特集 PR

バンド・Ryu Matsuyamaに取材。そのルーツにある「痛み」の正体

バンド・Ryu Matsuyamaに取材。そのルーツにある「痛み」の正体

Ryu Matsuyama『Leave, slowly』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一、飯嶋藍子
2017/05/19

「大丈夫、心配ないさ」って自分に言い聞かせてる。(Ryu)

―前作から一貫してますけど、Ryuくんが書く歌詞は人の成長についてのストーリーが核になっているじゃないですか。それはRyuくんの自己対峙でもあるのかなと。

Ryu:まさに自己対峙ですね。おっしゃる通り歌詞の内容は変わってなくて、メッセージを自分に対して言い聞かせてるんです。今回はより自問自答の歌詞が多くて、その結果、自分の中で答えが出ました。

どんなに「You」に歌っていても、結局それは僕に向けて書いている。「大丈夫、心配ないさ」って自分に言い聞かせてるんです。“The Way to Home”や“To a Sunny Place”は「なんくるないさー」的な内容なんですよね。

左から:Jackson、Ryu、Tsuru

―ケ・セラ・セラ的な?

Ryu:そう、ケ・セラ・セラ的な感じで。ある程度まで深く悩んだ先に「まあ、いいや」って思えるイタリア人の性質が歌詞に出てきたのかなって。

―そういう意味でも、メッセージとしては今作のラスト“In the beginning”に至るまでにそれまでの7曲があると思えました。

Ryu:そうなんですよね。今作のテーマが「旅」なんです。人生を旅に置き換えたときに、結局ひとつの山の頂上に登ったあとに何が見えるかって考えたら、たぶんもっと高い山なんですよね。

それで、また最初に戻ってくるという視点で“In the beginning”の歌詞を書きました。それは聖書に書かれている最初のフレーズでもあって。次のアルバムを作っても、ずっと対峙するべきテーマだから、歌詞の核はそんなに変わらないと思います。

三人とも異なるルーツがあって、それが融合したときにいろんなジャンルを感じさせる曲ができていく。(Ryu)

―今作『Leave, slowly』を聴いて、ますますいろんなジャンルが折衷された音楽性になってるなと思いました。

Ryu:そうですね。いつも思うんですけど、この感じって狙ってやろうと思ってもたぶん出せなくて。さっきも話に挙がりましたけど、僕らはメンバー三人とも異なるルーツがあって、それが融合したときにいろんなジャンルを感じさせる曲ができていく。僕がまず一人で曲を書くときは、だいたいエレクトロニックな感じになるんですけど、そこにJacksonが加わるとブラックミュージックの要素が入ってきたりして。

Jackson:ブラックミュージックだったり、ジャズだったりね。

Jackson
Jackson

―Jacksonくんがバークリー音楽大学に留学経験があるのも大きいだろうし。

Ryu:そうですね。一方、TsuruちゃんはJ-POPが好きで。

―Ryu Matsuyamaの楽曲を聴いて、このバンドのベーシストのルーツがJ-POPと思う人は少ないでしょうね。

Tsuru:昔はプレイヤーとしてジャズやR&Bやファンク系をずっとプレイしていたんですけど、RADWIMPSとかも大好きだし、基本的に家で聴くのはJ-POPやJ-ROCKが多いですね。

ただ、最近はジャコ・パストリアス(ジャズ、フュージョンのベースプレイヤー)を聴いたりもしているので、もしかしたら次に会ったときは「J-POPはもう全然聴いてない!」とか言ってるかもしれないです(笑)。

Ryu:最近は急にスタジオでSuchmosのベースフレーズを弾き始めたりしてるんですけど(笑)。Tsuruちゃんはたぶんこの三人の中で、同世代のプレイヤーから一番刺激を受けてるんですよ。隼太(小杉隼太=HSU / Suchmos、SANABAGUN.)だったり、仁也(市川仁也 / D.A.N.)だったり。

Tsuru:ちょっと前まではD.A.N.のコピーばかりやってました!(笑) 彼らは本当にかっこいいですからね。僕は曲全体を聴いてかっこいいと思ったフレーズをベースでコピーするんです。たとえばギターとか他の楽器の印象的なフレーズをベースで拾ってみたり。

Tsuru
Tsuru

Jackson:Tsuruちゃんは普通のベーシストではないよね。ギターっぽくプレイすることも多くて。Ryuくんが鍵盤でベースを弾かなきゃいけない曲もあるから、ベースがベースっぽくない役割を担っていることも多いし、ドラムもパーカッション的なプレイをしていることがあって。だから、「本当にこのサウンドを三人だけで鳴らしてるの!?」っていう雰囲気が音源でもライブでも出ていると思うんですよ。

―自然とそういうあり方になっていったんですか?

Ryu:最初はそういうふうにしてほしいって言ってました。そもそもさっきも言ったように僕の作る曲のコード感やメロディーはすごくポップだと思っていて。手癖を崩して面白いバンドサウンドを生み出したいというテーマが最初からあるんです。

そうやって三人でサウンドを補い合うと、周波数的にロー、ミドル、ハイの領域を全部出せるんですよ。僕の声質の特徴としても、ハイはすごく出るんですけど、ちょっとミドルが足りない。それであまりピアノも音階が上にいかないようにしたり、いろいろ試行錯誤はしました。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Ryu Matsuyama『Leave, slowly』
Ryu Matsuyama
『Leave, slowly』(CD)

2017年5月17日(水)発売
価格:2,300円(税込)
PCCI-00001

1. And seek for water
2. To a Sunny Place
3. Do it Again
4. The Way to Home
5. In this Woods
6. Domus
7. Crazy
8. In the beginning

イベント情報

Ryu Matsuyama Oneman Live
『Landscapes』

2017年5月27日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

プロフィール

Ryu Matsuyama
Ryu Matsuyama(りゅう まつやま)

ピアノスリーピースバンド。イタリア生まれイタリア育ちの Ryu(Pf,Vo)が2012年に「Ryu Matsuyama」としてバンド活動をスタート。2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(Ba)にJackson(Dr)を加え現メンバーとなる。2014年に1stミニアルバム『Thinking Better』を自主制作し、ライブ会場、iTunesで販売。2015年にはタワーレコードレーベルより2ndミニアルバム『Grow from the ground』をリリース。2016年2月六本木Super Deluxeにてワンマンライブを行う。2017年5月17日、ミニアルバム『Leave, slowly』をリリース、5月27日にはWWWでワンマンライブを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる