟”(Doughnuts Hole×椎名林檎)のジャケットを制作。初の作品集『maegamimami Grab The Heart』(宝島社)が発売中。

田中ちえこ(たなか ちえこ)

ギャラリスト、アーティスト。新宿眼科画廊ディレクター。現代美術を中心に、写真や映像作品、演劇など、様々なジャンルの展覧会を行っている。ギャラリー名の由来は、「新橋内科画廊」を元にして「目に良い場所」という意味。眼科は併設していない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」