特集 PR

藤井隆、フラカン鈴木、鹿殺しが語る、続ける意味・やめない理由

藤井隆、フラカン鈴木、鹿殺しが語る、続ける意味・やめない理由

劇団鹿殺し 2017年公演『電車は血で走る / 無休電車』
インタビュー・テキスト
石本真樹
撮影:江森康之 編集:宮原朋之

2016年に結成15周年を迎え、精力的な活動を繰り広げる劇団鹿殺し。16年目に突入した彼らの今年唯一の本公演は、劇団の歴史を赤裸々につづった代表作『電車は血で走る』と、その5年後を描いた『無休電車』の二本を、なんと連続した1つの作品として再演するという無茶な試みだ。

過酷な現実を突きつけられて、必死に抗いながらも、夢をあきらめざるを得なくなった若者たちの物語。この二つの作品は、実際に劇団に起こったエピソードをふくらませて作られた半ドキュメンタリーだという。そこにはどんな壮絶なドラマがあったのだろうか。

今回は、劇団鹿殺しの菜月チョビと丸尾丸一郎が「ぜひ会いたかった」という藤井隆とフラワーカンパニーズの鈴木圭介の二名を招き、それぞれの活動を振り返りながら、活動を続けることのヒントを探っていく。それぞれ初対面の三者であったが、冒頭より話は盛り上がり、話題はあらぬ方向に……。

メンバーの仲がいいとか悪いとかの次元がよくわからなくなってる。(鈴木)

―まずはそれぞれの活動を振り返っていきたいと思います。フラワーカンパニーズは長く活動されてますね。

鈴木:今のメンバーが中学と高校の同級生なんです。学生時代はメンバーそれぞれ別のバンドをやっていたんですが、20歳のときに一緒にやってみようということになって、気づいたら28年ですね。

リーダーのグレートマエカワ(Ba)がライブ、ツアーなどフラカンのスケジュールを全て決めています。彼は明日の予定が何もないという状況が耐えられないタイプ。予定が埋まっていないと安心できない病気なんだと思います(笑)。

一人でグイグイいくリーダーに28年間転がされてきただけで、ほかの三人はでくのぼうです(笑)。僕らはライブの予定をお客さんと一緒に知りますから。リーダーのMCで「来月どこどこが決まりました!」って言われて「そうなんだ」って(笑)。

左から:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、菜月チョビ(劇団鹿殺し)、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)、藤井隆
左から:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、菜月チョビ(劇団鹿殺し)、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)、藤井隆

藤井:メンバー間にすごい信頼関係があるということですよね。曲作りのときは、最初はみんなで集まって作ってたんですか?

鈴木:今もみんなで集まって作ってますよ。僕らは機械とか全然ダメで、リハーサルスタジオに弾き語りを録音したカセットを持ってきて、「こういうのができたんだけど」とみんなに聴かせてから合わせるんです。

藤井:2017年の今でもですか? それはすごい。今はデータでやりとりして会わなくても作れるのに。

鈴木:それでも、会わないと僕らはだめですね。

鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)

菜月:それは素敵。仲がいいんですね。

鈴木:ここまでやってると仲がいいとか悪いとかの次元がよくわからなくなってるんですよ。車で東京から鹿児島に行くと15~6時間かかるんですけど、ひと言もしゃべらないときもあります。でも嫌なムードにはならないんです。家族や兄弟、奥さんや恋人よりも一番長くいる人たちだから、この関係性はなんて言ったらいいんだろう。

菜月:友達の要素はまだ残っているんですか?

鈴木:友達は友達ですね。プライベートで何かあったときとかは、それぞれがやっぱりリーダーに相談しているんですよ(笑)。

私は月に1回、めっちゃしんどいのを越えてるから、そこんとこよろしく。(菜月)

藤井:相談を受けてブッキングもして、リーダーすごいですね。リーダーの兄弟の構成はどんなんですか? 血液型とか星座とかまったく興味がないんですけど、兄弟構成だけはすっごい気になっていて、信じちゃうんですよ。

鈴木:年が離れた兄が2人いて、両親からかわいがられて育ったみたいです。末っ子って懐に入るのが上手いですよね。僕とギターは男兄弟の長男で人見知りなところがあるから、懐に入るまでには時間がかかる。メンバー全員が男兄弟なので、女の人に関してはめちゃくちゃ奥手。僕は生理のこととか、もう全然わからないですから(笑)。

丸尾:僕らは上京して同居生活を始めるときに、チョビから「生理っていうのがありまして……」と具体的に教えてもらいました。

左から:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、菜月チョビ(劇団鹿殺し)
左から:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、菜月チョビ(劇団鹿殺し)

菜月:男6人と私で共同生活していたので、まず最初に説明したんです。私は月に1回、めっちゃしんどいのを越えてるから、そこんとこよろしくって(笑)。

鈴木:軽い人と重い人がいますよね。だから俺はつきあう人にも最初に聞きますよ。

左から:藤井隆、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
左から:藤井隆、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)

藤井:え! 聞きます!?(笑)

鈴木:機嫌が悪いときに火に油を注ぐような言葉をかけたらえらいことになるので、最初にある程度知っておかないと。

―思いもよらぬ話題になってしまいましたけど……。

藤井:でも、今の話は長く続けていけることにも通ずると思います。最初に話しておいたのはよかったんじゃないかな(笑)。

Page 1
次へ

公演情報

劇団鹿殺し2017年公演~電車二部作 同時上演~
『電車は血で走る/無休電車』

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:オレノグラフィティ×入交星士

東京公演
2017年6月2日(金)~6月18日(日)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

大阪公演
2017年6月23日(金)~6月25日(日)
会場:大阪府 サンケイホールブリーゼ

プロフィール

藤井隆(ふじい たかし)

1972年3月10日生まれ、大阪府出身のお笑いタレント / 歌手 / 俳優。92年吉本新喜劇デビューし数多くのバラエティ番組に出演し人気を博す。2000年に「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年の紅白歌合戦に出場。近年では自身主宰の音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立し、11年ぶりとなるオリジナルアルバム『Coffee Bar Cowboy』や2015年にはベストアルバム『ザ・ベスト・オブ 藤井隆 AUDIO VISUAL』をリリースするなど音楽シーンでも活躍。俳優としてNHK大河ドラマ「真田丸」(佐助役)、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演するなど様々なジャンルで才能を発揮する。

プロフィール

フラワーカンパニーズ

名古屋出身、「日本一のライブバンド」通称フラカン。Vocal:鈴木圭介、Bass:グレートマエカワ、Guitar:竹安堅一、Drums:ミスター小西の4人組。「自らライブを届けに行く事」をモットーにメンバー自ら機材車に乗り込みハンドルを握り、年間100本近い怒涛のライブを展開、楽曲「深夜高速」が多数のミュージシャンにカヴァーされるなど、その活動が注目され話題に。2015年12月「メンバーチェンジ&活動休止一切なし」結成26年目にして自身初となる日本武道館公演を開催、大成功を収めた。2017年3月より結成28周年を彩るツアー「フラカン28号」を開催中。

劇団鹿殺し(げきだん しかごろし)

2000年、菜月チョビが関西学院大学のサークルの先輩であった丸尾丸一郎とともに旗揚げ。劇場では正統的演劇を行いながらも、イベントでは音楽劇的パフォーマンスを繰り広げる。上京後2年間の共同生活、週6日年間約1000回以上の路上パフォーマンスなど独自の活動スタイルで、演劇シーン以外からも話題を呼ぶ。入交星士、オレノグラフィティの作曲陣による、全編オリジナル楽曲も魅力。2013年、菜月チョビは文化庁新進芸術家海外派遣制度により、1年間カナダへ留学。同時に丸尾は、歌手Coccoの初舞台を作・演出した。菜月帰国後も、2015年には、全編生演奏のロックオペラ『彼女の起源』(ゲスト石崎ひゅーい)、2016年には怒パンク時代劇『名なしの侍』(ゲスト堂島孝平他)を上演するなど、演劇と音楽の垣根を越え精力的に活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)