特集 PR

Gorillazの重要性はどこに? ロンドン出身のSMASH社員が語る

Gorillazの重要性はどこに? ロンドン出身のSMASH社員が語る

Gorillaz『Humanz』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:山元翔一

ビョーク、Aphex Twinに続き、『FUJI ROCK FESTIVAL '17』のヘッドライナーとしてGorillazの出演が決定した。過去に1度だけ来日歴があるものの、そのときはショーケース的な色合いが強く、本格的なブレイク後の来日は初めて。GREEN STAGEのあの雰囲気のなか、フルセットのライブが披露されることを考えると、今から楽しみでならない。

すでに世界中で大絶賛されている最新作『Humanz』は、政治的な分断の時代に対し、<We got the power to be loving each other>と力強く呼びかける作品であり、多数のコラボレーターと、ジャンルの壁を取り払った音楽性によって、またしてもGorillaz像を更新した、実に2017年らしい作品である。そんなアルバムからの楽曲を披露する場所として、同じく多様性を象徴する『FUJI ROCK FESTIVAL』こそが最適であることは間違いないはずだ。

そこで今回は『FUJI ROCK FESTIVAL』を主催するSMASHを代表して、ジェームス・スミスにGorillazについて話を聞いた。デーモン・アルバーンと同じロンドン出身である彼は、BlurからGorillazへと至るデーモンの歩みをどのように見つめたのか? 近年のコンサートビジネスの実情も含め、幅広く語ってもらった。

デーモン・アルバーンは、現代のイギリスのアーティストのなかでスペシャルな存在だと思います。

―Gorillazの『FUJI ROCK FESTIVAL』(以下、『フジロック』)への出演決定、非常に嬉しく思います。

ジェームス:今年Gorillazが動くという情報を聞いて『フジロック』になんとか出てもらいたいと思ったんですけど、グローバルのツアープランが複雑で、実現できるかどうかわからなかったんです。そんななかブッキングできて僕たちも嬉しく思っています。

Gorillaz(左から:ラッセル・ホブス、ヌードル、2D、マードック・ニカルス)
Gorillaz(左から:ラッセル・ホブス、ヌードル、2D、マードック・ニカルス)

『フジロック』の出演に際し、Gorillazが特別に制作した告知画像
『フジロック』の出演に際し、Gorillazが特別に制作した告知画像

―世界的に見ても、まだフェスへの出演はそんなに発表されていないですよね。

ジェームス:そうですね。そういう状況でフジロックを選んでもらえて、すごくありがたいです。まあ、Gorillazでも、Blurでも、ソロでも、デーモン・アルバーンにはいつでも『フジロック』に出てもらいたいと思っていますけどね。

―やはりデーモンは特別な存在ですか?

ジェームス:彼は常に進化している人だから、現代のイギリスのアーティストのなかでもスペシャルな存在だと思います。時代のパイオニアとなる先鋭的なアーティストが各世代にいると思うんですけど、イギリスの場合は、1970年代はデヴィッド・ボウイ、80年代はジョー・ストラマー(ex.The Clash)、90年代はデーモン・アルバーン、と言えるんじゃないかと。デーモンはひとつの成功を手にしても決して満足はしない、毎回チャレンジをして、自分を更新していかないと気がすまない人なんだろうなと思います。

ジェームス・スミス
ジェームス・スミス

―ジェームスさんもデーモンと同じくロンドン出身だそうですね。

ジェームス:そうです。子どもの頃から音楽が好きで、まずギターを弾いて、ティーンエイジャーになったらターンテーブルを買い、ロンドンのクラブシーンに出入りするようになりました。

大学はマンチェスター大学を出たんですけど、勉強しながら毎週末自分のイベントをやるという感じで活動していて。卒業後も3年間くらいそういう活動をしていたんですけど、音楽を仕事にしたいと思っていたので、キャリアのためにロンドンに戻ったんです。

―当時から日本に興味を持っていたのですか?

ジェームス:そういうわけではないんですけど、たまたま周りに日本人の友達が多かったんですよね。日本語をちょっと勉強する機会があったのもあって、日本に興味を持ったんですけど、東京に住んでいたことがある知り合いがロンドンのSMASH担当者を紹介してくれて。SMASHで働き始めたのはそういう経緯なんですが、6年間ロンドンと東京を行ったり来たりした後、キャリアアップのために日本に来ました。それが2年前ですね。

Blurは基本的にはギターミュージックでしたけど、デーモン自身はもっといろんな音楽から影響を受けている。

―ロンドンやマンチェスターという地名を聞くと、やはりBlurとOasisのことを連想します。

ジェームス:僕はもともとBlurのファンだったんですけど、「BlurとOasisどちらを支持するのか?」っていうのは、地域よりも階級で分かれているんですよね。別にそういう意識でBlurを好きになったわけじゃないんですけど、シンプルに言うと、イギリスだと「大学を卒業した人はBlurが好き」みたいなところがあるんですよ。

1995年、Oasisとのシングル同時発売によるチャート競争にて“Roll With It”を抑え、バンド初の全英1位を獲得した楽曲

Oasis『(What's the Story) Morning Glory?』(1995年)収録曲

ジェームス:Oasisは「私もそういう経験ある」っていうシンパシーを感じられることや、シンプルなんだけど深みのあることをわかりやすい言葉で歌っていたところが支持されたポイントで。もちろんBlurにもそういう側面はあるんですけど、もうちょっと皮肉やユーモアが利いていたり、インテリジェンスがあるんですよね。それはGorillazについても同じだと思います。

―Blurのファンだったジェームスさんからすると、Gorillazのデビューに関しては当時どんな印象を持ちましたか?

ジェームス:サウンド的にはBlurとは全く違うので、デーモンの別の一面を表現したっていう印象でした。

1stアルバム『Gorillaz』(2001年)収録曲。Gorillazの最初のヒット曲

ジェームス:Blurは基本的にはギターミュージックでしたけど、彼自身はもっといろんな音楽から影響を受けているから、ロックだけじゃなく、ジャズ、ソウル、クラブミュージック、ヒップホップ、レゲエとか、Blurとは別のプロジェクトでそういう影響源を表現したいと思ったんじゃないかなって感じましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

Gorillaz『Humanz』日本盤
Gorillaz
『Humanz』日本盤(2CD)

2017年5月24日(水)発売
価格:2,808円(税込)
WPCR-17835/6

[CD1]
1. Intro: I Switched My Robot Off
2. Ascension (feat. Vince Staples)
3. Strobelite (feat. Peven Everett)
4. Saturnz Barz (feat. Popcaan)
5. Momentz (feat. De La Soul)
6. Interlude: The Non-Conformist Oath
7. Submission (feat. Danny Brown & Kelela)
8. Charger (feat. Grace Jones)
9. Interlude: Elevator Going Up
10. Andromeda (feat. D.R.A.M.)
11. Busted and Blue
12. Interlude: Talk Radio
13. Carnival (feat. Anthony Hamilton)
14. Let Me Out (feat. Mavis Staples & Pusha T)
15. Interlude: Penthouse
16. Sex Murder Party (feat. Jamie Principle & Zebra Katz)
17. She's My Collar (feat. Kali Uchis)
18. Interlude: The Elephant
19. Hallelujah Money (feat. Benjamin Clementine)
20. We Got the Power (feat. Jehnny Beth)
[CD2]
1. Interlude: New World
2. The Apprentice (feat. Rag'n'Bone Man, Zebra Katz & RAY BLK)
3. Halfway to the Halfway House (feat. Peven Everett)
4. Out of Body (feat. Kilo Kish, Zebra Katz & Imani Vonshà)
5. Ticker Tape (feat. Carly Simon & Kali Uchis)
6. Circle of Friendz (feat. Brandon Markell Holmes)
7. Andromeda - D.R.A.M. Special
8. Busted And Blue - Faia Younan Special

イベント情報

『FUJI ROCK FESTIVAL '17』

2017年7月28日(金)~7月30日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
7月28日出演:
GORILLAZ
QUEENS OF THE STONE AGE
The xx
CATFISH AND THE BOTTLEMEN
RADWIMPS
RHYE
ARCA DJ & JESSE KANDA AV
THE BACK HORN
CLARK
DATS
DÉ DÉ MOUSE
DOCTOR PRATS
EDEN
EVIAN CHRIST(DJ set)
FATHER JOHN MISTY
GALLANT
原始神母
グループ魂
the HIATUS
mouse on the keys
OGRE YOU ASSHOLE
RAG'N'BONE MAN
SAMPHA
サニーデイ・サービス
TRAIN
yahyel
Yogee New Waves
and more
7月29日出演:
APHEX TWIN
LCD SOUNDSYSTEM
CORNELIUS
THE AVALANCHES
小沢健二
くるり
TEMPLES
THE AMAZONS
CHRONIXX
Cocco
DAY WAVE
DEATH GRIPS
ELVIN BISHOP
The fin.
THE GOLDEN CUPS
A GUY CALLED GERALD
H ZETTRIO
JAKE SHIMABUKURO
THE LEMON TWIGS
THE MARCUS KING BAND
MONDO GROSSO
never young beach
NINA KRAVIZ
PUNPEE
THE RAMONA FLOWERS
サンボマスター
TAKKYU ISHINO
10-FEET
WESTERN CARAVAN
and more
7月30日出演:
BJORK
LORDE
MAJOR LAZER
ÁSGEIR
THE STRYPES
THUNDERCAT
YUKI
THA BLUE HERB
BONOBO
DYGL
GOLDROOM
GRAPEVINE
GUCKKASTEN
JET
LOVE PSYCHEDELICO
LUKAS GRAHAM
MAGGIE ROGERS
MONO NO AWARE
THE NOVEMBERS
REAL ESTATE
レキシ
RON SEXSMITH
SLOWDIVE
STURGILL SIMPSON
水曜日のカンパネラ
T字路s
トクマルシューゴ
TROMBONE SHORTY & ORLEANS AVENUE
TROYBOI
and more
料金:
第2次先行チケット 3日通し券39,800円 2日券34,000円 1日券18,000円
一般チケット 3日通し券43,000円 2日券36,000円 1日券19,000円
駐車券 3,000円
キャンプサイト券 3,000円

プロフィール

Gorillaz
Gorillaz(ごりらず)

Blurのデーモン・アルバーンと、世界的なコミックアーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる「架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面をデーモンが、ヴィジュアル面をジェイミーが担当する」という構成で活動を続けていく覆面プロジェクト。シンガーの2D、ギタリストのヌードル、ベーシストのマードック・ニカルス、そしてドラマーのラッセル・ホブスからなるカートゥーン・バンド。ギネスブックにも「最も成功した架空バンド」として認定されている。2017年5月24日に最新アルバム『Humanz』の日本盤をリリース。さらに、『FUJI ROCK FESTIVAL '17』にヘッドライナーとして出演することが発表されている。

ジェームス・スミス

『フジロック』『朝霧JAM』を主催する音楽プロモーター、株式会社SMASHで海外渉外・ブッキング担当。1983年ロンドン生まれ。2004年にマンチェスター大学を卒業。2008年、スマッシュロンドン入社。2015年以降、東京本社にて勤務。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年