特集 PR

evening cinemaインタビュー 日本のポップス史を継ぐ新たな才能

evening cinemaインタビュー 日本のポップス史を継ぐ新たな才能

evening cinema『A TRUE ROMANCE』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:西槇太一
2017/05/17

Yogee New Wavesと同じ括りだったら嬉しい。でも、欲張ると、やってることは全然違うと言いたい。

―日本史分の日本史を作ろうと思ったときに、大瀧さんやはっぴいえんど、あとプロフィールにファイバリットとして挙げている岡村靖幸さんなどがやってることをそのままやっちゃうと、単なる「パロディー」になるし、リスナーも「懐かしいね」で終わってしまうわけじゃないですか。いかにして2017年の新しい音楽として更新させるのか、原田さんのなかで意識してることってありますか?

原田:具体的な方法論として言うと、引用を最近のものからではなく、古いものから引っ張ってきて、当時のメロディーとかの感性は大切にしつつ、僕らが今使えるツール、それこそDAWなりサンプラーなりを使って、当時出せなかったはずの音とかやれなかったはずの作り方をやる、というイメージですね。

原田夏樹

―引用でいうと、2ndミニアルバム『A TRUE ROMANCE』にも、分かりやすいサンプリングが散りばめられてますよね。1曲目“true romance”と2曲目“わがまま”をつないでいる、ラジオDJっぽい音とか……。

原田:あれは、ピチカート・ファイヴがあのフレーズをいろんな曲で使っているんですけど、そこから引っ張ってきました。あと“わがまま”でいうと、一番の最初の出だしが<青く澄んだ眼差しで>なんですけど、岡村靖幸さんの“だいすき”の<赤いブーツとやけに>という出だしに、譜割りも寄せて、赤を青に変えて、みたいなことをやりました(笑)。

引用するときに、なにをどうチョイスするのか、というのがその人の個性になるんじゃないかなと思ってます。それが「センス」ということなのかなって。Suchmosだったら、アシッドジャズをベースにしているのが彼らの個性になってるし。

―現行のインディーシーンも、結構聴きますか? それこそSuchmosとか、never young beach、Yogee New Waves(以下、Yogee)とか。

原田:聴きますね。そこだと、やっぱりYogeeが一番好きなんですよね。ボーカルに一番エモさというか、感情の表出を感じるから。それにYogeeは、角舘さん(Yogee New Wavesのボーカル)が歌わないと成立しないんですよ。「あれはあのボーカルじゃないとダメ」っていうふうに思わせるボーカリストですよね。

―年齢やデビュー時期でいうと、原田さんはYogeeたちより「一世代下」というふうに言えると思うんですね。で、Yogeeも何度も取材させてもらっているのですが、角舘さんもフェイバリットにはっぴいえんどや松田聖子を挙げていて、それが楽曲にも表れていて。意地悪な質問になってしまうけど、evening cinemaを聴いて、「Yogeeの後追いだね」みたいなことを言われたり、ネットで書かれたりすることが……。

原田:多分あると思います。

原田夏樹

―その辺に関してはどう思ってますか?

原田:バンドをやる前にYogeeとかがグワッと出てきたので、リスナー側で観てた側なんですよ。だから、たとえばYogeeのCDの横に僕らのCDが並んだら、僕からしたら「まじか」みたいな(笑)。同じ括りだったら嬉しいし、それはそれでいいんですけど……でも、欲張ると、やってることは全然違うと言いたい。

今はインディーズでやってるけど、僕はお茶の間に流れるポピュラーミュージックをやりたいと思っていて。Suchmosがすごいのは、一見間口が狭そうに見えて、実際はCMで流れていて人気がある、というところだと思うんです。でも僕の場合は、お茶の間で流れるべくして流したいと思ってます。誰が聴いても「これJ-POPだね、J-POPとしていい曲だね」って思われたい。つまり、カルチャーとかの知識がない人たちも含めて、みんなが一緒の熱量で盛り上がれる音楽を提供したいんです。

―そこを目指したいのは、日本のポップス史を継ぎたいから?

原田:そうですね。僕はやっぱり、音源至上主義なので。逆を言えば、僕は逆立ちしたって、Suchmosみたいにストリートカルチャーからファッションカルチャーまでひっくるめてのし上がっていこうぜ、ということはできない。自分にはできないことで他人ができるすごいことをしっかり見極めたうえで、自分にできることはなにかを考えたいです。

原田夏樹

これが僕の思い描く、音楽の魔法を広めるための一番の理想形なんです。

―大学院で研究してる哲学の知識と、大衆に向けたポップスの作り方って、なにかつながる部分はあったりしますか?

原田:ありますね。すごくややこしい話になって申し訳ないんですけど……分野としては「音楽作品の存在論」になると思うんですけど、「音楽作品のオリジナリティー」みたいな問題があって。たとえばTHE BEATLESの“Yesterday”を僕がコピーして歌ったものと、他の人がコピーして歌ったものは、演奏した音の集まりとしては違いますよね。じゃあなんでそれを同じだって言えるの? みたいな……これって、著作権とか引用の問題にも絡まってくるし、「オリジナル」というものを考えるなかで避けては通れない視点なんですよ。

音楽を作るうえでも、そのギリギリのラインを自分のなかで見極めようとしているというか。「これはやったらニヤついてもらえる」というラインと、「これやったら反感を買う」というライン、「これやるんだったら原曲聴いたほうがよくね?」って思われるライン、そこを今は感覚でしか探れてないんですけど答えを見つけようとしています。

原田夏樹

―それこそ今は、すぐに「パクリ」って叩かれる時代とも言われていて、オリンピックのエンブレム問題も象徴的でしたけど、遡ると、大瀧さんも『A LONG VACATION』(1981年、大瀧詠一のアルバム)を出したあとに、「盗作とも言われたけど、あれは分母の確認だ」と言ってましたもんね。

原田:『A TRUE ROMANCE』は、実は『A LONG VACATION』と語呂を一緒にしたかったんです(笑)。ジャケットの彩りも、『A LONG VACATION』みたいに白枠を使いたいと思って。

evening cinema『A TRUE ROMANCE』。町田ヒロチカがイラストを担当
evening cinema『A TRUE ROMANCE』(Amazonで見る)。町田ヒロチカがイラストを担当

―あ、なるほど!

原田:アニメとかマンガの世界って、二次創作が進んでいるじゃないですか。あれってやっぱり文化を推し進める原動力だと僕は思っているんですよ。音楽の場合も、サンプリングという技術ができあがってからは進んでいると思うんですけど、やっぱりもっともっとあっていいんじゃないかと思っていて。

たとえば、インタビューなりラジオなりで星野源さんがD'Angeloに言及したとき、もしかしたら星野さんを大好きな女子高生のファンが、D'Angeloをバッと聴く、みたいなことがあるかもしれないですよね。これが僕の思い描くパターンというか、音楽の魔法を広めるための一番の理想形なんです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

evening cinema『A TRUE ROMANCE』
evening cinema
『A TRUE ROMANCE』(CD)

2017年5月17日(水)発売
価格:1,728円(税込)
LUCK-2001

1. true romance
2. わがまま
3. night flight
4. her song
5. lonely night
6. 傷痕
7. jetcoaster(unplugged ver.)(ボーナストラック)

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume97』

2017年5月25日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
evening cinema
ORESAMA
PELICAN FANCLUB
ササノマリイ
indischord(オープニングアクト)
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

evening cinema
evening cinema(いぶにんぐ しねま)

フェイヴァリットアーティストに大瀧詠一、岡村靖幸、Steely Danを挙げるボーカル兼コンポーザー原田夏樹を中心に2015年結成。80年代ニューミュージックに影響を受けたメロディーセンスと現代の20代男子の瑞々しい感性で90年代初頭のポップスをアップデート。無名の新人ながら蔦谷好位置氏も感嘆したその作家能力に注目が集まり、2016年7月1stミニアルバム『Amost Blue』でデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも